ゴルフはマナーが厳しかったり、紳士のスポーツだと言われたりするため、

なんだか難しいスポーツ

だという印象が持たれているかもしれません。

しかし、私達アマチュアゴルファーにとって、ゴルフはあくまでも娯楽です。

娯楽なのですから、楽しまなくてはもったいありません。

そして、ゴルフを楽しむためには、

気持よくゴルフラウンドをするための気配り・心遣い

を行う必要があると、私は考えます。

そこで、この記事では気持よくゴルフラウンドを楽しむためにすべき「気配り」について、3つのポイントをピックアップしてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




1. 「ゴルフのマナーをしっかりと守る」という気配り

ゴルフのマナーが厳しいのは、

他のプレーヤーに対する気配り・心遣いが重視されている

からです。

例えば、

「同伴プレーヤーがプレー中には、真後ろに立たない」
とか
「同伴プレーヤーがアドレスに入ったら、会話は控える」

というマナーは、「他のプレーヤーがプレーに集中できるように」という気配りの現れです。

このように、ゴルフの一見厳しく思えるマナーは、

他のプレーヤーが気持よくプレー出来るようにするためにある

といえます。

つまり、ゴルフのマナーをしっかりと守るということは、そのまま他のプレーヤーに対する「気配り」「心遣い」となります。

ですから、ゴルフラウンドでは、ゴルフのマナーをしっかりとを守ることが必要です。

ゴルフの最低限のマナーについては、

「ゴルフ初心者必読!初ラウンドで気を付けるべき9つのマナー」

の記事で詳しく取り上げていますので、よろしければご覧ください。

2. 「明るく元気にハキハキ・キビキビとプレーする」という気配り

特にゴルフ初心者のうちは、ボールを上手くコントロールすることが出来ずに、ゴルフコースのアチラコチラを行ったり来たりすることが普通です。

そのため、

「もうダメだ・・・。」
とか
「もう!イライラする!」

と、暗い気分や表情・態度になってしまったり、イライラが表に出てしまったりすることがあります。

しかし、暗い表情をしてムッスリとしたゴルファーと一緒にラウンドしたい!というプレーヤーはいません。

ゴルフの内容・調子やスコアが悪くても、

明るく元気にハキハキ・キビキビと

プレーすることが大事になります。このことも、重要な「気配り」「心遣い」です。


【スポンサード・リンク】




3. 「『ナイスショット!』『ありがとうございます!』の声掛け」という気配り

ラウンド中は、他のプレーヤーの良いショットやパッティングに対して、

ナイスショットです!
とか
ナイスパット(ナイスタッチ)です!

などのような、同伴を褒めたり勢いづけたりする掛け声をしましょう。

これも、重要な気配り・心遣いです。

また、自分に対して他のプレーヤーが「ナイスショット!」と声をかけてくれたら、

ありがとうございます!

としっかりとお礼を言うようにします。

このような声掛けとお礼が積み重なることで、お互いに気持よくゴルフラウンドが出来るわけです。

 

まとめ

ゴルフで気持よくラウンドするために重要なこと、最後にまとめておきたいと思います。

  • ゴルフのマナーを抑えて、しっかりと守る
  • ゴルフのプレーは、常に明るく元気にハキハキ・キビキビと。
  • ナイスショット!やありがとうございます!を徹底する

この3点を抑えておけば、あなたは立派な優良ゴルファー。

もう一度あの人とゴルフラウンドしたい!

みんなが思ってくれるようになります。

気配り・心遣いを徹底して、楽しく・気持ちよくゴルフをしましょう。


【スポンサード・リンク】