ドライバーショットのボールを置く位置はどこが正しいですか?と聞くと

「左足かかと線上!!」

とほとんどのゴルファーが答えると思います。

実際、多くのゴルフ教本やゴルフ雑誌記事の中でそのように書かれていますよね。

しかし、ドライバーのスライスに悩んでいる場合、

「左足かかと線上」のボールの位置がスライスを助長させている

可能性があります。

今回の記事では、スライスとなりやすいボールの位置と、スライスを矯正するためのボールの位置についてお話したいと思います。


【スポンサード・リンク】

「ボールは左足かかと線上に置く」というセオリーに囚われない

長年スライサーだった私自身、ドライバーショットのときにボールを置く位置は

左足かかと線上

でした。ゴルフ教本にそのように書いてあったからです。

「ドライバーのボールの位置=左足かかと線上」

という固定観念が定着していて、最近までボールの位置を変えるという考えは全く浮かびませんでした。

しかし、プロのスイングや上級者のスイングを見ていると、必ずしも皆が左足かかと線上にボールを置いているわけではないことに気が付きます。

「正しい」ボールの位置は人によって異なる!

「正しいボールの位置」というのは、画一的に決まっているわけではなく、

その人のスイングによって、良い球が出るボールの位置は異なる

のだと考える方が合理的だと私は考えます。

実際、ボールを両足の真ん中あたりに置いてドライバーを打っていくプロもいますし、逆にウェッジショットでボールを左足寄りに置くプロもいます。

スイングに合わせてボールの位置は柔軟に変えていくことが大切になる

こう考えても良いのではと思います。

ドライバーでボールを左に置くから、フェースが開く!

通常のスライスでも、プッシュスライスでも、スライスの直接的な原因は、インパクト時にフェースが開くこと(オープンフェース)です。

そして、インパクトでオープンフェースになる原因として最も可能性の高いのは、

スイング中にフェースを上手く開閉できない(フェースローテーションが出来ない)

ということです。

スライスに悩むアマチュアゴルファーは、多くの場合、次のような流れでスライスになっています。

  • フェース面がボールを見続けるようにキープしてスイングすることを心がけている(ボディーターンを意識)。
  • 意識的にフェースを返していくイメージがない。
  • 左右対称のスイングを想定すれば、スイングの最下点を過ぎたあたりからフェースは閉じていく。
  • 左にボールを置き過ぎると、そのままではフェースが閉じたインパクトになってしまう!と脳が察知する。
  • フェースを開いて調整しようとする。
  • インパクトでオープンフェースになり、スライスボールが出る。

フェース面の方向を変えずにキープしてスイングをすることを意識すると、このような弊害があります。

この意識を持っていない場合でも、フェースの開閉の意識・イメージが足りないと、同様の結果になります。

ドライバーに限りませんが、

テイクバックでフェースを自然に開いていき、ダウンスイングからフォロースルーにかけてフェースを閉じていく

ということが、良い球(つかまった球、強い球)を打つためには必要不可欠です。

フェースが閉じていく過程の1ポイントにインパクトの瞬間があり、その瞬間にフェース面がターゲット方向に真っ直ぐ向くようなスイングを作っていく。

これが上達への近道です。

逆に、「スイング中にフェース面をキープする」という意識を持つのは、上達へのかなりの遠回りとなると私は考えます(実際に、私はその遠回りをしてきました)。

ボールの位置が左過ぎると、フェースを閉じるイメージを持ちにくい

以上のように、スライスボールを出さないためには

フェースローテーション(開閉)の過程のなかでインパクトを迎える

ようにしていかなければなりません。

しかし、ドライバーショットでボールを左に置き過ぎると、このフェースの開閉のイメージが持ちにくくなります。

ボールを「より左に置く」ということは、スイングの最下点からボールまでの距離が長くなることを意味します。

実際には違いますが、ドライバーショットのスイングを左右対称であると仮定すれば、最下点でフェース面はターゲット方向に真っ直ぐ向き、最下点を過ぎてからはフェースは閉じていきます。

ボールを左に置くということは、フェースが閉じたインパクトになりやすいということを意味すると考えることが出来ます。

スライスを防止するためには、フェースをローテーション(開閉)させて行く中でインパクトを迎える必要があります。

そのためには、ある程度フェースを意識的に返していくことが必要となります。

ボールを左に置き過ぎると、この意識を持つことが難しくなります。

なぜなら、最下点をだいぶ過ぎてからのインパクトとなるので、ただでさえフェースが閉じてコンタクトするイメージが湧くのに、更に意識的にフェースを閉じていくというのは、イメージ的に無理があるからです。


【スポンサード・リンク】




ボールをいつもより右に置いてみましょう!

左にボールを置くことがスライスに繋がる危険性があることは、なんとなく説明できたかと思います。

次に、スライスを防止するためのボールの位置についてです。

結論から言えば、

ボールをいつもより右側に置いてみる

ことが、スライスの矯正に役立つ場合が多いと私は考えます。

その理由は以下のとおりです。

  • フェースをローテーション(開閉)させていくことが、スライス矯正には必要不可欠。
  • ボールを右側に置くことで、「意識的にフェースを返していかないとフェースが開いたインパクトになる!」というイメージが湧きやすい。
  • 実際、フェースを返していくイメージで打たないと、真っ直ぐ飛ばない。

おそらく、スライスが持ち球のゴルファーがボールをいつもより右に置くと、最初のうちは普段よりもスライスが酷くなるはずです。

それは、フェースの開閉が出来ていないからです。

イメージしてみるとお分かり頂けると思いますが、ボールを右に置けば置くほど、インパクトでフェース面をターゲット方向に真っ直ぐ向けるためには、より意識的にフェースを返していく必要があります。

そして、いつもより右側にボールを置いた状態で練習を繰り返せば、真っ直ぐボールを出していくためにはフェースローテーションが必須であることが身体で理解出来るようになるはずです。

つまり、

ボールをいつもより右側に置くことで、フェースローテーションを実現するための身体の動作が身に着けやすくなる。そのことがスライス改善に繋がっていく。

ということです。

ボールはどれくらい右に置けばよい?

ボールをいつもより右側に置くとして、どれくらい右に置けばよいのか?が問題になります。

最初のうちは、思い切ってかなり極端に右側に置くことをオススメします。
例えば、両足の真ん中付近などでもOKです。

これくらいの位置にボールを置くと、フェースローテーションをしないとまともにボールが飛んでいかないですから、フェースローテーションの必要性をより強く感じる事ができるからです。

ちなみに、私は長年悩んだスライスからドローボールに球筋を変える事ができましたが、現在の私のボールの位置は「左脇のあたり」です。
人によってスイングは異なりますので、球の位置も異なります。あくまでもご参考までにしてください。

最初は、思い切って「やりすぎかな!?」と思うくらい右に置いてみるといいと思います。

まとめ

  • スライスに長年悩んでいるゴルファーにとって、「左かかと線上」にボールを置くのはオススメできない。
  • これまでよりも右側に思い切って置いてドライバーショットの練習をする。
  • 右に置いたボールの位置でドライバーの練習を繰り返すことで、フェースローテーションのための動作が身につく。
  • フェースローテーションが乏しいことがスライスの原因(オープンフェースの原因)だから、スライスが改善していく可能性が高い。

スライスの原因、オープンフェースの原因にはいくつか大きなものが考えられますので、ボールの位置だけがその原因ではありません。

しかし、フェースローテーションの必要性を身体で体感し、フェースを開いて閉じていくという身体の動作を身につける意味でも、「ボールをいつもより右側に置く」というのはかなり有効だと思います。

ドライバーにかぎらず、アイアンでもスライサーのボールの位置は左過ぎる傾向にあると私は考えます。

アイアンの場合、両足の真ん中にボールを置いて練習してみてください。最初のうちは、ボールが右過ぎる!と感じると思いますが、フェースを返していく動作が身についていくうちに、違和感はなくなっていくはずです。

実際、ドローボールが持ち球のゴルファーは、かなりの割合でボールを右側に置いています。

ボールの位置は、私がスライスを矯正する中で実際に最も影響が大きかったポイントです。

スライスに悩まれている場合は、物は試しですから、ぜひ練習場で試してみてください。


【スポンサード・リンク】