我々アマチュアゴルファーの多くは、ドライバーショットのスライスに悩んでいます。

特に、ゴルフを始めたばかりの初心者に多いミスショットが「スライス」です。

ドライバーのスライス、どうやって直せばいいの!?

と悩んでいるゴルフ初心者さんも多いはずです。

そこで、この記事では

ゴルフ初心者のドライバーのスライスの直し方

についてお話したいと思います。


【スポンサード・リンク】




スライスの原因:フェースが開くこと

スライスの直接的な原因は、ずばり「フェースが開く」ということ。

フェースが開いた状態でボールにコンタクトするから、ボールが右に飛んでいってしまうのです。

そんなん、分かってるわ!!

という感じだと思いますが、イライラせずに読み進めてください。

アウトサイドイン軌道がスライスの原因!?

よく言われることに、

スライスの原因は「アウトサイドイン軌道」のスイングプレーンだ!

というものがあります。

しかし、コレは正確ではありません。

アウトサイドイン軌道のスイングプレーンでも、ボールがコンタクトする瞬間にきちんとフェースがまっすぐの状態になっていれば、

ボールはまっすぐの方向に着地します。

ボールは、左に飛び出して右に曲がり、最終的にはまっすぐの方向に着地します。

このショットも大きく分類すれば「スライス」ですが、ミスショットとは言えません。

ボールは狙ったところに飛んでいるからです。

曲がり幅が小さければ、そのショットは「スライス」ではなく「フェード」と呼ばれます。

つまり、アウトサイドイン軌道が「スライス」というミスショットの原因ではなく、フェースが開くことが「悪」といえます。


【スポンサード・リンク】




初心者のドライバー、なぜフェースが開く?

フェースが開く原因は、ゴルファーによってマチマチです。

しかし、初心者に多い「フェースが開く理由」

クラブを振り遅れている

ということ。

多くの初心者は、クラブを「振り遅れている」から、インパクトの瞬間にフェースが戻りきらずに開いた状態になっています。

ですから、あなたがゴルフを始めたばかりの初心者で、ドライバーのスライスに悩んでいる場合

クラブを振り遅れないようにする

ことが解決策になる可能性が高いです。

どうして、振り遅れる?

次に、ドライバーショットでクラブが振り遅れる原因について見ていきます。

ドライバーショットでクラブを振り遅れる原因は

身体の回転(腰の回転)が、腕の振りよりもだいぶ早い

という点です。

身体が先に回ってしまい(腰を先に切ってしまい)、腕の振りが身体の回転に遅れている

というのが、「振り遅れ」の原因となっています。

野球経験者にスライスが多い理由

私もそうでしたが、野球経験者はゴルフを始めた当初、必ずと言っていいほどスライスに悩まされます。

それは、野球のスイングは「腰を先行させる」のが基本だからです。

後述しますが、ゴルフでは、身体の回転と腕の振りのタイミングを揃える必要があります。

つまり、野球とゴルフでは、身体の回転と腕の振りのタイミングが全く異なるわけです。

このことが、野球経験者にスライスが多い理由です。

野球経験者の場合には、腕の振りのタイミングを「早める」事が重要となります。

振り遅れないためにはどうすればよい?

それでは、クラブを振り遅れないようにするためには、具体的にどのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?

振り遅れないようにするためのポイントは、

  • 腕を振るタイミングを早める意識を持つ
  • 身体の前に常にクラブを置く意識を持つ

というものです。順に説明していきます。

腕を振るタイミングを早める意識を持つ

振り遅れの原因は、要は、

腰を切るタイミングが、腕の振りのタイミングよりも早い

ことです。

これを改善するためには、

  • 腰を切るタイミングを遅らせる
  • 腕の振りのタイミングを早める

という2つの対処法が考えられます。

このうち、「腰を切るタイミングを遅らせる」という対処法はおすすめしません。

  • 腰を切る動作は無意識に行っていることが多いこと
  • 腰を切る動作を遅らせると、スイングスピードが落ちること

がその理由です。

ですから、腕の振りのタイミングを早める対処法が有効になります。

具体的には、

  • これまでよりも腕を振るタイミングを早める意識を強く持つ
  • ボールの50cm手前でフェースを返す意識を持つ

ことです。

これを意識することで、クラブの振り遅れは改善するはずです。

腕の振りのスピードを速めるわけではない

クラブの振り遅れを直すためには、

腕の振りの「タイミング」を早める

のであって、腕の振りの「スピード」を速めるわけではない、という点に注意が必要です。

あくまでもタイミングを早めるのであって、スピードを上げる意識を持つ必要はありません。

身体の目の前にクラブがいつも有るように意識する

ゴルフの教本や雑誌のレッスン記事などでよく言われること、それは

クラブをいつも身体の真正面にあるようにスイングする

ということ。

クラブを振り遅れている場合、

クラブは身体の真正面の外側(右側)に外れている状態

になっています。

クラブと身体を一体として動かすイメージを持つ

と、「クラブがいつも身体の真正面にある」という状態を達成することが出来ます。

 

このように、クラブの振り遅れを防ぐためには

  • 腕の振りのタイミングをこれまでよりも早める
  • クラブを真正面にキープする意識を持つ

というポイントが大切になります。

ドライバーのスライス改善のまとめ

ここまでお話したことを最後にまとめてみます。

  • ゴルフ初心者のスライスの原因の多くは、「クラブの振り遅れ」でフェースが開くこと
  • クラブの振り遅れを防ぐためには、「腕の振りのタイミングを早める」「クラブを真正面に保つ意識を持つ」。

スライスの原因にはいろいろあって、複雑に考えがちです。

しかし、直接的な原因は、インパクトの瞬間にフェースが開いてしまっていること。

そして、その原因のうち最も多いのが「クラブの振り遅れ」です。

初心者の場合には、まずはこの記事でご紹介した「クラブの振り遅れ」の可能性を疑い、

それを直す対処法を試してみると良いと思います。


【スポンサード・リンク】