ゴルフを始めたばかりの段階で、最も打つ機会の多いクラブはアイアンです。

なぜなら、ドライバーのティーショットが上手く打てる可能性は低く、セカンド地点からグリーンまでボールを運ぶために、アイアンを何回も打つ必要があるからです。

ですから、ゴルフ初心者の場合、ドライバーのティーショットのレベルアップと同時に

アイアンの技術のレベルアップを図ることで、スコアの大幅な削減が見込めます。

そこで、今回の記事では、

ゴルフ初心者の方が、アイアンの練習をする上で優先して気をつけるべきポイント

についてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




まずは、大きなミスを減らしていくことが大切です

毎回のアイアンショットが、ある程度の曲がり幅に収まりながら100ヤード確実に飛ぶとしたら、スコアは結構まとまるはずです。

しかし、毎回のアイアンショット(ショートアイアン)できっちり100ヤード以上飛ばしていくことは、意外と難しいものです。

なぜなら、ゴルフ初心者の段階では、アイアンショットで大きなミスを犯しがちだからです。

そして、大きなミスのうち最も割合の多いのが「大ダフリ」だと思います。

大ダフリをすると、ボールはチョロっとしか飛びません。飛距離5ヤード、なんてこともザラにあると思います。

初心者のうちは、毎回のショットで確実にボールをグリーンに近づけていくことが大切。

そのためには、「大ダフり」という大きなミスを極力減らしていくことが求められます。

アイアンの練習で最も気をつけるべきポイント

「大ダフリ」のミスを減らすことを最優先に考えると、

初心者の方がアイアンの練習で最も気をつけるべきポイント

が明らかになります。

それは、

ボールをクリーンに捉える

ということです。

練習場のマットでは、少しのダフりでもきちんと飛んでしまう

練習場ではそこそこのアイアンショットが出るのに、コースではダフってばかり・・・

という経験はありませんか?

このような現象は、練習場の人工芝マットが「滑りやすい」ということに原因があります。

練習場マットの人工芝は、実際のコースの芝に比べてかなりクラブヘッドが滑りやすいという特徴があります。

ですから、結構ダフってもクラブヘッドがボールの位置まで滑って、ある程度のインパクトになってしまうわけです。

そして、アイアンショットの結果だけ見れば、「しっかりと飛距離も出ているからOK!」という評価をしてしまうのです。

しかし、実際の芝では、少しでもボールの手前の地面にクラブヘッドが触れれば、クラブヘッドは地面に突き刺ささり、ボールの位置にクラブヘッドが到達するころにはかなり減速してしまいます。

結果、全く飛ばないし球も上がらない、という結果になります。

このように、練習場の人工芝マットとコースの天然芝では、「ダフり」に対する許容範囲が大きく異なります。

ですから、練習場でのアイアンショットの練習をする際には、「ダフり」に関して、厳しい自己評価をしていく必要があります。

毎回のショットで、ダフってないか厳しくチェックしましょう

練習場でのアイアンの練習の際には

少しのダフりでも、コースでは大ダフリになる!

という意識をしっかりと持ち、ダフりに関して厳しくチェックしていくことが、アイアンのレベルアップのスピードを劇的に早めます。

ダフりをチェックする際には、

  • 打感(手に伝わってくる感覚)
  • 音(打球音)

の2つを判断材料にしていきます。

ダフった時と、クリーンに打てた時では、手元に伝わってくる感覚(打感)は全く異なります。

毎回のショットで、そのような感覚を評価して、「少しでもダフったか?」を判断していきます。

また、打球音も注意深く聞くようにします。

クリーンにボールを打てた時の音は、「カシャッ」のような乾いた音になりますが、ダフった時の音はもっと雑音の混じった音になります。両者の音は、明らかに異なりますので、ダフりの判断基準にはかなり役立ちます。

このように、毎回のアイアンショットで、「打感」「打球音」を判断材料に、

今のアイアンショットはダフったか?

を厳しくチェックしていきます。

「少しでもダフったらアウト。」

というように、厳し目に条件を設定して練習を繰り返していくと、アイアンの精度はアマチュアゴルファーの中でもトップレベルになっていくと思います。

ボールに当たってから芝に触れる!を徹底しましょう

アイアンショットやアプローチショットの基本中の基本は、

フェースはボールに当たってから、芝に触れる

ということです。

芝に触れてからボールとのインパクトを迎えると、ダフりのミスになります。

さらに言えば、距離感も出なくなります。

上級者やプロは、芝が少しでもボールとフェースの間に入ると距離感がブレることを知っていますので、ラフからのショットでは慎重に芝の状態を判断しているわけです。

触れる順番は、ボール→芝。

これは、アイアンショットの大原則ですので、「当たり前だろ」と思えるまで、きっちりとこの点は頭に叩き込んでおきましょう。


【スポンサード・リンク】




練習場では、ハーフトップを打つくらいの意識でちょうどいい

次に、ダフらずクリーンにアイアンショットを打つためにはどうしたらよいか?について見ていきます。

ダフりの原因と防止法・練習方法については

『アイアンのダフりの原因と防止のための3つのポイント』

の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

ですが、実は、初心者向けにもっと簡単な「ダフり防止」の練習方法が1つあります。

それは、練習場では「ハーフトップ」のインパクトを目標に練習する、ということです。

ハーフトップとは、ボールの赤道周辺にアイアンのリーディングエッジを当てていくインパクトのことです。

完全なトップはミスショットであり、ボールの上部(上っ面)にアイアンのリーディングエッジが当たり、低くボールが飛び出し、飛距離が出すぎてしまいます。

しかし、ハーフトップは、ダウンブローで打つ限り、きちんとバックスピンもかかって飛距離もほぼ適正になるため、結果はミスショットではなく「ナイスショットの範疇」に収まります。

練習場のボールでは球の高さは低くなりますが、実際のコースボールではきちんと球の高さは出るため、問題とはなりません。

リーディングエッジって何?
リーディングエッジとは、いわゆるアイアンの「刃」の部分のことです。
フェースの一番下の部分です。
ゴルフの会話や、ゴルフ雑誌のレッスン記事・ゴルフ教本などに頻繁に出てきますので、覚えておきましょう。

 

ハーフトップのインパクトにするためには、ボールの左側20~30cmに仮想のボールがあると想定して、そのボールを打っていくイメージを持ちます。

すると、インパクトでボールの赤道かやや下にコンタクトするようになってきます。

このイメージでスイングすると、最初のうちは、まともな球が出ないと思いますが、粘り強く練習を続けることで、徐々に「ハーフトップ」のインパクトが増えていきます。

練習場でハーフトップのインパクトが実現できるようになると、コースの芝の上からのアイアンショットでダフることはほとんどなくなっていきます。

長期的な練習が必要とはなりますが、ハイレベルなアイアンショットが身につきますので、おすすめの方法です。

球筋や曲がり幅は、後回し!クリーンに打つことを最優先するのが吉。

ここまで、アイアンでは「クリーンにボールを打つこと」が大切であることを強調してきました。

アイアンショットがナイスショットになるためには、クリーンなインパクトを実現するというポイントの他にも、インパクトでのフェースの向きやスイング軌道の角度(ダウンブロー)も重要となります。

しかし、何よりも優先すべきは、ダフらずにクリーンに打つということです。

優先順位は、球筋や曲がり幅よりも断然に高いです。

プロやシングルプレーヤーでも、アイアンショットが曲がったり、球の高さがブレて距離感が出ないことは有ります。

しかし、ダフることはほとんどありません。

つまり、クリーンなインパクトは前提条件であって、球筋や曲がり幅に優先するものであるということだと言えます。

初心者のうちから、「クリーンなインパクト」を優先して身に付ける練習を行うことは、他のゴルファーに対して相当なアドバンテージになります。

なぜなら、ほとんどのゴルファーは、練習場のアイアンのダフりに対して「自分に甘く」、コースでのアイアンショットでダフりのミスショットを連発して、「なんで!?練習場ではダフらないのに・・・」と嘆いているからです。

まとめ

  • アイアンの練習は、何よりもまず「ダフらずクリーンなインパクト」を追求することが大事。
  • ボール→芝という順番を守る。
  • ハーフトップのインパクトで打てるようになる。

他のどんなポイントよりも、「ボール→芝の順番で当たるクリーンなインパクト」を厳しく追求していくことが、アイアンショットの精度を高めていくためには必要不可欠となります。

練習場では、打感と音を判断材料に、ダフっていないか?厳しくチェックしていきましょう(自戒)。


【スポンサード・リンク】