ゴルフ

ゴルフを始めたばかりの時期は、ラウンドに行っても150とか170とか190とか、そんな感じのスコアが出ることが多いと思います。

ゴルフは、ある程度上達してスコアも少なくなってきてからが楽しくなってきます。

ですから、ゴルフを始めたら、スタートダッシュを決めてスコアをガンガン削減していったほうが良いです。

「そんなの分かってるわ!」

という声が聞こえて来そうですので、

ゴルフ初心者の方が効率良くスコアを大幅に減らしていくための方法

についてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




スコア126をサクッと切るための戦略と具体的な練習方法

スコア126を切った段階で、そのゴルファーは「初心者」ではないと私は考えます。

スコア的にも、「4打か5打でコンスタントにグリーンに乗せられる」というプレーのペース的にも、です。

この基準は完全に私の独断と偏見で言っているだけですが、「なぜ126を切ったら脱初心者なのか?」については『【脱ゴルフ初心者】初心者ではなくなるスコアの目安はどれ位?』の記事で詳しくお話していますので、興味があればご覧ください。

さて、126というスコアを切るために必要となる戦略(考え方)と具体的な練習方法について、ここで箇条書きで整理してみたいと思います。

  • 5オン2パット(or 4オン3パット)でホールアウトすればOK(トリプルボギーペース)。
  • グリーンに乗せたら、毎回2パットか3パットでホールアウトする。
  • グリーンまでは、ピッチングウェッジ(or ショートアイアン)で毎回打つ。
  • グリーンまで30ヤードのアプローチショットは、寄せようと意気込まずに「乗せるだけでOK」と考えてアプローチする。
  • 練習場では、短いクラブを1本選んで、それを徹底的に打ち込み自信をつける。実際にショットの成功確率を上げていく。
  • 練習場では、球数の30%以上をアプローチショット(30ヤード程度)に使う。
  • ドライバーでティーショットを打ちたい場合は、ドライバーの練習もある程度行う。その際には、飛距離を追求するのではなく、ミスの幅(左右への曲がり幅)を縮小させることをテーマとする。

こんな感じです。これらのポイントを守れば、126はかなり効率良く突破できると思います。

さて、ここでだいぶアバウトに解説しているのは、もっと詳しく解説している記事が他にあるからです。

『ゴルフ初心者がスコアを大幅に向上させるための練習法と考え方』

の記事で、初心者さんがスコアをガンガン削減するための方法について、かなり熱く語っていますので、ぜひご覧ください。


【スポンサード・リンク】




126を切って「脱・初心者」を達成するために役立つ記事のご紹介

別の記事に飛ばしたりして、このページは一体何のためにあるのか?

ですが、このページでは当ブログの記事のうち、

126を切りたいゴルフ初心者さんに役立つであろう記事

の紹介をしていきます。

記事の追加にともなって、このページも随時更新していきますので、ご活用いただければと思います。

 

『アプローチショットの基本で必ず抑えたい2つのポイント!』

←アプローチショットでは、「たまに」ピッタリ寄せることよりも、「毎回」大きなミスを出さない事のほうが大事です。こちらの記事では、アプローチショットの「大きなミス」を出さないために身に付けたいアプローチショットの基本ポイントについて解説しています。

『ゴルフがつまらない!という初心者さんにコレを読んで頂きたい』

←ゴルフは、「一番最初が一番つまらない!」という意地悪なスポーツです。「ゴルフってつまらない」と感じているのであれば、ぜひ読んで頂きたい記事です。ゴルフがつまらなく感じる原因とその対処法についてお話しています。

『初心者がアイアンの練習で最優先で注意すべきポイント』

←ゴルフ初心者を脱却するためには、1本番手を選んでそれを徹底的に練習することが効果的です。その打ち込み練習の際には、闇雲に球を打ち続けるのではなく、優先的に抑えるべきポイントというものがあります。こちらの記事では、アイアンショットの練習における最優先の注意点についてお話しています。

『ゴルフ初心者が抑えるべき、アドレス(構え)の基本6つのポイント』

←「美しいスイングは美しいアドレスから」と言われるように、アドレスの形はとっても重要です。こちらの記事では、良い結果が得られやすいアドレスを作り上げるための、基本ポイントを解説しています。


【スポンサード・リンク】