ティーショットが上手く飛び、セカンド地点はグリーンまで残り145ヤード。

さて、何番アイアンで打とう?

これを考えることが、ゴルフの楽しみでもあり醍醐味でもあります。

しかし、ゴルフを始めたばかりの初心者にとっては、この番手選びが難しくて迷うものです。

そこでこの記事では、ゴルフ初心者さん向けに

アイアンの番手選びの方法

について解説していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




まずは、グリーンまでの残り距離を出来る限り正確に把握しましょう

アイアンの番手を考える際に、最初に把握するべきは、

グリーンまでの残り距離です。

グリーンまでの距離は、セルフプレーの場合には自分で把握する他ありません。

では、どのように把握すればよいのでしょうか?

ヤーデージ表示を参考にして、残り距離を把握する

ほとんどのゴルフ場では、グリーンまでの残り距離を表す杭、

ヤーデージ杭

がコースの両端に設置されています。

グリーンまで100ヤード、150ヤード、200ヤードの地点に、ヤーデージ杭が設置されています。

これらのヤーデージ杭と球の位置関係から、

ボールの位置からグリーンまでのおおよその残り距離を把握出来ます。

具体的には、コースの両サイドにあるヤーデージ杭を結んだラインから、ボールの位置まで歩測して、残り距離を掴むようにします。

手順としては、以下の通りです。

  1. 両方のヤーデージ杭を結んだラインの中央(フェアウェイセンター)に立つ。
  2. その点から、ボールまでおおまたで歩いて何歩か数える(歩測する)。
  3. 足し算、引き算をして残り距離を計算して把握する。

例えば、150ヤードのヤーデージ杭を結んだラインの中央の地点からボールまでは、

ティーグラウンド方向に15歩だった場合には、

残り距離は、150ヤード+15ヤード=165ヤード と計算できます。

このような手順で、まずはボールかグリーンまでの距離を計算しましょう。

ヤーデージ杭は、グリーンセンターまで?フロントエッジまで?

ヤーデージ杭の残り距離表示には、以下の2パターンがあります。

  • グリーンセンター(中央)までの距離表示の場合
  • グリーンのフロントエッジ(一番手前)までの距離表示の場合

どちらの距離表示なのかは?スコアカードのコース説明等に書いてありますので、ラウンド前に必ず確認しておきましょう。
もし、どこにも表示が見当たらない場合には、マスター室に質問して確認しておくようにします。

センターまでなのか?フロントエッジまでなのか?がわからないと、残り距離の把握ができなくなってしまいますので、要注意です。

ピンまでの距離を把握しましょう

グリーンとボールの距離が把握できたら、次にピンまでの距離を計算します。

同じホールでも、日によってピン位置は異なります。

ピン位置は、通常、

グリーンセンターから○ヤード奥、○ヤード手前

という風に表示されています。

カートのハンドル部分に、「本日のピン位置」といった紙が挟まっている事が多いです。

また、ピンの旗(ピンフラッグ)の色から、だいたいのピン位置が分かるコースもあります。

例えば、アコーディア系列のゴルフ場の場合、

  • 赤・・・ピンはセンターよりも手前
  • 白・・・ピンはセンター付近
  • 青・・・ピンはセンターよりも奥

という風になっていますので、だいたいのピン位置が分かるようになっています。

  1. ヤーデージ杭で、グリーンセンター(orフロントエッジ)までの残り距離を把握する
  2. ピン位置の情報から、ピンまでの残り距離を把握する

という手順で、出来る限り正確に、ピンまでの残り距離を把握しましょう。

必ずしもピンまで打つ必要はない
ピンまでの残り距離が分かったからといって、毎回のショットでピンまで打っていく必要はありません。
例えばピンのすぐ奥が池やOBだったり、バンカーが近かったりする場合には、リスクを避けて、グリーンセンターや手前を狙って打っていく

というマネジメントも必要となってきます。
ピンを闇雲に狙うのではなく、リスクを回避出来る安全な場所を狙っていくということも、スコア向上のためには必要になります。


【スポンサード・リンク】




打ち上げ、打ち下ろしを計算しましょう

残り距離が同じでも、打ち上げと打ち下ろしでは、使う番手は異なります。

打ち上げでは、番手を大きくしないとグリーンまで届きませんし、

打ち下ろしでは、番手を小さくしないとグリーンをオーバーしてしまいます。

打ち上げ・打ち下ろしでの番手の上げ下げは、経験や感覚が必要となってくる結構難しいところですが、

一定の目安があります。

それは、

10ヤード打ち上げ(打ち下ろし)なら、10ヤードプラス(マイナス)する

というものです。20ヤードなら20ヤード、という風になります。

あくまでも目安ですが、これを基準に考えて番手を選べば、大失敗することは少なくなります。

何ヤード打ち上げ(打ち下ろし)なのか?は、測定することは出来ませんので、

感覚的に見た目で判断するしかありません。

例えば、ピンまでの残り距離が150ヤードで、20ヤード程度打ち上げに「見える」場合、

計算上の残り距離は、150ヤード+20ヤードで170ヤードとなります。

結果、フラットな場合に比べて、アイアンの番手を上げることになります。

風の影響を考えましょう

風が、

  • フォロー・ウィンド(追い風)なのか?
  • アゲインスト・ウィンド(向かい風)なのか?

によって、使う番手は異なってきます。

例えば、強烈な向かい風の場合には、2,3番手大きなクラブを選択することもあります。

逆に、フォローウィンドが強い場合には、番手を小さくしないと、グリーンをオーバーしていまいます。

ピンまでの距離、打ち上げ・打ち下ろしで計算上の残り距離を把握した後は、

フォロー・アゲインストの風の影響を考慮して、番手を決めていきます。

ボールのライがフェアウェイで問題のない場合、ここまでの手順で番手を決めることが出来ます。

おさらいすると、

  1. ヤーデージ杭から、グリーンまでの残り距離を把握する。
  2. ピン位置情報から、ピンまでの残り距離を把握する。
  3. 打ち上げ・打ち下ろしを考慮する。
  4. フォロー・アゲインストの風の影響を考慮する。

のようになります。

例えば、「ヤーデージ杭からグリーンセンターまで150ヤード、ピンは5ヤード手前、10ヤード打ち上げ、強めのアゲインストの風」の場合、次のように計算上の残り距離を計算出来ます。

150 – 5 + 10 + 10 =165ヤード

※強めのアゲインストは10ヤード分だけ考慮しています。ケース・バイ・ケースです。

ライの状況を考えましょう

ボールのライの状況(ボールの置かれた状況)も、番手選びに際して重要な要素となります。

ライの状況とは、例えば

  • フェアウェイで何の問題も無い場合
  • フェアウェイバンカーに入っている場合
  • 通常のラフに入っている場合
  • 深いラフに入っている場合
  • 強い傾斜地にボールがある場合
  • ディボット跡にボールがある場合

などのことです。

例えば、残り160ヤードの場合には、5番アイアンや6番アイアンを使うアマチュアゴルファーが多いかと思いますが、もし深いラフにボールがある場合、深いラフで番手通りの距離が出るか?という問題が生じます。

また、強いつま先上がりの傾斜地にボールがある場合、クラブを短く持つ必要がありますから、距離通りの番手のアイアンでは届かない、といった可能性もあります。

ディボット跡にある場合には、通常のショット通りに距離が出る保証はなくなります。

・・・と、このようにボールのライの状況に応じて、使う番手も異なってきます。

これについては、経験を積んで、

このライの状況だと、番手を上げた方がいいな

などと判断出来るようになるしかありません。

アイアン番手選びのまとめ

ここまでのお話をまとめてみます。アイアンの番手選びは、

  1. ヤーデージ杭から、ボールとグリーンの距離を把握する。
  2. ピン位置から、ピンまでの距離を把握する
  3. 打ち上げ・打ち下ろしを考慮する
  4. フォロー・アゲインストを考慮する
  5. ライの状況を考慮する

というようになります。

これらの手順を毎回のショットで踏んで、使うべき番手を決断していきます。

そうすることで、経験が積まれ、即座に番手選びができるようになります。

最初のうちは、難しく感じるかもしれませんが、この手順を丁寧に行うかどうかで、上達のスピードはかなり違ってくるはずです。

「どうせ、ミスショットするし、残り距離は適当に把握すればいいやー」

などと思っている限り、スコア向上は望めません。

ショットがうまくいくかいかないかに関わらず、残り距離と番手選びは丁寧に行うようにしましょう!


【スポンサード・リンク】