ドライバーのティーショットはナイスショット、フェアウェイからのアイアンでのセカンドショットを気合を入れて打ったが、

ダフっ

大ダフリ・・・。

こういうガッカリな経験、アマチュアゴルファーの全員が経験していることと思います。

このようなアイアンのダフリのミス、スコア向上のためには、出来る限り少なくしていきたいものです。

そこで、今回の記事では

アイアンのダフリのミスショットの原因とその防止方法、練習法

についてお話していきます。


【スポンサード・リンク】

アイアンショットのダフリの原因

アイアンショットのダフリのミスショットの原因には、大きく分けて2つあります。

それは、

  • アッパーブローのスイング軌道(すくい打ち)
  • クラブが寝て下りてくること

の2つです。

順に見ていきたいと思います。

アッパーブローのスイング軌道では、ダフリもトップも両方起こる

アイアンショット、ダフるし、トップのミスもよく出る・・・

と、ダフりとトップの両方のミスが出るという場合は、アイアンショットのスイング軌道がアッパーブロー(すくい打ち)になっていると考えられます。

アッパーブローとは、スイング軌道の最下点を過ぎてからボールとクラブヘッド(フェース)がコンタクトするような軌道のことです。いわゆる「すくい打ち」とも言われる打ち方です。

このアッパーブローの軌道でアイアンを打ってしまうと、少しでも打点がずれるとダフリとトップのミスとなります。

アッパーブロー軌道のスイングは、右足に体重が残りやすいですから、スイングアーク(クラブヘッドが描く軌道)が右足寄りに寄りやすくなります。

そして、ある程度以上スイングアークが右に寄ると、クラブヘッドがボールに当たる前に地面に当たってダフったり、ダフらない場合でも最下点をかなり過ぎてからのインパクトとなるため、ボールの上っ面に当たるトップのミスになってしまいます。

このように、アイアンショットのスイングがアッパーブロー軌道になっていることは「百害あって一利なし」です。

ですから、ダフリとトップのミスの両方が出るという場合には、アイアンのスイングがアッパーブローになっているかどうかをチェックして、もしアッパーブローになっているようであれば、ダウンブローのスイング軌道になるように練習していく必要があります。

ちなみに、ダウンブローのスイング軌道の場合、ボールの上側にフェースがコンタクトしても、アッパーブロー軌道よりもバックスピンがかかるためにトップのミスにはなりにくくなります。

ダウンブローでアイアンを打つための練習法については後述します。

ダウンブローのスイング軌道でもクラブが「寝る」とダフる

ダウンブローのスイング軌道であれば、決してダフらないのか?というと、決してそんなことはありません。

プロは、綺麗なダウンブローでアイアンショットを打ちますが、プロでもダフることはあります。

ダウンブローでもダフる原因は、クラブが「寝て」下りてきてしまうことです。

クラブが立つ、寝るってどういうこと?

ここで、クラブが「立つ」「寝る」ということについてお話しておきたいと思います。

クラブが立つ、寝るとは

  • 「クラブが『立って』下りてくる」とは、あるべきスイングプレーン上か上側からクラブが下りてくること。
  • 「クラブが『寝て』下りてくる」とは、あるべきスイングプレーンの下側からクラブが下りてくること。

というように説明することが出来ると思います。

クラブが「寝て」入ってくると、クラブヘッドと地面との距離は近くなり、よりダフりやすくなるわけです。

アウトサイド・イン軌道とインサイド・アウト軌道、どちらがダフりやすい?

スイング軌道が、アウトサイド・イン軌道か?インサイド・アウト軌道か?もダフりやすさに影響していると私は考えます。

結論から言えば、インサイド・アウト軌道のほうがアウトサイドイン軌道よりもダフりやすい。

実際に振ってみると分かると思いますが、

  • アウトサイドイン軌道でアッパーブローに打つことは難しく
  • アウトから下ろす意識でクラブを寝かすことも難しい

からです。

逆に、インサイド・アウト軌道では、すくい打ち(かち上げ)で打つイメージが出やすく、インサイドからクラブを下ろしてくる分だけクラブは寝やすくなります。

ダフリの原因、まとめ

ここまでお話してきましたアイアンショットのダフリの原因を、ここで整理してみます。

  • アッパーブローのスイング軌道
  • クラブが寝て下りてくること
  • インサイドからクラブが下りてくること

最後の「インサイドからクラブが下りてくる」というのは、スイングのあるべき姿であるのですが、アウトサイドイン軌道に比べたらダフリやすいのので注意が必要、という程度に考えてください。


【スポンサード・リンク】

ダフリを減らすための対策と練習方法

ダフリの原因について整理できたところで、次にダフリを減らすための対策と練習方法について見ていきたいと思います。

ダフリを減らすために注意するポイントは次の3つです。

  • コックを維持してインパクトを迎えるイメージを持つ
  • クラブを立てて下ろしてくる
  • ダウンブローのスイング軌道で打つ

右手首の角度を維持してコックを保つイメージを持つ

コックを解くタイミングが早いと、いわゆる「アーリーリリース」となり、クラブが寝やすくなります。

コックをインパクトまで保持するイメージでスイングすることで、クラブが寝て下りてくることを防ぐことができます。

インパクトの瞬間には、実際にはコックは遠心力によって解かれることになりますが、あくまでもイメージとしては「コックを維持する」意識を持つと良いと思います。

「コックを維持する」というのが分かりにくければ、「右手首の角度をキープする」とイメージすると良いかもしれません。

また、「維持する」というイメージだと、実際に維持することは難しいので、「コックを強めていく」イメージを持つくらいでちょうど良い場合もあります。

このへんのことは、『ゴルフスイングの「静」と「動」を考えてみる。』の記事でお話していますので、よろしければご参照ください。

さらに、アイアンショットでの右手の使い方については、『アイアンの飛距離が出ないなら「右手の押し込み」を試す』の記事でも詳しく取り上げています。こちらも合わせてお読み頂ければと思います。

ダウンスイングで右脇を締めてクラブを「立てる」

ダウンスイングでクラブが「寝て」しまうことがダフリの原因の1つですが、クラブを立てて下ろしてくるためには、上記の「コックの維持」と合わせて、右脇を締めてダウンスイングしていくことが大切となります。

具体的には、右脇を締め、右肘を右脇腹に近づけていくイメージを持ちます。

すると、自然とクラブが立ってきます。

正しいダウンブローのスイング軌道を修得する

ダフリを減らし、良い弾道のアイアンショットを打つためには、一言で表せば、

「正しいダウンブローでクリーンにボールを捉える」

ということが出来ればよいことになります。

言うは易く行うは難し、ですよね。

しかし、アイアンショットの精度は、スコア向上のために必要不可欠ですし、90を切った後のスコアの伸びに特に影響してくると私は考えます。

上述の2つのポイント、「コックを維持するイメージ」と「クラブを立てる」という点を守れば、理想的なダウンブローに近づくとは思いますが、ダウンブローを達成するためには他にも重要なポイントがあると私は考えます。

この点については、他の記事で取り上げる予定でいます。

まとめ

アイアンのダフリの原因

  • アッパーブロー軌道のスイング
  • クラブが寝て下りてくること

で、ダフリを防止するためのポイントは

  • コックを維持してインパクトを迎えるイメージを持つ
  • ダウンスイングで右脇を締めてクラブを立てる
  • ダウンブローのスイング軌道を達成する

となります。

練習場での練習方法としては、まずはコックを維持したままインパクトを迎えるイメージでスイングできるようになることを優先していくと良いと思います。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】