ゴルフを始めたばかりの方や、100切りをまだ達成していないゴルファーの方は

90切るのって無理ゲーじゃね??

ともしかしたら思われているかもしれません。

結論から言えば、ゴルフスコア90切りって、そこまでハードル高くないです。

今回は、この

「90切りは難しくない!」

という点についてお話してみたいと思います。

90切りを達成したゴルファーのスイングを見てください

ベストスコアが90未満のゴルファーのスイングを見てみてください。

おそらく、

「そんなに上手くない。むしろ、俺とあんまり変わらなくね??」

と思われるはずです。

もちろん人にもよりますが、スイングも綺麗とはいえず、問題点もすぐに分かるようなスイングのはずです(私もです)。

スライス・ヒッカケ・ダフリ・トップ・・・

練習場で見ていれば、その頻度はかなり高めのはず。

 

そう、

100を切れていないゴルファーと90切りのゴルファーの腕前に大差はない

のです。

しかし、スコアは全然違う。それはなぜでしょうか?

理由は2つあります。それは、90切りゴルファーの方が・・・

  • ミスの幅が狭い
  • コースマネジメントができている

からです。


【スポンサード・リンク】

ミスの幅を狭めていきましょう

同じような格好悪いスイングでも、100を叩くゴルファーのミスの幅は大きく、90を切るゴルファーのミスの幅は狭いです。

90を切るゴルファーは、

1発の会心のショットを打つより、ミスの幅を狭める方がスコアになる

ことを知っています。

ゴルフ練習場で、1発の会心の当たりを出すのに躍起になっていないでしょうか?

それよりも、ミスしてもいいから、そのミスの幅を狭めていく練習をしていった方がスコアメイクに繋がりがります。

会心の当たりは、実際のラウンドで1回出るか出ないか?だからです。

 

ゴルフ練習場では、

1発の会心の当たりを求めて闇雲に球を打ち続けるのではなく、各ショットのミスの幅を測定して、その幅(距離)を狭めていく作業をしていく

ことが大事です。

 

90を切るために必要なコースマネジメントは至極簡単。

「90を切る」ということは、ほぼボギーペースでラウンドできれば良いわけです。

基本ボギー。たまにラッキーなパーが出て、ボギーペースから潜る。こんな感じです。

で、ボギーを取るためには、Par4を前提にすれば

3オン、2パット

で上がればいいのですが、これってそんなに難しくありません。

なぜなら、

  • ドライバーのティーショットを見える範囲に飛ばし
  • ミドルアイアンでグリーン近くまで運び(乗らなくてOK)
  • アプローチでグリーンに乗せ(寄らなくてOK)
  • 2パットでホールアウト

すれば良いのですから。

ドライバーのティーショットで、250ヤード真っ直ぐ飛ばす必要はありません。

男性であれば、200ヤード程度、林に入らない程度の曲がり幅に収める。少なくともセカンドショットでグリーン方向を狙える場所に運ぶ。

これって、そこまで難しくなさそうですよね。少なくともカッコイイ・綺麗なスイングは必要ありません。

 

次です。セカンドショットでグリーンに乗せなくてもよいから、グリーン近くまで運ぶ。

例えば、残り150ヤードであれば、グリーンを中心とした半径30ヤードの円内に運べればOK。

もちろん、池やバンカーがある場合は、極力逃げます。ピンとハザードが近い場合は、ピンなど狙いません。

7番アイアンをダフッて120ヤードしか飛ばなくてもOK。大分スライスして20ヤード右に行ってもOK。

その代わり、バンカーや池などのハザードは徹底して逃げる。

このために必要なアイアンショットの精度って?

結構レベル低そうです。

 

次です。グリーン周りまで来ました。ハザードは徹底して逃げましたから、ボールはバンカーではなくラフやフェアウェイにあります。

ここから、

「よーし、OK圏内まで寄せちゃうぞ!」

意気込みません。2パット圏内まで寄ればOK。もっと言えば、グリーンに乗ればOK。

2パット圏内がどれくらいの距離なのか?はパッティングの腕前によりますが、3m以内に寄れば、2パットで上がれそうです。

1m以内に寄せる!と思うと力みますが、半径3mの円内まで運ぼう。と思うと、力みません。

結果、トップやザックリなどのミスも減るはずです。

寄せなくてもOK。グリーンに乗ればOK。の「お気楽アプローチ」をすればよいです。


【スポンサード・リンク】

次です。3オンに成功しました。あとは2パットで上がればボギーGET。

ここからは気合を入れて、ラインや傾斜を読み、素振りで距離感のイメージを出して、パッティングに望みます。

頑張って2パットで上がれればよし、3パットしてしまっても、いつか1パットが出るので凹まないようにします。

 

・・・と、このように、90を切るためのコースマネジメントはそんなにレベルが高くないことが分かると思います。プロやシングルプレーヤーが行っているコースマネジメントに比べたら、至極簡単。

この「コースマネジメント」を行うために必要な技術は

  • 200ヤード程度、見える範囲にドライバーを飛ばす
  • ミドルアイアンでグリーン周りまで運ぶ(乗らなくてOK)
  • アプローチでグリーンに乗せる(寄らなくてOK)
  • 頑張って2パットで上がる

というもの。これって、そこまでハードル高くないと思います。

練習内容も、

1発の250ヤード会心ショットを打つために練習するのではなく、ほぼ確実に見える範囲にドライバーショットを打つ練習をする。

というように、スコアメイクに繋がる練習をしていきます。アイアン、アプローチも同様です。

 

めったに出ないナイスショットを追求するのではなく、

ミスショットを少しずつマシにしていく

 

こういうイメージで練習していくと良いです。

 

まとめ

  • 90切りゴルファーも、100叩きゴルファーもスイングの見た目はほとんど変わらない
  • 違うのはミスの幅
  • ミスの幅を狭める練習をしていく
  • ミスの幅が狭まると、コースマネジメントができる
  • コースマネジメントができると、ボギーが取れる
  • ボギーが狙えるようになれば、90は切れる

90切りって無理ゲーじゃね??

と思われていた場合、「なんだか、イケる気がしてきた!」と感じられたのではないでしょうか。

一度、

スイングは格好悪いのに、スコアは良い。

というゴルファーのラウンドの様子を観察してみると、スコア向上の大きなヒントが得られると思います。


【スポンサード・リンク】