これからゴルフを始める場合、ゴルフクラブのセットを揃える必要があります。

そして、他のスポーツに比べて、ゴルフは道具選びがとても重要になります。

そこで、この記事では、ゴルフ初心者向けに

失敗しないゴルフクラブの選び方

について3つのポイントをピックアップしてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




ポイント1. 中古のゴルフクラブで全く問題ない

初心者のゴルフクラブ選びの最初のポイントは、

中古クラブで揃える!

ということ。

ゴルフクラブを新品で買うとなると、

  • ドライバーウッド:3~5万円程度
  • アイアンセット:5万円~10万円
  • パター:1万円~3万円
  • フェアウェイウッド:1万円~3万円

と、安いものを買っても10万円以上の初期費用がかかってしまいます。

そして、新品でも低価格の場合、その性能に問題があるケースもあります。

一方、中古クラブでゴルフクラブセットを揃える場合、

  • ドライバーウッド:1万円~
  • アイアンセット:1万円~
  • パター:3,000円~
  • フェアウェイウッド:5,000円~

のように、ゴルフクラブセットを揃えるのに、最低3万円あればOKとなります。

安物の新品を買うより、同じ価格の中古クラブを買う方が性能が良い

ということが、ポイントです。

 

安物の新品は、ヘッドが大きすぎたり、シャフトがいまいちだったり、

ゴルフ上達を阻害する危険性

があります。

そうではなく、同じお金を払うのであれば、性能の良い中古クラブを買った方が良いです。

もちろん、

俺はお金いっぱいあるから、心配ないよ!

という場合には、最新モデルのきちんとしたクラブを買ってもOKです。

そうではない場合には、

性能の良い中古クラブでクラブセットを揃える

というポイントを抑えるようにしましょう。

新品の格安ゴルフクラブセットはどう?

ゴルフショップに行くと、これからゴルフを始める方向けに

キャディバッグとゴルフクラブセットがセットになって3万円ポッキリ!

といった格安のゴルフクラブセットが販売されていることがあります。
「低価格でゴルフクラブセットとキャディバッグが揃う」という点で、魅力的に映るかもしれませんが、

このような格安ゴルフクラブセットは

スルーした方が無難

です。
なぜなら、性能が悪いことがほとんどだからです。
ブランド(メーカー)も、そこまで信頼性の無いものばかりであることがほとんど。

結局、1年以内に満足できなくなって、買い換えるはめになります。

「安物買いの銭失い」になる危険性がある、ということを覚えておきましょう。


【スポンサード・リンク】




ポイント2. 振れる範囲で最も重いクラブを選ぼう

初心者がなかなか上達しない場合、その大きな原因の1つに

手打ちになっていて、それが定着してしまっている

というものがあります。

そして、その「手打ち」の原因は、ほとんどの場合

クラブが軽すぎる

ということです。

ゴルフのスイングでは、小手先でクラブを操作するような「手打ち」ではなく、体全体をバランスよく使うことが重要になります。

軽すぎるクラブは、

手でヒョイッと上げて、ビュン!と振る

ことが出来てしまうため、スイングが手打ちになってしまう危険性が大きいです。

ゴルフのスイング作りは、最初が肝心です。

最初に定着したスイングを修正するのには、かなりの労力と時間、工夫が必要となるからです。

ですから、手打ちのスイングにならないように、

自分が振れる範囲で、最も重いクラブを選ぶ

ということが大切なポイントとなります。

しかし、初めてゴルフクラブを買う際には、

このクラブって重いの?軽いの?

ということが分かりづらいものです。

必ず、ゴルフショップの店員さんに聞いて、フィッティングしてもらいましょう。

その際には、「重めのクラブが欲しい」ということを伝えておけば分かってもらえます。

アイアンのシャフトはカーボン?スチール?

アイアンのシャフトには、炭素素材のカーボンシャフト、鉄素材のスチールシャフトの2種類があります。

カーボンとスチール、どちらを選べばいいの?

と迷われるかもしれません。

この点ですが、男性であれば、まずはスチールシャフトのアイアンを買った方が良いです。女性であれば、カーボンシャフトのアイアンでOKです。

なぜスチールシャフトが良いのか?

ですが、

スチールシャフトの方が重いから

という理由です(飛距離の安定性、という側面もありますが)。

スイング作りには、上述のように「重いクラブを使う」ことが重要になります。
そういう意味で、最初のアイアンはスチールシャフトを選ぶようにしたほうが上達が早いです。

ポイント3. ドライバーとアイアンの重量のバランスに気をつけよう

ドライバーとアイアンの重さがバラバラだと、上達が阻害される危険性があります。

例えば、

ドライバーはアスリートモデルの重いものを使っているのに、アイアンは軽いカーボンシャフトのものを使っている

という場合、ドライバーとアイアンでスイングがバラバラになってしまいます。

逆も同じです。アイアンは重いモデルのものを使っているのに、ドライバーが軽すぎる場合にも、スイングはバラバラになります。

つまり、

アイアンとドライバーの重量バランスを揃える

ということが大切となります。

上で説明しましたように、

自分が振れる範囲で最も重いクラブを選ぶ

というポイントを抑えておけば、アイアン・ドライバーともに「重め」のものになりますから、重量バランスは自然と揃うことになります。

アイアンセットとドライバーを選ぶ際には、

ゴルフショップの店員さんに重さを質問して、アイアンセットとドライバーの重量バランスに問題がないか?を確認しましょう。

 

失敗しないクラブセットの選び方のまとめ

最後に、ゴルフを始めるときのゴルフクラブセットの失敗しない選び方をまとめてみます。

  • 中古クラブで性能の良いクラブを選ぶ
  • 自分が振れる範囲で最も重いクラブを選ぶ
  • ドライバーとアイアンの重量バランスを揃える

ということになります。

ゴルフクラブ選びのこのようなポイントは、ゴルフを始める際のゴルフクラブ選びだけでなく、初心者でなくなった際にゴルフクラブを買い替える際にも同じように重要になります。

また、上記のポイントを抑えて買ったクラブは、長く使うことが出来ます。

覚えておいて損はないと思います。

自分にあったゴルフクラブを選び、スイング上達とスコア向上を有利に進めましょう!


【スポンサード・リンク】