ゴルフ練習場では上手くいくのに、実際のコースラウンドではミスショットばかり・・・

その原因のうち、もっとも大きなものは

正しくアドレス出来ていない

ということだと私は考えます。

実際、ラウンドでミスショットが続いた時には、アドレスを再チェックすることによって立ち直ることが多々あります。

そこで、今回の記事では

ラウンドでアドレスを正しく構える方法

についてお話したいと思います。


【スポンサード・リンク】

実際のラウンドでは「右を向いた」アドレスになりがち

練習場は、打席の方向やマットの向きなど、目に見える「直線」がありますので

ターゲットに対して真っ直ぐに構えることが簡単に出来ます。

しかし、実際のコースではそのような「直線」が存在しませんので、自分でターゲットラインを想定してその方向に対して真っ直ぐにアドレスする必要があります。

これが結構難しく、私を含めたアマチュアゴルファーは、多くの場合、「右に向いた」アドレスとなってしまいます。

自分のアドレスの方向を確かめる方法

このように書くと

「自分はちゃんと真っ直ぐアドレスできてるよ!」

という思われる方が多いと思います。私もそうでした。

ゴルフを始めて1年くらいたった大学時代、先輩から指摘されるまでは、「右を向いたアドレス」でラウンドしていました。

論より証拠ですので、次のラウンドで以下の方法でご自分のアドレスの向きをチェックしてみてください(練習場でも出来ます)。

  1. ターゲットに対して「真っ直ぐだと思う」方向にアドレスする(スクウェアスタンスで)。
  2. シャフトが両つま先に触れるようにクラブを地面に置く。
  3. アドレスを解き、置いたクラブの方向を後方からチェックする。

この手順で、自分のアドレスの方向を確認出来ます。練習場でも、打席が向いている方向ではなく、グリーンやバンカーなどのターゲットを決めてその方向にアドレスすることで、同様にチェック出来ます。

結構な割合の方が、ターゲットよりも右に向いたアドレスになっているはずです。

右を向いたアドレスの弊害はたくさんある

右を向いたアドレスでラウンドすると、次のような弊害・デメリットがあります。

  • ボールが右に出るミスが連発する。
  • (方向に関する)違和感を感じながらのスイングとなり、ヒッカケなどのミスが出る。
  • 右を向いたアドレスで真っ直ぐ飛ばすようにスイングをしようとする。
  • 結果、スイングが崩れる(多くの場合、アウトサイドイン軌道が強くなる)。

というものです。

特に、間違った方向に向いてターゲットに真っ直ぐ飛ばそうとするので、練習場とは異なったスイングとなっていくことが致命的です。

1ラウンドも「右を向いたアドレス」でスイングを繰り返せば、スイング上達が妨げられることは言うまでもありません。

なぜアドレスは右を向く?

では、実際のラウンドではなぜアドレスは右を向きやすいのでしょうか?

この点については、色々な説があります。例えば・・・

  • アドレスのラインと、打球線のラインはずっと平行で交わることはないから。
    (←レッスン雑誌などでよく見る解説です)
  • 前傾姿勢を取って、傾いた状態でターゲットを見るから。
  • 目の錯覚。

などなど。

しかし、これだ!とピンと納得できる説明ってあまりありません。

気になるところですが、重要なのは「アドレスが右を向く理由・原因」ではなくて、「真っ直ぐアドレスすること」ですから、右を向いてしまう原因についてはそこまで気にする必要はないと思います。


【スポンサード・リンク】

右を向かずにターゲットに対して真っ直ぐアドレスする方法

では次に、右を向かないようにターゲットに対して真っ直ぐにアドレスする方法について見ていきます。

ここからのほうが重要です。

方法(ポイント)としては4つあります。

直線を想定して、それに対して真っ直ぐに構える

どのゴルフ教本にも書いてある基本ですが、その基本をラウンドでは愚直に徹底していきます。

ターゲットに対して真っ直ぐ構えてアドレスを取る手順は以下のとおりです。

  1. ボールの後方(2m~3m)からターゲットの方向を見る。
  2. ボールとターゲットの間(1m程度)の地面に目印(落ち葉や石、芝の模様など:スパット)を見つける。
  3. スパットとボールを結んだ直線(半直線)を想定する。
  4. その直線に対して、平行になるようにアドレスする。

ポイントは、スパットを見つけたら、そのスパットとボールを結んだ直線を明確に頭の中でイメージすることです。

あとは、その直線を練習場のマットの線だと思って、その方向と平行にアドレスしていきます。

アドレスの方向を確かめるには、腰のラインにクラブを並行に置き、その方向をチェックすると良いです。

この手順を忠実に守ると、右を向いたアドレスにはなりにくくなります。

「なりにくくなる」と申し上げたように、実際のラウンドでは上記の手順を踏んでも、右を向いたアドレスになってしまうことが多いです。

ですので、加えて次の手順を行います。

素振りのフォロースルーの方向をチェックする

上記の手順で「真っ直ぐ」アドレスしたら、そのアドレスのまま素振りをゆっくりと行います。

その際に、フォロースルーでのクラブヘッドの方向を見てください。

クラブヘッドが抜けていく方向がターゲットラインに対して真っ直ぐに見えるのであれば、そのアドレスの方向はターゲットに対して真っ直ぐである可能性が高いです。

逆に、違和感を感じるのであれば、アドレスが右を向いている確率が高いと判断出来ます。

簡単なチェック方法ですから、「素振りでの方向チェック」をルーティンに加えてみても良いと思います。

方向に違和感を感じたら、すぐにアドレスを解いて方向をチェックする

上記の手順でアドレスを取っても、アドレスが右を向くことは結構あります。

ある程度のラウンド経験を積むと、違和感を感じると思いますので、方向に違和感を感じたら、すぐにアドレスを解いてアドレスの方向をチェックします。

方向をチェックする方法は、上述した「両つま先にクラブシャフトを置く」方法でOKです。

方向が正しくないことを確認したら、再び上記の手順を丁寧に踏んで、真っ直ぐにアドレスできるように構え直します。

「アドレスを解いたりしたら、スロープレーにならない?」

と、もしかしたら思われるかもしれませんが、大丈夫です。他の部分を早くして全体としてスロープレーにならないようにすれば問題ありません。

アドレスの方向をしっかりと取ることは、ショットの成否にもろに影響しますので、丁寧に行っていきましょう。

「ターゲットが右に見える」「左に向いているように感じる」のが真っ直ぐ!

もう1つ、重要なポイントがあります。

それは、

真っ直ぐにアドレスしたときに見える風景の見え方を覚えておく

ということです。

ここまでお話したように、普通の感覚で「真っ直ぐ」だと見える(感じる)アドレスは、実際には右を向いています。

逆に、ターゲットに対して真っ直ぐ構えられているアドレスでは、「真っ直ぐ」に見えない(感じない)のです。

真っ直ぐのアドレスを取ったときには、

  • ターゲットは若干右に見える
  • 左に向いているような感覚

となります。

このように、「見え方(感じ方)」と「実際のアドレスの方向」に乖離があるため、間違ったアドレスの方向が出来上がってしまいます。

ですから、真っ直ぐのアドレスの際の「見え方」「風景」を覚えておく、身体に染み込ませることが、正しいアドレスに繋がります。

このような「見え方」「風景」(左に向いているように感じる、ターゲットが右に見える)を覚えておけば、

見え方がいつもと同じか?

ということをチェックするだけで、正しいアドレスとなっているかどうかを感覚的に判断できるわけです。

プロやシングルプレーヤーなどが、スッと真っ直ぐアドレスできるのは、この「見え方」を身体・脳に染み込ませているからです。

「真っ直ぐ」構えたアドレスから見える風景・見え方を、徹底的に頭に叩き込むようにしましょう。

練習場でも、打席方向以外の方向にターゲットを想定して、その方向にアドレスを取る練習をすることで、「見え方」を染みこませる訓練は出来ます。

まとめ

  • 練習場では良い球が出るのに、コースラウンドではミスショットが出る理由の1つは、アドレスが右を向いていること。
  • 右を向いたアドレスでは結果も出ないばかりか、スイング上達が妨げられる。
  • スパットとボールを結んだ直線を想定してそのラインに並行にアドレスする。
  • 素振りのフォロースルーの方向をチェックして、アドレスの方向を再確認する。
  • 方向に違和感を感じたら、迷わずアドレスを解いて、方向をチェックする。
  • 「真っ直ぐのアドレス」から見える風景と見え方を覚え、身体に染み込ませる。

以上のように、ターゲットラインに対して真っ直ぐに構えることは、基本中の基本と言われていますが、実際にはかなり注意が必要なポイントです。

実際のラウンドでは、ショット・パッティングともに「真っ直ぐのアドレス」が取れるように、細心の注意を払うようにします。

毎回のショットで「真っ直ぐのアドレス」を丁寧に徹底することで、スコアは劇的に向上すると思います。練習場でいっぱい球を打つよりも、スコアへの影響は大きいです。

ぜひ、次回のラウンドでは全ショット・全パッティングが「真っ直ぐのアドレス」となるよう、右を向いたアドレスにならないよう、気をつけてみてください。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】