Categoryスイング作り

初心者がアイアンの練習で最優先で注意すべきポイント

ゴルフを始めたばかりの段階で、最も打つ機会の多いクラブはアイアンです。

なぜなら、ドライバーのティーショットが上手く打てる可能性は低く、セカンド地点からグリーンまでボールを運ぶために、アイアンを何回も打つ必要があるからです。

ですから、ゴルフ初心者の場合、ドライバーのティーショットのレベルアップと同時に

アイアンの技術のレベルアップを図ることで、スコアの大幅な削減が見込めます。

そこで、今回の記事では、

ゴルフ初心者の方が、アイアンの練習をする上で優先して気をつけるべきポイント

についてお話していきたいと思います。

Continue reading

持ち球を決めるとゴルフはもっと簡単になる

プロのゴルフ中継の解説を聞いていると、

「○○選手の持ち球はドローボールですから、このホールは攻めやすいですね。」

などという表現を聞く機会が多いですよね。

持ち球がどうのこうの言えるのは、プロや上級者アマチュアゴルファーだけでしょ!

と思っているのなら、とてもモッタイナイです。

なぜなら、

自分の持ち球を決めることで、ゴルフがもっと簡単になる

からです。今回の記事では、持ち球の決め方と練習方法についてお話していきたいと思います。

Continue reading

ドライバーのスライスは460ccの大型ヘッドが原因!?

ドライバーの飛距離は、出るに越したことはありません。

20ヤード飛距離が伸びれば、セカンドショットの番手は2番手短くなり、その分だけセカンドショットの成功確率は高まり、スコア向上に繋がるからです。

そして、ドライバーの飛距離を考えたときに、ストレートボール・ドローボールとスライスボールでは圧倒的に前者の方が飛びます。

スライス一本でシングルプレーヤーになったアマチュアゴルファーもたくさんいるとは思いますが、スライスを改善していくことは、ゴルフスコア向上のためには必要となる場合もあります。

ドライバーのスライスの大きな原因はいくつかありますが、クラブ自体にもスライスの原因はあると私は考えます。

そこで今回は、

ドライバーの大型ヘッドとスライスの関係

についてお話していこうと思います。

Continue reading

ボールの位置を変えるとドライバーのスライスが直るって本当?

ドライバーショットのボールを置く位置はどこが正しいですか?と聞くと

「左足かかと線上!!」

とほとんどのゴルファーが答えると思います。

実際、多くのゴルフ教本やゴルフ雑誌記事の中でそのように書かれていますよね。

しかし、ドライバーのスライスに悩んでいる場合、

「左足かかと線上」のボールの位置がスライスを助長させている

可能性があります。

今回の記事では、スライスとなりやすいボールの位置と、スライスを矯正するためのボールの位置についてお話したいと思います。

Continue reading

ドライバーとアイアンの打ち方の違いとは?

実際のコースラウンドでは、

  • ドライバーの調子は良いのに、アイアンが当たらない・・・
  • アイアンはナイスショットが出るのに、ドライバーが全くダメ・・・

という現象に悩まされることがあるかと思います。

このような現象が起こる原因の1つに、

ドライバーのスイングとアイアンのスイングの違い

の存在があります。

今回の記事では、この点についてお話していきたいと思います。

Continue reading