ゴルフのスコアメイクで重要となるのが、ショートゲーム(アプローチショット&ショートパット)です。

ショットの調子が悪くても、ショートゲームが良ければスコアになりますから、

「あいつのスイングはカッコ悪いのに、スコアはいつも俺より良いんだよな・・・」

という現象も結構ありますよね。

アプローチショットを極めて、「寄せの達人」になるためにはかなりの訓練が必要となりますが、

100切りや90切りを達成するために必要となるアプローチショットのレベルは、実はそこまで高くはありません。

アプローチショットの基本を抑えて、毎回のアプローチでその基本ポイントを忠実に守ればOKです。

今回の記事では、アプローチショットで大きなミスをしないために必要となる

必ず抑えたい、アプローチの基本の2ポイント

についてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




難しく考えると、ドツボにはまります

アプローチショットの打ち方についてリサーチしだすと、色々な情報を目にすることになります。

例えば、

  • 「腕の三角形」を崩さずにストロークする。
  • 手首は極力使わない。
  • (↑とは逆に)右手の感覚を大事にする。
  • 体重移動は全くしない。
  • (↑とは逆に)柔らかい膝の動きを使う。
  • フェース面はキープする。
  • (↑とは逆に)フェースはきちんと返していく。
  • 当てて終わりのインパクトにする。
  • (↑とは逆に)しっかりとフォロスルーは出していく。

などなど、正反対の「説」が見つかり、混乱してしまいます。

一体、どれが正しいの!?

と迷ってしまいますよね。

結論から言えば、「人それぞれ正解は違う」ということになりますが、

どんなレッスンプロや上級者に聞いても、共通して「それは必要だね」と答えるであろう

アプローチショットの基本ポイント

というものは確実に存在します。

ですから、アプローチ上達のための細かいポイントは後回しにして、

このアプローチの基本をまずは忠実に徹底的にマスターすることが大切

だと私は考えます。

必ず守るべきアプローチショットの打ち方の基本とは?

毎回のアプローチショットで確実に守りたい「基本となるポイント」は2つ。

  • クリーンなインパクトとなること
  • ハンドファーストのインパクトとなること

の2つです。

「当たり前だろ、そんなの・・・」

ともしかしたら思われるかもしれませんが、私達アマチュアゴルファーはこの「当たり前」のポイントが意外と達成できていないから、アプローチでミスが出るのだと思います。

ボール→芝の順番で当たるように「クリーンに」打つ

アプローチショットで大切となるのは、距離感です。

そして、スイングの振り幅も距離感にもちろん影響しますが、同じように距離感に大きな影響を与えるのが

芝の影響

です。

アプローチショットやアイアンショットでは、インパクトでボールとフェースの間に芝が挟まると、距離感が出にくくなります。芝の影響によってスピン量が変化してしまうからです。

ですから、ラフからのショット(アイアンショット・アプローチショット)ではプロでも距離感が出しにくくなるわけです。

芝の短いフェアウェイからのアプローチショットでも、ダフってしまえば、ボールとフェースの間に芝(や土)が入り、距離感が出ずアプローチは寄りません。

ですから、フェアウェイからのアプローチでは、クリーンなインパクトとなるように打つことが大前提になります。少しでもダフってはNGです。

フェアウェイからのアプローチショットの練習は、練習場のマットでも行うことができます。

練習場のマットでアプローチショットの練習をする際には、

「今のショットは少しでもダフっていなかったか?」

と毎回のショットで自問自答して、「ダフりを厳しくチェック」していくようにします。

このチェックが甘いと、練習場では上手く打てているつもりでも、実際のコースではダフることになります。

練習場のマットの人工芝は、コースの天然芝に比べてかなり滑りやすいからです。

そして、クリーンなインパクトを実現するためには、

緩やかなダウンブロー軌道でスイングする

ことが必要になります。アッパーブロー軌道は論外ですが、過度なダウンブロー(鋭角すぎるダウンブロー)もダフりの原因となるので、望ましくありません。

「球が上がらない(上がりにくい)」と感じるのであれば、過度なダウンブローになっている可能性がありますので、その場合にはダウンブローの角度を緩やかにしていく必要があります。

とは言え、ダウンブロー軌道のスイングは、後述する「ハンドファーストのインパクト」を意識すれば、自然と実現できますので、そこまで過度に意識する必要はないと考えます。

それよりも、アプローチショットの練習は、

「クリーンなインパクトになっているか?少しでもダフっていないか?」

という質問を毎回行い、ダフりのミスの頻度を減らしていくことを重視するのが吉です。


【スポンサード・リンク】




ハンドファーストでインパクトを迎える

アプローチショットもアイアンショットと同様に、手元がクラブヘッドに先行する「ハンドファースト」のかたちでインパクトを迎えることが必要不可欠となります。

アプローチショットでのダフりやトップのミスは、このハンドファーストが崩れて「ハンドレイト」のインパクトとなっていることが原因であることが多いです。

クリーンなインパクトのためには、緩やかなダウンブロー軌道が必要で、

緩やかなダウンブロー軌道のためには、ハンドファーストをキープすることが必要

だからです。

ハンドファーストでインパクトを迎えるためには?

ハンドファーストでインパクトを迎えるためのポイントは2つです。

  • アドレス時点の手首の角度を変えないで(又は少し強めて)スイングすること。
  • ボールの位置を右よりにすること。

アプローチショットで適正なアドレスを取ると、手元がボールよりもターゲット寄りに位置する「ハンドファースト」の状態になっているはずです。

このときの「手元とクラブヘッドの位置関係」をキープしたままインパクトを迎えれば、自然とハンドファーストのインパクトになりますから、

アプローチショットでは、手首の角度をキープしたままスイングする

というレッスンアドバイスが定着しているのですね。

実際には、「手首の角度をキープする」という結果を達成するためには、

「手首の角度を若干強めていく」イメージの方が有効

であることが多いのでは?と私は思います。「そのままにする」よりも「動かしていく」という動的な命令のほうが人間にとって簡単だからです。

この辺のことは、『ゴルフスイングの「静」と「動」を考えてみる。』の記事でお話していますので、よろしければご覧ください。

さらに、ボールの位置も重要となります。

ボールを左に置けば置くほど、ハンドファーストのインパクトとなりづらくなりますし、逆に右に置けば置くほどハンドファーストになりやすくなります。

ですから、「ハンドファーストのインパクトになかなかならないなぁ」という場合には、「ボールの位置は真ん中!!」というような固定観念は捨て、ご自分のスイングで最も結果の良いボールの位置を探しだすことが大切です。

ダフりのミスが多いのであれば、ボールをいつもよりも右側に置くと良いと思います。

まとめ

  • 「寄せの達人」レベルになるためには、圧倒的な練習量が必要となる。
  • が、100切りや90切りを達成するためには、アプローチショットの基本を忠実に守ればOK。
  • アプローチショットの2つの基本とは、「クリーンなインパクト」と「ハンドファーストでインパクトを迎える」ということ。
  • クリーンなインパクトのためには、緩やかなダウンブロー軌道で振ることが必要。
  • ハンドファーストでインパクトを迎えるためには、アドレスで出来た手首の角度を変えないで(又は若干強めて)スイングすることが必要。
  • ダフりやすいのであれば、ボールの位置を変えて、最も結果が良い位置を探しだす。

今回の記事では、ラフからのアプローチショットの打ち方については触れていませんが、基本となるアプローチショットのポイントは同じです。

まずは、ボールがフェアウェイにあるときに、アプローチショットで大きなミスが出ないように、上記の2つのポイントが確実に達成できるようになることが最優先だと私は考えます。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】