ゴルフのショットの約半数はアイアンショットになります。

ですから、初心者、上級者に関わらず、アイアンセットの選び方はとても重要なポイントです。

しかし、これからゴルフを始める初心者さんの場合、

どのアイアンセットを買えばいいか、全く分からーん!!

ということもあるかと思います。

また、

初めて買ったアイアンセットがどのようなものか?で上達のスピードが変わる

ということも事実だと思います。

そこで、今回の記事では

ゴルフ初心者の上達を早める、失敗しないアイアンセットの選び方

についてお話したいと思います。


【スポンサード・リンク】




中古クラブのアイアンセットから選ぼう!

初心者さんが最初のアイアンセットを選ぶ際には、中古クラブから選んだほうが良いです。

なぜなら、同じ水準の予算金額でも豊富な選択肢からアイアンセットが選べるからです。

きちんとしたアイアンセットを新品で買おうとすると、最低でも5万円はかかります。

5万円の予算もあれば、中古クラブの場合、ほぼ選び放題です。

また、予算が少ない場合(2万円など)でも、中古クラブの場合には、充分な選択肢の数があります。

中古クラブでも、アイアンの性能は十分です。

このように、初心者が最初にアイアンセットを買う場合には、中古クラブから選ぶ方がよいです。

自分が振れる範囲で出来る限り重いクラブを選ぼう

アイアンに限らず、最初に揃えるクラブは

スイング作りのためのクラブ

と考えたほうが良いです。アイアンの性能に飛距離や球の高さなどを求めるのは、もう少し上達してからでも遅くはありません。

ですから、最初に買うアイアンセットを選ぶ際には

スイング作りに役に立つアイアンセットか?

という観点がとても重要になります。

では、「スイング作りに役に立つアイアンセットかどうか」はどのように判断すればよいのでしょうか?

それは、

自分に振れる範囲で、最も重いアイアンセットを選ぶ

ということです。

スイング作りの最優先事項は、「手打ち」ではなく身体全体を使ったスイングを身につけるということ。

その意味で、軽いクラブは「手打ち」に繋がってしまいますので、オススメしません。

逆に、自分の振れる範囲で最も重いアイアンを選べば、「手打ち」をすることが難しくなり、自然と身体全体を使ったスイングになります。

このような意味で、最初に選ぶアイアンセットは、「重め」のものを選ぶべきであると考えます。

そのためにも、手間でも試打室が併設されているゴルフショップに行って、実際に自分でアイアンを振ってみて

少し重く感じるけど、十分振れる

と思えるアイアンを選ぶことが大切になります。

ゴルフは、はじめが肝心です。

スイング作りに役に立ち、「重め」のアイアンセットを選ぶようにしましょう。

男性の場合は、スチールシャフトを選ぼう

アイアンのシャフトには、スチールシャフトとカーボンシャフトの2種類があります。

「スチールシャフトのアイアンを振ってみたけど、全然触れない・・・」

という場合以外には、スチールシャフトシャフトを選ぶようにしましょう。

なぜなら、スチールシャフトのアイアンの方が重く、手打ちになりにくいからです。

また、カーボンシャフトでは飛距離のバラ付きがあったりして、上達してくると満足できなくなることが多いです。

私は、カーボンシャフトのアイアンセット(お下がり)でゴルフを始めましたが、スコア100前後で伸び悩む時期がありました。

その時期に、アイアンをスチールシャフトのものに買い替えたのですが、そこから上達のスピードが上がり、一気に90を切ることが出来ました。

私個人の経験ですが、スチールシャフトの方がスイング上達、スコア向上のスピードは早いように感じます。

上級者やプロのほとんどが、スチールシャフトを使用しているという事実は、このことの証拠と言えるかもしれません。

なお、女性の場合は、カーボンシャフトでOKです。

その際には、店員さんにアイアンの重量を質問して、出来る限り重い(振れる範囲で)アイアンセットを選ぶようにしましょう。


【スポンサード・リンク】




ヘッド形状はキャビティバック、大きすぎないものを選ぼう

ドライバーの場合、ヘッド形状はそこまで気にしなくてもOKですが、アイアンの場合には

ヘッド形状にはこだわる

ことが大切です。

ヘッド形状には、大きく分けて

  • マッスルバック
  • キャビティバック
  • 中空

の3種類があります。

まず、マッスルバックは上級者向けですから、避けるべきです。マッスルバックは球が上がりにくく、難しいからです。

初心者が最初に選ぶアイアンセットは、上記3種類のヘッド形状のうち、

キャビティバックがおすすめ

です。

というか、キャビティバック一択、と言ってもよいと思います。

また、初心者向けのアイアンのモデルの中には、

ヘッドが大きすぎる

ものがありますが、これも避けましょう。上達が阻害されますし、上達してくると満足できなくなって、短期間のうちに買い換えるはめになります。

ヘッドが小さすぎるアイアンも避けるべきですが、キャビティバックのアイアンの場合、極端にヘッドが小さいものは少ないので、そこまで気にする必要はありません。

また、実際にアイアンを構えてみて、

  • 構えやすいか・構えにくいか
  • デザインが気に入るか・気に入らないか

というポイントもチェックしましょう。気に入らないデザインや感覚のアイアンを使うことはありませんので。

 

以上、アイアンのヘッド形状についてまとめると、

  • キャビティバックのアイアンを選ぶ
  • ヘッドが大きすぎないものを選ぶ
  • 構えやすい、デザインの気に入ったものを選ぶ

ということになります。

グリップの状態の良いものを選ぼう

中古のアイアンセットを選ぶ際には、

グリップの状態が良いものを選ぶ

ことが重要です。

グリップとは、クラブを手に持つゴム製の部分のことです。

このグリップの状態について、

  • ツルツルして滑りやすくないか?
  • 劣化して、ガサガサになっていないか?

という点をチェックしましょう。

滑ったり、ガサガサしているグリップは劣化していて、スイングに影響してしまいます。

そのアイアンセットを買った場合、きちんと使うためにはグリップ交換をしなければならなくなります。

グリップ交換は、1本につき1,000円~1,500円程度かかってしまいますから、

アイアンセット全体のグリップ交換には、1万円程度の費用がかかる

ことになります。

ですから、中古のアイアンセットを選ぶ際には、

グリップの状態が良好なものを選ぶ

ことが大切になります。

もちろん、グリップ交換費用(1万円程度)をプラスしても「お買い得!」と感じたり、そのアイアンがとても気に入った場合には、グリップ交換を前提にしてそのアイアンセットを購入してもOKです。

 

まとめ

最後に、上達を早める失敗しないアイアンセットの選び方のまとめをしておきます。

  • 中古のクラブから選ぶ。
  • 自分が振れる範囲で出来る限り重いアイアンを選ぶ。
  • 男性の場合は、スチールシャフト。
  • ヘッド形状は、キャビティバックで大きすぎないものを。
  • グリップの状態には気を付ける。

以上のポイントを抑えて、最初のアイアンセットを選べば、

スイング上達・スコア向上で有利に立つことができるはずです。

是非、ご自分の気に入った最適なアイアンセットをGetして、ガンガン上達していきましょう!


【スポンサード・リンク】