ゴルフショップに行くと、色々な種類のゴルフボールが店頭に並んでいます。

格安なものから、1スリーブ(3個)で2,000円弱もするモノまで、本当に色々です。

ですから、ゴルフを始めたばかりの初心者にとって

どのゴルフボールを使えばいいのか分からーん!!

ということもあると思います。

そこで、今回の記事では

ゴルフ初心者のゴルフボールの選び方

についてお話したいと思います。


【スポンサード・リンク】

ゴルフボールは、まずはロストボールでOK?

ゴルフ初心者のうちは、ボールを上手くコントロールできないので

池に入れたり、OBに打ち込んだり、深いラフでボールをロストしたり・・・

各ホールでボールを無くしまくるものです。

ですから、

1球500円以上する新品ボールを使うのはもったいない

と思うのが普通の感覚だと思います。

したがって、

ゴルフ初心者の間は、ロストボールを使う

というのも選択肢としては「アリ」です。

ロストボールとは、ゴルフ場で紛失されたボールをリフレッシュ(綺麗な状態に戻す)して販売されているもので、

新品ボールに比べてかなりお得な価格で販売されています。

 

しかし、ロストボールの性能は特に飛距離面で新品ボールに比べて大きく劣る(ドライバーショットで最大で15ヤード程度)と言われています。

「どうせナイスショットもほとんど出ないし、飛距離がでなくてもイイっす」

という場合には、格安のロストボールでもよいと思います。

そうではない場合には、新品ボールを使った方が無難です。新品ボールは、ネットで購入すれば「定価の半額以下」で買えたりしますので、費用的にもブランドもののロストボールと大差ありません。

以上をまとめると、

  • ゴルフ初心者の間は、ボールを無くしまくる
  • ロストボールは性能的には劣るが、格安で手に入る
  • しかし、最近はネットショップで格安で新品ブランドボールが購入出来る

ということになります。

私がオススメするのは、ネットショッピングで「プロ仕様モデルではない」新品ブランドボールをダース買いするという方法です。1ダース2,000円以下で買うことが出来ますし、性能的にも十分良いです。

ゴルフボールにはディスタンス系とスピン系がある

ゴルフボールには、大きく分けて

  • ディスタンス系
  • スピン系

の2つの種類があります。

ボールがディスタンス系か?スピン系か?については、ゴルフボールのパッケージを見るとだいたい分かります。

飛距離性能や、スピン性能などが、「★いくつ」といった形で表示されている場合が多いからです。

それでは、ディスタンス系とスピン系のそれぞれについて、その特徴を見ていきましょう。

ディスタンス系ボールのメリット・デメリット

ディスタンス系のボールは、低スピンで飛距離を重視したボールです。

ディスタンス系ボールのメリット

ディスタンス系ボールのメリットは、

  • スピン量が抑えられて、飛距離が出やすい
  • 価格が安いものが多い

という点です。

とにかく、飛距離が欲しい!というゴルファーにはおすすめですし、スピン系ボールに比べて低価格なものが多いです。

安くボールを揃えたい!という場合にも、ディスタンス系ボールはおすすめと言えます。

ディスタンス系ボールのデメリット

ディスタンス系ボールのデメリットは、

  • スピンがかかりにくく、グリーンで止まりにくい
  • 操作性でスピン系ボールに劣る
  • 打感が硬い

という点です。

ディスタンス系ボールは、スピン量を抑えて飛距離を追求しているボールです。

そのため、スピン量が少ないために、スピン系ボールに比べてグリーンで止まりにくいという短所があります。

セカンドショットでもそうですし、アプローチショットでもスピンがかかりにくいです。

また、柔らかい打感が好きな場合には、ディスタンス系ボールは「硬い」と感じることが多いと思われます。

スピン系ボールのメリット・デメリット

次に、スピン系ボールのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

スピン系ボールのメリット

スピン系ボールのメリットとしては、

  • スピンをきちんとかけられる(グリーンで止まりやすい)
  • 操作性が良い
  • 打感が柔らかい

という点が挙げられます。

スピン性能を重視しているため、セカンドショットやアプローチショットできちんと狙ったスピンをかけられ、結果としてグリーンで止まりやすいという特長があります。

また、スピン量をコントロールしたい上級者の場合、ディスタンス系ボールにくらべて「操作性が高い」と感じるそうです。

さらに、打感もディスタンス系に比べて柔らかいため、「フェース面にくっつく」感覚でボールを打てるという点も、スピン系ボールのメリットの1つです。

スピン系ボールのデメリット

スピン系ボールのデメリットは、

  • ディスタンス系に比べて飛距離は少し落ちる
  • 値段が高いものが多い

という点です。

ディスタンス系は飛距離を追求したボールですから、スピン系はディスタンス系に比べて飛距離は落ちます。

そして、ディスタンス系に比べてスピン系ボールの価格は高いです。

高いものでは、1個あたり600円~700円するものもあります(新品ボールの場合)。

ゴルフ初心者はディスタンス系とスピン系のどちらが良い?

ここまで、ディスタンス系ボールとスピン系ボールの特徴とメリット・デメリットについて見てきましたが、

ゴルフ初心者にとっては、ディスタンス系とスピン系のどちらの方が良いのでしょうか?

結論から言うと、

ゴルフ初心者のうちから、スピン系ボールを使う方がよい

です。

ゴルフ上級者やプロは、皆スピン系ボールを使っています。操作性やスピンコントロールが重要になるからです。

アイアンショットやアプローチで、狙った位置にボールを止めることが、スコアメイクに繋がるからです。

今はまだゴルフ初心者であっても、ゴルフを続けるうちに上達して、いずれは

  • アイアンショットで球を止めたい
  • アプローチでピタッと止めたい

と必ず考えるようになります。

ですから、スピン系ボールの打感や飛距離の感覚に、初心者のうちから慣れ親しんでおく方が良いわけです。

スピン系ボールは、新品ボールで買うと高いですが、ロストボールで揃えればそこまで高くありません。

そして、ディスタンス系ボールに比べて理論上の飛距離は少し落ちますが、そこまで気にする必要があるレベルの差ではありません。

以上の理由から、

ゴルフ初心者のうちから、スピン系ボールを使う方が良い

と考えます。

ちなみに、私はゴルフを始めたころから、先輩方のススメもあって

タイトリストのPro V1

というスピン系のボールを使っています。プロも使うボールですから、性能は抜群。

初心者であっても、ロストボールのPro V1はおすすめです。


【スポンサード・リンク】

ボールは1種類をずっと使いましょう

ここまでの話をまとめると

  • 初心者のうちからスピン系ボールを使って、慣れたほうが良い
  • ロストボールでOK

という風になります。

さらに、重要なポイントが1つあります。

それが、

ボールを1種類決めて、それを使い続ける

ということです。

ボールには色々な種類があり、それぞれに

  • 飛距離の出方
  • スピンのかかり方
  • 打感

などが異なります。

特に、スピンのかかり方と打感はプレーに大きく影響する要素です。

例えば、スピンのかかり方が違えば、狙うアプローチショットの打ち方も変わってきますし、

打感が違えば、パッティングの感覚も全く異なったものになります。

 

色々なボールをアレコレ使うと、このような感覚を養うことが出来なくなります。

逆に、ある1種類のボールを決めて、それを使い続けると、スピンの感覚・打感をあなたの身体に「染みこませる」ことが出来ます。

特にパッティングのフィーリングは、ボールによって全く異なります。

パッティング上達を考えると、1つのボールを使い続けることはかなり有利に働きます。

是非、初心者のうちから

ボールを1種類に決めて、それを使い続ける

ということをやってみてください。

 

初心者のボール選びのまとめ

最後に、ここまでのお話をまとめてみます。

ゴルフ初心者がボールを選ぶ際には、

  • ロストボールも「アリ」
  • ネットショッピングで型落ちモデルを安くダース買いすれば、新品ボールも安く購入できる
  • 新品ボールを購入したほうが無難
  • スピン系の方がよい
  • 同じ種類のボールを使い続けることが重要

となります。

ネットショップでお好みのスピン系ボールを1つ選定し、それを毎回のラウンドで使い続ける

これが、ゴルフ上達に繋がっていくと思います。

是非、ご参考にしてみてください。


【スポンサード・リンク】