ゴルフのルールを勉強すると、ペナルティや救済措置の条文のところで

1クラブレングス
とか
2クラブレングス

といった表現が登場します。

ゴルフ初心者のうちは、こういった表現が出てくるだけでも分かりにくいものです。

そこで、今回の記事では

1クラブレングス、2クラブレングスの「レングス」ってどれくらいの長さ?

というテーマについて、お話したいと思います。


【スポンサード・リンク】




「レングス」はクラブの長さのこと

クラブレングスを英語表記すると

club length

となります。直訳すれば、「クラブの長さ」

つまり、

  • 1クラブレングスは、クラブ1本分の長さ
  • 2クラブレングスは、クラブ2本分の長さ

ということになります。

クラブレングスを測る際には、どのクラブを使っても良い

例えば、池に入った時(ウォーターハザード)で、その池がラテラル・ウォーターハザードの場合、

最後にボールが池の境界線をまたいだ地点から、2クラブレングス内のホールに近づかない箇所にドロップすることができます。

この際の「2クラブレングス」を測るときに使うクラブの種類は、どのクラブでも構わないことになっています。

つまり、パターでもいいし、ドライバーでもOKです。

池に入ったときの対処法として、2クラブレングスを測る際には、ドロップできる領域は広いほうがドロップする場所を選ぶ選択肢が増えますから、長いクラブを使う方が有利です。

そのため、プロの試合を見ていると、

ドライバーでクラブレングスを測っている場面を良くみかけます。

とはいえ、アマチュアの場合は見た目の長さでOK

アマチュアゴルファーで競技ゴルフではないラウンドの場合、

ドライバーを引っ張りだして・・・

2クラブレングスや1クラブレングスを正確に測って・・・

ドロップをする場所を選んで・・・

などとやっていては、スロープレーの原因となりますし、

他のプレーヤーから見ても、

「何やってるんだろう、あいつ」

となってしまいます。

我々アマチュアゴルファーの「遊びの」ラウンドの場合には、

1クラブレングスや2クラブレングスの長さは、目で見た感覚で測ればOKです。


【スポンサード・リンク】




1クラブレングスは無罰の救済のとき、2クラブレングスはペナルティのとき

ゴルフルール(ゴルフ規則)を見ていると、状況によってドロップ出来る範囲が「1クラブレングス内」だったり、「2クラブレングス内」だったりします。

では、全ての状況について、1クラブレングスか2クラブレングスか、覚えなくてはならないのでしょうか。

この点について、ALBAオンラインの「戸張捷のルール&マナー」内の記事で、わかりやすい解説がありましたので、記事の一部を引用して紹介します。

ウォーターハザード内に止まったボールや、アンプレヤブルの処置のように、ペナルティの罰打を付加したうえでのドロップは、基点やボールのあるところから2クラブレングス。

修理地や動かせない障害物からの救済といった、無罰の救済を受ける場合のドロップは1クラブレングス以内に行うことになっている。

なるほど、めっちゃわかりやすい基準があるんですね。

つまり、

  • ペナルティの場合は、2クラブレングス
  • 無罰の救済の場合は、1クラブレングス

と整理して覚えておけばOK、ということです。

 

以上、

クラブレングスの長さはどれくらい?

1クラブレングスと2クラブレングスの状況の違い

についてでした。

ドロップの措置をサラッとスマートに対処できるゴルファーって、周りから見てもカッコイイものです。

そうなれるように、関連するゴルフの規則やルールは頭に入れておきたいですね。


【スポンサード・リンク】