「ドライバーショットは、ティーアップして打てる分だけ簡単なショット」

という考え方もありますが、ゴルフ初心者の間は

ドライバーが当たらない!!どうすればいいの!!

と迷ったりイライラしたりすることも多いはずです。

そこで、この記事では

ゴルフ初心者がドライバーが当たらない時の対処法

について、3つのポイントをピックアップしてお話していきたいと思います。

では、早速いきます。


【スポンサード・リンク】




1. 振りすぎていないか?チェックしましょう。

ミスショットになる直接的な原因は、

クラブフェースにボールが上手く当たっていない

ということ。当たり前ですね。

そして、クラブフェースにボールが上手く当たらない大きな原因

スイングがブレている

ということです。

さらに深堀りしていきます。

なぜ、スイングがブレるのか?

は、

振りすぎているから

です。

「振りすぎている」とは

  • 力が入りすぎている
  • 下半身が動きすぎている
  • スイングスピードを上げようとしすぎている

状態のことです。

「振りすぎ」は、多くの場合、

飛距離を出したい!少しでも飛ばしたい!

という「無意識の意識」が原因です。

ドライバーが全く当たらなくなったら、この「振りすぎ」の原因をまずは疑いましょう。

これまでよりも、「ゆっくりと静かに」スイングすることを心掛けます。

具体的には、下半身が暴れないように静かに動かすイメージを持つとよいです。

「飛ばしたい!」という欲は一旦脇に置き、

静かにゆったりとスイングする

ことを意識しましょう。

2. 極端なハンドアップ・ハンドダウンになっていないか?チェックしましょう

ドライバーショットが全く当たらない場合、

アドレス時のグリップの手首の角度がおかしい

ことが多いです。

手首の角度については、

  • ハンドアップ(グリップエンドが垂直方向に偏っている状態)
  • ハンドダウン(グリップエンドが地面方向に偏っている状態)

の2種類があります。

「どちらが正しい」というものはなく、人それぞれ体格やスイングによって、ハンドアップが良いか?ハンドダウンが良いか?は異なります。

しかし、極端なハンドアップ・ハンドダウンは正確なインパクトの妨げになることが多いです。

特に、ドライバーが急に当たらなくなった!

という場合には、

極端にハンドダウン・ハンドダウンになっていないか?

というポイントをチェックしてみましょう。

そして、ショットごとにアドレスでの手首の角度を少しずつ変えてみて、ショットの結果を観察してみます。

このようにすると、手首の角度によってショットの結果が異なることに気がつくはずです。

ショットの結果が一番良い手首の角度を見つけるようにしましょう。


【スポンサード・リンク】




3. クラブを真正面に常にキープする意識を持つ

ドライバーが当たらない、ミスショットばかり!

という原因の1つに、

  • クラブの振り遅れ

があります。

クラブが振り遅れると、フェースが開いたり、右手でフェースを無理に閉じる動作が加わったりして、

正確なインパクトをすることが難しくなります。

クラブの振り遅れを防ぐためには、

常に身体の正面にクラブを置くイメージを持つ

ことが効果的と言われていますし、実際私も常に意識しているポイントです。

「常にクラブを真正面にキープする」とは、具体的には、

アドレス時に出来た「腕・グリップ・クラブ(シャフト)の位置関係」を極力崩さないようにスイングする

ということです。

もちろん、トップやフォロースルーでは、クラブは身体の真正面から自然と外れることになりますが、

その際にも、

「出来る限り身体の正面の幅からクラブが外側にはみださないようにする」

という意識を持ちましょう。このことは、コンパクトなスイングにも繋がります。

 

まとめ

以上、「ドライバーが全く当たらなくなったときに有効な対処法」でした。

最後におさらいしてみます。

  • 「振りすぎ」に気を付ける
  • 極端にハンドアップ・ハンドダウンになっていないか?チェックする。
  • 常に身体の正面にクラブをキープする

ドライバーが当たらない場合、そのほとんどが「振りすぎ」に原因があると考えます。

プロのスイング動画を見てみると、驚くほど静かにゆったりとスイングしている事に気がつきます。

「静かにゆったりと」スイングすることを心がけると、

ドライバーが当たるようになる

ことが多いです。

まずは、「振りすぎていないか?」というポイントをチェックしてみると良いと思います。


【スポンサード・リンク】