プロのゴルフ中継の解説を聞いていると、

「○○選手の持ち球はドローボールですから、このホールは攻めやすいですね。」

などという表現を聞く機会が多いですよね。

持ち球がどうのこうの言えるのは、プロや上級者アマチュアゴルファーだけでしょ!

と思っているのなら、とてもモッタイナイです。

なぜなら、

自分の持ち球を決めることで、ゴルフがもっと簡単になる

からです。今回の記事では、持ち球の決め方と練習方法についてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】

真っ直ぐ直線的なストレートボールを目指していませんか?

ゴルフを始めたての頃の方に多いのですが、

「とにかく真っ直ぐ飛ばしたい!曲げたらダメ!」

という思い込みを持ってはいないでしょうか?

私もゴルフを始めて数年間は「ストレートボールが理想!」と考えていましたが、

ゴルフスコア向上を最優先に考えるのであれば、

ストレートボールを追求して練習していくことは、スコア向上のための大きな妨げ

となります。

プロゴルファーでも毎回ストレートボールを打つのは難しい

ではなぜ、ストレートボールを目指すのが上達の妨げとなるのでしょうか。

それは、

毎回ストレートボールを打つのは、ほぼ不可能

だからです。

プロゴルファーでも、全てのショットをストレートボールに揃えることは不可能です。

曲がり幅は小さいかもしれませんが、必ず右か左に曲がります。

つまり、

完全なストレートボールを追求する試みは、永遠に終わらない

ということです。

直線的なコースマネジメントは「しんどい」

岡本綾子プロは彼女の本の中で、

「直線的にコースを攻めるのには限界がある」

という旨の表現をしています。

直線的なコースマネジメントとは、

フェアウェイセンターにストレートボールで飛ばし、グリーンへ向かってまたストレートボールで狙っていく

というような感じのコースの攻め方のことです。

実際にそのような攻め方が出来れば良いのですが、上述のようにストレートボールを狙って打っていっても、高確率で左か右に球は曲がっていきます。

すると、自分の思い描いたコースマネジメントと実際のショットとの「乖離」が毎回生じることになります。

結果、イメージどおりのコース攻略ができず、「しんどい」状態になっていきます。精神的なストレスも蓄積していくのかもしれません。


【スポンサード・リンク】

ボールを曲げてコースを攻める

ここまで、ストレートボールを持ち球にすることの非現実性・デメリットについて見てきました。

逆に言えば、ボールを曲げてコースを攻略していくと、ゴルフは簡単になってきます。

自分の持ち球が「右に曲がる」球筋だとします。スライスでもフェードでも構いません。

すると、

  • 自分のショットは、高確率で右に曲がるから、ココらへんを狙えばOK。
    とか
  • このショットはおそらく右に曲がるが、曲がり幅はこの程度なら許容範囲。

というように、ストレートボールでコースを攻めていくよりも、許容範囲が広くなっていきます。

ストレートボールを目標にしていくと、少しでも曲がったら「不満」に思いますが、曲がることを前提にショットを打っていくと、「一定の曲がり幅に収まればOK」というように「満足の範囲」が広がります。

このことは、コースマネジメントに有利になる他、精神的なストレスの軽減にも繋がっていきます。

スライスでもフックでもいいから、「こっちに曲げていく」と意識する

以上のように、「球を曲げることを前提に」ラウンド・練習していくことは、ストレートボールを目指すよりも、かなりゴルフを簡単にしてくれます。

イメージすればお分かり頂けると思いますが、全てのショットで一定の曲がり幅のスライスボールとなる場合、コースの攻め方のイメージが湧きやすいです。

ですから、実際のラウンドでは、

自分の持ち球を明確にイメージしてから、各ショットを打っていく

ということが重要になります。

「こっちの方向に曲げていく」という意識を持つということですね。

練習場の練習では、曲げる練習をする

以上のように、

自分のスイングでは、こっちに曲がる確率が高い

という確信(自信)が得られていることは、コースラウンドで有利になります。スコア的にも精神的にも、です。

「どっちに曲がるかわからないけど、とりあえず真っ直ぐを狙って打つ!」

と考えているゴルファーと、

「右に曲げていく。そこまで大曲がりしなければ、このティーショットは成功。」

と考えているゴルファー、どちらがスコアになるか?

当然、後者です。持ち球がわかっていないゴルファーは、毎回のショットで「どっちに曲がっていくかわからない!」という不安を持ちながらスイングします。その不安は、ショットの結果に悪影響をもたらします。

一方、自分の持ち球がわかっているゴルファーは、毎回のショットで「こっちに曲げていく」という意識持っているため、そのような不安は小さいはずです。結果、ショットの結果が良くなる可能性が高くなります。

私達アマチュアゴルファーの場合、プロのように「必ずこっちに曲げていく」という技術レベルを目指すのは大変ですから、

いつもどおりのスイングをすれば、かなりの確率でこっちに曲がる

という「自信」を持つことを目標にすると良いと思います。

「たぶんこっちに曲がる」というレベルの感覚でも十分だと私は思います。

 

そして、このような「自信」を持つためには、練習場での練習で

  • どちらに曲がる確率が高いのか?
  • その確率はどの程度か?
  • 曲がり幅はどの程度の距離におさまるのか?

のデータをとっていきます。データというと大げさですが、「10球打って、何球がきちんと曲がったか?」というレベルで良いですので、とにかく確率を把握するようにします。

その確率が把握できたら、それを向上させていく練習をします。

例えば、7番アイアンを10球打って、狙い取りの曲がり幅のスライス(フェード)が4球出て、あとの6球は逆球や大きなミスだった場合、その4球を5球・6球・7球に増やしていく練習をしていきます。

そのためには、どういうスイングをすると、きちんと曲がっていくのか?を毎回のショットで確認していく必要があります。

何も考えずなんとなく打って、「あぁ、左に曲がった。だめだ」

などという練習をするのではなく、

「右に出球を出して、左に曲げる。曲がり幅はグリーンの幅までに抑える」

といった具合に、スイングをする前に球筋のイメージを決めます。そして、ショットの結果を評価して、スイングの改善をしていく。

このような流れで練習していき、

「こっちに曲がる確率は○割(%)。」

という自信を徐々に高めていくようにすると良いと思います。

まとめ

  • ストレートボールを毎回のショットで目指すのは非現実的。
  • ストレートボールは持ち球にはならない(プロでも難しい)。
  • 右か左、どちらかに曲げてコースを攻略していく。
  • 「こっちに曲がる可能性が高い」という自信を得るために、練習場では曲げる練習をする。

闇雲にストレートボールを目指すのではなく、練習場では球を曲げる練習をしてくのがスコア向上・上達のポイントだと私は思います。

スライスに悩んでいるゴルファーは多いですが、見方を変えれば「右に曲がる可能性が高い」ということです。良い言い方をすれば「球筋が安定している」とも言えます。

スライサーの場合、スライスを無理に矯正してドローボールやフックボールを打てるように練習するのではなく、スライスの曲がり幅を小さくしていく練習をしていく方がスコア向上は早いです。

フッカーでも同様に考えることが出来ます。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】