ゴルフ初心者のあいだは、いろいろなゴルフの先輩方からアドバイスを頂くことと思います。

アドバイスは多種多様で、いろいろなものがあります。

その中には、

ゴルフ初心者のあいだは、ドライバーなんか要らない!アイアンのティーショットの方がスコアに繋がる!

というアドバイスもあります。

このアドバイスは、結構有名なもので、古くから言われていることです。

ですが、

「初心者はドライバーを使わない方が良い」というのは本当でしょうか?

この記事では、この点について考えてみることにします。


【スポンサード・リンク】




ドライバーを使わないことのメリット

初心者の間は、ドライバーは要らない!

というアドバイスには、一定の根拠があるはずです。

では、その根拠とはどのようなものなのでしょうか?

それは、

  • ドライバーは一番長いクラブだから、一番むずかしい。
  • だから、初心者の間はミスショットばかりになる。
  • 飛距離が出る分だけ、ティーショットが大きなトラブルになりやすい。
  • アイアンのティーショットの方がトラブルになりにくい。
  • 結果として、スコアメイクに繋がる。

という流れの論理だと考えられます。

確かに、筋が通っているアドバイスのように思えます。古くから言われているだけあります。

しかし、現在のゴルファーが置かれた環境を考えると、そうでもありません。

なぜなら、ドライバーは1番難しいクラブではないからです。

現在のドライバーは難しいクラブではない

昔のドライバーは、

  • ヘッドが小さく、スウィートスポットも小さい
  • ヘッドがパーシモンやメタルで、上手く打つには技術が必要

でした。

しかし、現行のドライバーは、昔に比べて進化しているため

  • ヘッドが大きく、スウィートスポットも大きい
  • ヘッド形状が低重心になっていたりして、高い技術は不要

であり、昔のドライバーウッドに比べて「かなり簡単な」クラブになっています。

ですから、

ドライバーはゴルフクラブのなかで一番難しいクラブ

というのは、正しくありません。

ロングアイアンや、ティーアップせずに打つフェアウェイウッドの方が、よっぽど高い技術が必要な「難しいクラブ」であることは間違いありません。


【スポンサード・リンク】




ドライバーは、ある程度練習すれば初心者の強い味方になる

「ドライバーを使わない方が良い」というアドバイスの根拠の一つに、

ドライバーは飛距離が出る分、曲がった時に大トラブルになりやすい

というモノがあります。

これについては、まったくもってその通りです。

ですから、ほとんどドライバーの練習をしていないのに、ティーショットでドライバーを使い続ければ、トラブル続きになってスコアにならないのは当たり前です。

しかし、ある程度の練習をして、一定レベルの技術になった段階では、

ドライバーはゴルフ初心者の強い味方

になります。

では、ここでいう「一定レベルの技術」とは具体的にどれくらいなのでしょうか?

見える範囲に、180ヤード以上飛ばせれば良い

要は、ドライバーのティーショットが大トラブルに繋がらなければ良いわけです。

そのためには、ドライバーショットが大曲がりして林やOBに入らないことが必要になります。

つまり、

曲がってもいいから、見える範囲にボールが飛ぶこと

です。

初心者の場合、まっすぐ230ヤードのドライバーショットが必要となるわけではありません。

ラフでもいいから、「林にギリギリ入らなかった」とかでもよいので、

とにかくドライバーショットのボールを見える範囲に飛ばすこと

これが重要になります。

飛距離については、体力や年齢によって異なりますが、平均的には

180ヤード以上飛べば十分

といえます(初心者の場合)。

これだけ飛べば、アイアンショットのティーショットに比べて、飛距離面でのアドバンテージが確保できます。

このようなレベルのドライバーを打てるようになれば、

ドライバーは初心者の強い味方

になります。

ドライバーを味方につければ、スコアは劇的に向上する

以上のように、ドライバーを練習して、

見える範囲に180ヤード以上飛ばせる

技術を身につけた場合、セカンドショット以降がとても楽になります。

結果として、スコアの向上に繋がります。

逆に、アイアンショットでのティーショットの場合、

  • 飛距離が不十分であるため、セカンドショットの飛距離が残る
  • そもそも、ロングアイアンのティーショットの成功確率は低い

ことから、ドライバーショットのティーショットに比べて、だいぶ不利になってしまいます。

このように、スコア向上を考えると、

ドライバーショットもきちんと練習して、技術レベルを上げた方が良い

という結論になります。

結論:初心者でもドライバーを使ってティーショットするべき

以上のような論理で、私は

初心者であっても、ドライバーを使ってティーショットするべき

と考えます。その方が、スコア向上に繋がりやすいと思うからです。

また、ゴルフを続けてスコア向上を目指し続ける限り、いつかは正確なドライバーショットが必要になります。

いつまでも、アイアンでのティーショットを続けるわけにはいかないのです。

このように考えても、

初心者のうちから、きちんとドライバーを練習し続ける

ことが必要になります。

 

もし、ゴルフの先輩方に

ドライバーなんて初心者には要らねぇよ!アイアンで打て!

と言われても、

いや、ドライバーで打つっす!

と、自分の意思を貫きましょう。

いっぱいドライバーを練習して、ドライバーショットの結果で、その先輩方を黙らせるのです!笑

 

ぜひ、継続的にドライバーの練習を行い、ドライバーを自分の強い味方にしてしまいましょう。

その頃には、あなたはすでにゴルフ初心者では無くなっているはずです。


【スポンサード・リンク】