ゴルフの服装マナーが厳しいことは、世間一般でも常識となっていますから、

初ラウンドを控えたゴルフ初心者さんも、

ゴルフラウンドプレー中の服装マナーについては勉強して、準備していることと思います。

しかし、ゴルフの服装マナーには意外な盲点が。

それが、

朝、ゴルフ場のクラブハウスに入る際の服装マナー

です。

この記事では、ゴルフ初心者がやりがちな「ゴルフ場に入る時の服装マナー違反」について、フォーカスを当ててお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




ゴルフ場に入るときも、襟付きシャツにチノパン・スラックスで

ゴルフのプレー中の服装マナーといえば、

襟付きのポロシャツに、チノパンかスラックス。裾はズボンに入れる

というものです。

これは、有名な服装マナーですから、誰しもが守っているはず。

しかし、「どうせ着替えるからいいよね?」と、朝ゴルフ場に到着して、クラブハウスに入る際に、

パーカー姿、ジャージ姿、サンダル履き、ジーパン姿

で行こうとしていませんか?

これらは、服装マナー違反となってしまい、周囲のひんしゅくを買うコト間違いなしです。

ゴルフ場のクラブハウスに入るときにも、襟付きのシャツにチノパンを履き、ズボンにシャツの裾は入れるようにしましょう。

 

さらに、重要なポイントがあります。

ジャケットをきちんと着よう!

朝、クラブハウスに入る際には、

ジャケットを着用する

のがマナーです。ジャケットを着て、ゴルフ場や他のプレーヤーに対して敬意を示すためです。

最近では、ジャケットを着用しないゴルファーも増えていますが、

ゴルフ場のスタッフや他のゴルファーはちゃんと見ています。

こいつは、だらしがないゴルファーだな
とか
この人は、きとんとしたゴルファーだな

などと、思われています。

クラブハウスに入るとき、帰るときには、きちんとジャケットを着る

これだけ徹底するだけでも、あなたのゴルファーとしての評価は高くなるはずです。

会社の上司や取引先とのゴルフでは、特に気をつけたいポイントです。


【スポンサード・リンク】




革靴を履いていくのが無難

  • 襟付きのシャツに、チノパン(スラックス)を履いて、裾を入れる
  • ジャケットをきちんと着用する

ここまでできたら、もう1点抑えておきたいポイントがあります。

それが、です。

サンダル等はNGなのはもちろんですが、スニーカーなども避けましょう。

カジュアルなものでも構いませんので、革靴を履いていくのが無難です。

というか、ジャケットに合う靴は、やはり革靴だと思いますので、

革靴を履くのに違和感や抵抗は小さいのではないでしょうか。

 

また、ゴルフ専用のボストンバッグを用意する必要はありませんが、リュックサック等のカジュアルすぎるバッグは避けるべきです。

 

まとめ

クラブハウスに入る際、帰る際には、

  • 襟付きのシャツに、チノパンかスラックス。裾はきちんとズボンに入れる。
  • ジャケットをきちんと着る。
  • 革靴を履く。

ということに気を付けましょう。

イメージ的には、会社に行く際のクールビズにジャケットを加えた感じです。

そこまで堅苦しく感じなくてもOKだと思います。

 

是非、見た目だけで「だめなゴルファー」だという烙印を押されないように、

服装マナーに気をつけて、気持よくゴルフを楽しみましょう。


【スポンサード・リンク】