自分のアイアンの飛距離をある程度正確に把握することは、コースマネジメントで重要になります。

ピンまでの残り距離が分かっても、自分のアイアンの距離が把握出来ていなければ、

何番アイアンで打っていいか分からーん!!

となってしまうからです。

そして、アイアンの番手ごとの飛距離は、だいたいの目安があります。

この記事では、

アイアンの番手ごとの飛距離の目安

についてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




アイアンの番手ごとの飛距離の目安

平均的な男性ゴルファーの場合、

ヘッドスピードは、40m/s前後

であると言われています。

このヘッドスピードの場合、アイアンの番手ごとの飛距離の目安は以下の通りとなります。

  • 4番アイアン・・・180ヤード
  • 5番アイアン・・・170ヤード
  • 6番アイアン・・・160ヤード
  • 7番アイアン・・・150ヤード
  • 8番アイアン・・・140ヤード
  • 9番アイアン・・・130ヤード
  • ピッチングウェッジ・・・120ヤード

※上記はあくまでも目安です。

よく言われるのは、

7番アイアンで150ヤード

という目安です。

ヘッドスピードが40m/sくらいの場合には、7番アイアンで150ヤードの飛距離が出ていれば、問題ないと考えられます。

しかし、使うアイアンの難しさ・ロフトの設定などによって、きちんと打てていても飛距離が異なることもあります。

例えば、最近のアイアンは飛距離性能を謳うために、ロフトを昔のクラブよりも立てていますから、飛びやすくなっています。

逆に、昔のクラブやプロが使うようなモデルのアイアンは、ロフトが寝ているために飛距離が出にくいです。

ですから、

あくまでも、上記の飛距離は一定の目安として考えればOKです。

ただ、例えば7番アイアンで120ヤードくらいしか飛ばない!という場合には、スイングに問題があるといえます。


【スポンサード・リンク】




問題は、自分の飛距離が把握できているかどうか

よく言われるゴルフの格言に

アイアンの飛距離自慢はしてはならない

というものがあります。

アイアンは、飛ばすための道具ではなくて、「運ぶ」道具

だからです。ドライバーと異なり、いかにピンに近づけるか?が重要になるからです。

そう考えると、重要な事は

飛ぶか飛ばないか?ではなく、自分の飛距離を正確に把握する

ということ。

そして

残り距離を正確に打てるアイアンの技術を身につけること

が重要になります。

 

こう考えると、

アイアンの飛距離自慢は、意味のないこと

であることがお分かり頂けると思います。

まとめ

ここまでの内容をまとめると

  • ヘッドスピードに応じたアイアンの飛距離の目安は存在する
  • 自分の飛距離がそこから大きく乖離している場合には、スイングに問題がある
  • いかに飛距離伸ばすか?ではなく、いかに正確な飛距離を出すか?が重要
  • アイアンの飛距離自慢は、ゴルフが下手な証拠

というふうになります。

確かに、アイアンは飛んだほうが有利です。

しかし、それよりも重要な事は、飛距離の正確性です。

アイアンの縦のバラ付きを小さくすることを考えて、練習を行っていきましょう(自戒)。


【スポンサード・リンク】