ゴルフ雑誌やレッスン本を読んでいると、クラブとボールのインパクトに関して

「ボールの球離れが良いから曲がりにくい。」

「ボールがフェースに吸い付く打感でコントロールしやすい。」

など、アマチュアゴルファーにはちょっとイメージしづらい表現が出てきますよね。

こういう感じの表現を目にしてきたせいか、今まで私は

  • 硬いボール
    → 弾きが良いから直進性がある。曲がりにくい。
  • 柔らかいボール
    → フェースに接する面積が大きいからコントロールしやすいけど、曲がりやすい(曲げやすい)。

というふうに思っていました。

でも、最近ゴルフボールについてリサーチしている中で、実は全く逆だったことを知りました。

ゴルフボールの硬さ(柔らかさ)とスピン量(バックスピン・サイドスピン)の関係については、勘違いされている方も結構多いのでは?と思いましたので、この記事で取り上げてみます。


【Sponsored Link】



「ボールが柔らかい」には2つの意味がある

ゴルフボールについて「硬い」or「柔らかい」と言うとき、それには2通りの意味が考えられます。

それは、

  • ボール全体が硬い(柔らかい)
  • ボール表面が硬い(柔らかい)

の2つです。

ボール全体(厳密にはコア:核)が柔らかいと、インパクトでボール全体が潰れやすくなります(硬いなら潰れにくい)。

ドライバーショットなど、速いヘッドスピードが出るクラブのインパクトと深く関係してきます。

一方、ボール表面のカバー素材の硬さ(柔らかさ)は、アプローチショットなど、ヘッドスピードがあまり出ないショットで影響が大きくなります。

 

まずは、ボール全体の硬さ・柔らかさ(コンプレッション)とスピン量の関係について見ていきます。

インパクトでボールが潰れるほどスピン量は減る

「ボールがフェースに吸い付くような打感」とか、「弾きが良くしっかりとした硬い打感」など、ボール全体の硬さとインパクトの打感は切っても切れない関係にあります。

ただ、打感やイメージと実際のスピン量には、意外にもかなりのギャップがあるようです。

ありがちな勘違いはこんな感じ

日常的な感覚の延長線上でイメージしますと、

  • インパクトでボールが潰れる。
    → ボールとフェースとの接地面積が大きくなる。
    → & ボールとフェースとの接地時間も長くなる。
    → フェースの向きの影響が大きくなって、スピン量が増える。
    球が曲がりやすい(曲げやすい)。
  • インパクトでボールが潰れない。
    → フェースの向きの影響を受ける前に、ボールが離れてしまう。
    球が曲がりにくい(曲げにくい)。

という感じで、打感とスピン量の関係を想像してしまいます。

実際、このような論理でボールの硬さとスピン量(バックスピン・サイドスピン)の関係を説明している本やサイトもありますし、プロもこんな感じのことを言う場合もあります。

 

しかし、

インパクトでボールが潰れるとスピンは減る

というのが実際だそうです。

その理由について、影響の大きそうなモノを2つご紹介します。

インパクトで起こるリコイル現象がスピンを減らす

上で、「フェースとボールとの接地時間が長くなれば長くなるほどスピンがかかりやすくなる」というイメージ(誤り)をご紹介しましたが、

実際にはこのイメージのようなスピン量にならないのは、インパクト時にボール内部で起こるリコイル現象の影響が大きいと考えられています。

 

リコイル現象には、

  • 既にかかり始めたスピンと逆向きの力がボール内部で生まれる。
  • ボールとフェースが接地している時にのみ生じる。
  • 接地時間がある程度長いときに生じる。

といった性質がありまして、SRIXONボールのメーカーであるダンロップの文書では↓のように説明されています。

シミュレーション技術の成果により、インパクト中にボールのフェース面上の力の方向が逆転して、その力の大小によってスピン量が決まることがわかった。

クラブフェースとボールが接触してから離れるまでに生まれる力の変化を表したグラフでは、わずか1万分の5秒というインパクトの瞬間に、スピンをかける力と戻そうとする力が働いていることが観察された。

引用元:特許庁標準技術集「リコイル現象」

また、このリコイル現象によるスピン量減の効果を得るためには、ボールとフェースの接地時間をうまく調節する必要があって、ボールの硬さ(コンプレッション)によって調整されているそうです↓

余分なスピン量を減らすことを目的として、その逆方向の力をできるだけ大きくするため、インパクトの瞬間、ボールの内部が逆向きにねじれる最適な時間差をおこす働きをする中間層をおいた。

物理的には、縦たわみ方向の一次固有振動数とねじり振動モードの固有振動数の比を一定の範囲におくことによって達成される。

引用元:特許庁標準技術集「スピン量減」

特許庁のサイトで閲覧可能な標準技術集とは、各分野で標準化された技術や開発されたばかりの新技術について特許庁が収集したものです。ここに掲載された技術や情報が全て正しいという保証はないと思われますが、ある程度の信憑性はあるはずです。

このように、

ボールが潰れてフェースに接地している時間が長くなると、リコイル現象によってスピン量は減る

というのが事実であるということです。

ボールとフェースとの接地面積もスピン量に関係する

ここまでは、ボールとフェースの接地時間とスピン量の関係でした。

次は、接地面積の大小とスピン量との関係について見ていきます。

冒頭でも取り上げましたように、ボールとフェースの接地面積が増えて「吸い付く」ような感触のインパクトですと、フェースの向きの影響が大きくなってスピン量が増えそうな気がします。

でも、このイメージも実際の現象とは真逆のようです。

この点については、ブリヂストンのサイトがとても分かりやすく説明していますので、一部引用してご紹介します。

ブリヂストンが運営する情報サイト『BRIDGESTONE GOLFBALL TECHNOLOGY』では、ゴルフボールに関する役立つ知識(やマメ知識)をクイズ形式で勉強できます。

そのクイズの7問目(Q7)の質問が今回の件に関係しています↓

ドライバーショット時、コンプレッションがやわらかいゴルフボールの方が硬いゴルフボールよりもスピンがかかりやすい。(Yes or No ?)

引用元:BRIDGESTONE GOLFBALL TECHNOLOGY Question07

ココまでの流れの通り、正解は「No(スピンはかかりにくい)」なのですが、現時点(2016/09/28)では回答者の62%が不正解になっています(「解答の傾向」で確認できます)。

つまり、かなり多くの方が私のように勘違いしていたということです。

 

さて、この質問の解説では、スピン量減少の原因として、上でご紹介したリコイル現象とは別の仕組みが紹介されています↓

ドライバーショットにおけるスピンは、ボールコンプレッションが硬いほどかかりやすく、やわらかいほどかかりにくくなります。

(中略)

硬いボール
・・・ボールの半径大きい
= 大きなハンドル
= 小さな力で回せる
= 回しやすい
スピンがかかりやすい

やわらかいボール
・・・ボールの半径小さい
= 小さなハンドル
= 回すのに大きな力がいる
= 回しにくい
スピンがかかりにくい

引用元:同上 Question07 解説 頁5/8

この説明文の中の

  • 硬いボール:ボールの半径大きい
  • やわらかいボール:ボールの半径小さい

という部分が謎すぎて30分近く悩んだのですが、かなりシンプルなコトでした。

ここでいう「ボールの半径」とは、 インパクト時に潰れたボールの中心とフェースとの距離のことです。

インパクトでの潰れ具合が小さい硬いボールの方がその距離(半径)は長くなり、潰れ具合が大きいやわらかいボールでは距離が短くなります。

あとは、車のハンドルをイメージしてみれば言っていることが分かると思います。

例えば、同じ重量・大きさの車を動かすとき、直径10cmほどの極端に小さなハンドルと大型バスの大きなハンドル、どちらが回しやすいか?ということです。

当然、大きなハンドルの方が簡単に回せます。

ハンドルだとイメージが湧きにくいのであれば、日曜大工や車の整備などで使うモンキーレンチを想像してみてください。

モンキーレンチとトルクの関係

先端を持つと回転半径が
大きくなって回しやすい

画像のように、取っ手の先端部分を持てば軽い力で回せる(青の矢印)でも、取っ手の根元に近い途中の部分を持ってしまうと回しにくくなってしまいます(赤の矢印)。

これと同じように、ボールの半径(中心とフェースとの距離)が小さくなると、ボールが回りにくくなるということです。

このような現象は物理学的には「トルク」という概念で説明できるのだと思いますが、ココで「トルクが・・・」とか言い出すと、私がエセ理系だということがバレてしまうので話が複雑になるのでやめておきます。

 

以上のように、インパクト時のリコイル現象やトルクの大小などの影響から、ドライバーショットなどインパクトでボール全体が潰れるようなショットでは、

ボールが柔らかい方がスピン量が減る

ということになります。

 

ほとんどのアマチュアゴルファーの場合、ドライバーショットのスピン量が減ることはメリットの方が大きくなります。

  • バックスピン量が抑えられて飛距離が出る。
  • サイドスピン量が抑えられて曲がりにくくなる。

というようなメリットです。

▼ ちなみに ▼

スピン量低減がデメリットになるケース

ドライバーショットのバックスピン量が抑えられても、メリットよりもデメリットの方が大きくなってしまうゴルファーもいます。

例えば、

  • ヘッドスピードが速いハードヒッター
  • ヘッドスピードがかなり遅い女性ゴルファー

は、柔らかいボールでバックスピン量を低減しても、それがショットの結果に結びつかない可能性が高いです。

まず、ハードヒッターが柔らかいボールを使うと、インパクトでボールが潰れすぎて反発力が低下し初速が落ちてしまいます。

この場合、バックスピン量抑制のメリットよりも初速低下のデメリットの方が大きくなってしまい、ドライバーの飛距離はむしろ落ちてしまいます。

ですから、ヘッドスピードの速い男子プロで柔らかいディスタンス系ボールを使う人はいないわけです。

つぎに、ヘッドスピードがかなり遅い女性ゴルファーの場合、ドライバーショットで十分なバックスピン量にならずボールが上がりにくいケースがあります。

このような場合に、バックスピン量が抑えられる柔らかいボールを使ってしまうと、ボールがさらに上がりにくくなって飛距離ロスにつながってしまいます。

私のドライバーのヘッドスピードは47,8m/sくらいですが、私の体感では、これくらいのヘッドスピードだと、まだ柔らかいボールの低スピンのメリットの方が大きくなると思います。

ただ、ディスタンス系・スピン系と一括りにしてしまいがちですが、同じジャンルのボールであっても、その硬さ・柔らかさは結構違うはずです。

色々なボールをテストしてみて、ご自分に最適なボールの柔らかさを探し出してみるのも楽しいかもしれません。

アプローチのスピン量はカバー素材の柔らかさで決まる

次に、アプローチショットのスピン量とボールの柔らかさとの関係について見ていきます。

ドライバーショットとアプローチショットでは、ボールの変形の仕方がかなり違います。

ロフト角の小さいドライバーなどのクラブではボール全体が潰れますが、アプローチショットではボール全体(コア:核)はそこまで変形せず、ボール表面(カバー)の変形の方が大きくなります。

アプローチショットで使うウェッジはロフト角が大きく、またヘッドスピードも出ないためボールが潰れにくいからです。

 

そして、アプローチショットのスピン量の大小は、カバー素材の性質によって変わってきます。

カバーが硬い:スピン小、柔らかい:スピン大

カバー素材が柔らかいほど、アプローチのインパクト時にボール表面とフェースが密着して、摩擦力が大きくなります。

逆にカバー素材が硬いと、摩擦は小さくなります。

そして、摩擦力が大きければスピン量は増え、小さければ減ります。

つまり、カバー素材が硬ければアプローチでスピンはかかりにくく、柔らかければスピンがかかりにくいということです。

ボールカバーの素材は主に2種類

ボールカバーの素材としては主に

  • アイオノマー樹脂
  • ウレタン樹脂

の2種類があります。

 

この2種類のカバー素材について、一般的に言われているのは、

  • アイオノマー樹脂
    ・・・硬くて反発性に優れるが、アプローチのスピンがかかりにくい。打感が硬い(悪い)。
  • ウレタン樹脂
    ・・・アプローチの打感が柔らかく、スピンもかかりやすい。

ということです。

 

アイオノマーカバーはディスタンス系ボールに使われることが多く、プロが使うスピン系ボールのカバー素材はウレタン樹脂が主流となっています。

上で整理しましたように、ドライバーショットのスピンはボール全体が柔らかいほどかかりにくくなるのですが、さらにスピン量を抑えるためには、ボールの外側(表面側)の素材を硬くすることが有効と言われています(参照元はこちら)。

ですから、低スピンで飛距離を追求するディスタンス系ボールのカバー素材には、硬いアイオノマー樹脂が使われることが多いわけです。

 

一方、アプローチショットのバックスピンや、アイアンショットの操作性(サイドスピンのかかりやすさ)を重視する場合には、より柔らかい素材であるウレタン樹脂がカバー素材として使われます。

パワーのある男子プロの場合、ボールのコアを柔らかくしなくてもボール全体が十分に潰れますし、低スピンで打ち出すための技術も備えています。

ですから、ディスタンス系ボールのような性質ではなく、アプローチショットやアイアンショットの操作性を高めるようなボール、つまりスピン系ボールの方が有利になります。

 

このように、一般的には、

  • ディスタンス系ボール
    ・・・ドライバーでは柔らかく、アプローチでは硬い。
  • スピン系ボール
    ・・・アプローチで柔らかい打感でスピンがかかりやすい。

という風に整理できるのだと思います。

【Sponsored Link】



まとめ

以上、ボールの硬さ・柔らかさとスピン量の関係についてでした。

最後に簡潔にまとめますと、

  • ドライバーショット
    ・・・ボール全体が柔らかいほどスピン量が減少する。
  • アプローチショット
    ・・・カバー素材が柔らかいほどスピン量が増加する。

となります。

 

ボール全体を柔らかくするとバックスピン量もサイドスピン量も減りますから、「飛んで曲がらない」ボールになります。

私も含めてほとんどのアマチュアゴルファーは、インパクトで余計な(無駄な)スピンがかかり、飛距離ロスやミスショットに繋がっていると言われています。

ですから、理屈の上では柔らかいディスタンス系ボールの方がスコアに繋がるはずです。

ただ、アプローチショットやアイアンショットではスピンがかかりにくくなりますから、

「セカンドのアイアンをビタッと止めたい」・「アプローチをもっとコントロールしたい」という欲求が出てくる上級者にとっては、スピン系の方が使い勝手が良くなるのだと思います。

 

最近では、

飛んで曲がらないし、アプローチでもスピンがかかる

というような、ディスタンス系・スピン系という枠に収まらないボールも登場してきています。

私の場合、これまでずっと「ゴルフボールなんてどれ使っても一緒でしょ。」という考えでしたが、最近ではその考えを改め、自分に最適なゴルフボールを探そうとしているところです。

各メーカーが様々な工夫を凝らしたボールを開発していますから、色々と試してみるのも楽しいかもしれません。

【Sponsored Link】