明日がゴルフコースデビュー!緊張するし、少し不安・・・。

というか、初ラウンドだから必要な持ち物が分からない!

というゴルフ初心者の方も多いはず。

そこで、この記事では

ゴルフラウンドで必要となる持ち物リスト・一覧

について整理してみたいと思います。

では、さっそくいきます。


【スポンサード・リンク】




ゴルフラウンドで必要となる持ち物一覧

以下、ゴルフのラウンドで必要となる持ち物・グッズについて、箇条書きで説明していきたいと思います。

ゴルフクラブセット

これは当たり前ですが、貸しクラブを使わないかぎり、自分のクラブを持っていく必要があります。

車でゴルフ場に行く場合、「キャディバッグ積み忘れた!」という笑えないエピソードも結構あります。

キャディバッグを車に積むのを忘れないようにしましょう。

また、ゴルフクラブのなかでも、パターは忘れることが多いクラブです。前日の夜に、パターマットで入念に練習したあとは、忘れずにキャディバッグのなかにパターを入れましょう。

ゴルフクラブの本数の上限は14本

ゴルフのルールに厳密に従うと、ラウンドで使えるクラブの本数の上限は14本と規定されています。

遊びのゴルフラウンドなら14本を超えても問題ありませんが、競技ゴルフやオープンコンペなどに参加する場合には、ゴルフクラブの本数が14本を超えないように気をつけましょう。

キャディバッグ

キャディバッグには、ご自分の名前が入ったネームプレートを付けておきましょう。

このネームプレートを元に、ゴルフ場の係の方があなたのキャディバッグを指定されたカートに積み込んでくれます。

ネームプレートが無いと、係の方はどれがあなたのキャディバッグか?分からず、カートに積むことが出来ません。

ネームプレートは、キャディバッグを購入する際に作ってもらえる他、ゴルフショップで1,000円~2,000円で作れます。

ネームプレートを用意する時間がない場合には、とりあえずは手書きの紙でもOKですから、ネームプレート代わりにキャディバッグにくっつけておきましょう。

ゴルフボール

上級者やプロでも、OBやウォーターハザードにボールを打ち込んで、ボールをなくすものです。

初心者のアマチュアゴルファーであれば、1ラウンドでいっぱいボールを無くすことを想定しましょう。

ゴルフボールは15個以上あると安心です。

ロストボールなら安く買えますから、初心者のうちは、常にキャディバッグの中に大量のボールを入れておきましょう。

ラウンド中に、

ボールが無くなった!

ということがないようにしましょう。

プレー中、ポケットには2,3個のボールを入れておこう

ラウンドプレー中には、常にポケットのなかに2,3個のボールを入れておくようにしましょう。

予備のボールを持ち歩いていないと、例えばセカンドショット以降でOBやウォーターハザードに打ち込んだ場合、ボールを取りにカートまで戻らなくてはいけなくなり、スロープレーの原因となってしまうからです。

ティー(長・短)

ティー(ティーペグ)とは、ティーショットの時にゴルフボールを乗せる細長い棒状のものです(分かりますよね)。

ドライバーショット用の長めのものと、アイアンショット用(Par3用)の短めのもの2種類のティーを用意しておきましょう。

ティーは、木製の一番安いやつで十分ですから、事前に買っておきましょう。

買い忘れた場合には、朝、ゴルフ場のクラブハウス内の売店で購入しておきます。

ラウンドが開始して、

「すみません、ティーが無いです・・・。」

と言い出すのは、ひんしゅくを買います(苦笑

ゴルフボールと同様、ティーも常にポケットのなかに数本入れておくようにします。

ボールマーカー

ボールマーカーとは、グリーン上のボールを拾い上げる際にマークするための、コイン状のアイテムです。

ゴルフ場のマスター室の前に、無料でプラスチック製のマーカーがありますので、初心者のうちはそれを使ってもOKです。

しかし、自分独自の見やすいマーカーを用意しておくと、プレーが円滑になります。

キャップ(帽子)にマグネットで付けるタイプのゴルフマーカーが、いちいちポケットの中からマーカーを探しださなくてすむので便利です。だいたい、500円~1,000円で買えます。

グローブ(2,3枚)

ゴルフグローブは、ラウンドに必須です。

雨の日や猛暑の日などのラウンドでは、グローブがすぐに濡れてしまってグリップ力が落ちてしまいますので、

替えのグローブも2,3枚用意しておくと安心です。

また、グローブをパッティングの際に外す場合、ラウンド中にグローブを落としてしまう危険性もあります。

このようなことも考えると、最低2枚はグローブを用意しておくことが必要です。

グリーンフォーク

グリーンフォークとは、グリーン面につけてしまったピッチマークを直すのに必要となります。

ピッチマークとは、ボールがグリーンにオンした際に生じたグリーン面の「凹み」のことです。

ピッチマークは、グリーンフォークと呼ばれるフォーク状のアイテムで直します。

自分が付けてしまったピッチマークを直すことは必須マナーですから、プレー中はポケットにグリーンフォークを入れおきましょう。

グリーンフォークは、大抵の場合、マスター室前に無料でプラスチック製のものが置かれていますから、それを利用すればOKです。

ただし、最近のゴルフ場ではグリーンフォークが置かれていない場合もありますから、ご自分のグリーンフォークを準備しておくと良いです。

グリーンフォークは数百円で買えますし、無料配布しているゴルフ場のものを持ち帰って、それを他のゴルフ場でも利用するかたちでもOKです。

ゴルフシューズ

ほとんどのゴルフ場では、ソフトスパイクのゴルフシューズの着用が義務付けられていて、スニーカー等はNGな場合が多いです。

ゴルフシューズは忘れずに持っていくようにしましょう。

ちなみに、ゴルフシューズはキャディバッグの中に入れておくのではなくて、ボストンバッグの中に入れておきましょう。

キャディバッグは朝ゴルフ場に着いた直後に、係の方がカートの方へ持って行ってしまいますから、キャディバッグの中にゴルフシューズを入れておくと、ロッカー(更衣室)内でゴルフシューズに履き替えることが出来なくなります。

ソフトスパイクとメタルスパイク

ソフトスパイクって何?という場合もあると思いますので、念のためご説明します。

昔のゴルファーは、皆「メタルスパイク」という金属製のスパイクの付いたゴルフシューズを履いてしました。
しかし、現在ではメタルスパイクの着用を禁止しているゴルフ場がほとんどです(グリーン面を痛めやすいため)。
ですから、ゴルフショップで販売されているゴルフシューズも、ソフトスパイクのみであることが通常です。

ですから、そこまで気にする必要はありません。普通に売られているゴルフシューズなら、問題ありません。

ゴルフウェア

ゴルフウェアも、ゴルフラウンドには必須です。

服装マナー(ドレスコード)を守ったゴルフウェアを用意しておきましょう。

朝にロッカーで着替えてもよいですし、出かける前に既にゴルフウェアを着て行ってもOKです。

ゴルフウェアの服装マナーについては、

「ゴルフ初心者が初ラウンドで気を付けるべき服装のマナー」

の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

ジャケット

ゴルフ場のクラブハウス内では、ジャケットを着用するのがマナーです。

最近では、ジャケットを着用せずにゴルフ場に入るゴルファーも多くなっていますが、

名門コースや高級コースでは「ジャケット着用必須」のコースが多くあります。

ジャケット着用は、ゴルフ場や他のプレーヤーに対する敬意を示すものです。

恥をかくことを防ぐために、ゴルフ場のクラブハウス内ではジャケットは着用しておきましょう。

カジュアル過ぎなければ、どのようなでもOKです。

帽子(キャップ)

プレー中に帽子をかぶることは、マナーでもあり、安全面でも必要となります。

日差しを避けて、視界を確保することにもなりますから、ラウンド中は帽子(キャップ)をかぶるようにしましょう。

ただし、クラブハウス内やレストラン内では帽子をかぶることはマナー的にNGです。

レストランの入り口付近にある「帽子掛け」に帽子をかけて、帽子を脱いで昼食をとりましょう。

着替え

ゴルフラウンドに着替えは必須です。

プレー終了後に、お風呂に入って、着替えるからです。

着替えとしては、

  • 下着一式
  • 靴下
  • 替えのゴルフウェア(雨の日、夏場)

が必要となります。

夏場は特に汗を大量にかきますから、お昼の昼食の前後でポロシャツを着替えると、午後に気持よくプレーが出来るため、おすすめです。

タオル

プレー中に、汗をかいたり雨に濡れた際のために、フェイスタオルを1枚準備しておきましょう。

ゴルフクラブやボールを拭くためのタオルは、カートに事前に用意されていますから、ご自分で用意する必要はありません。

また、お風呂の際のバスタオル・フェイスタオルは、お風呂で無料で貸出しされていますから、持っていく必要はありません。

レインウェア

雨の日のゴルフ、雨が降る予報の日のゴルフラウンドには、ゴルフ用のレインウェアが必須です。

普通の雨ガッパでは、まともにスイングは出来ませんので、必ずゴルフ用のレインウェアを用意します。

安くてもよいので、事前に用意しておきましょう。

夏場は多少雨に濡れても問題ありませんが、冬場の雨の日にレインウェアが無いと地獄です(極寒)。

ゴルフ専用のレインウェアは、初心者のうちから必ず用意しておきたいアイテムです。

飲み物(スポーツドリンク)

ラウンド中の水分補給のために、スポーツドリンク等の飲み物をカートに積んでおくようにします。

ゴルフ場でも飲み物は自動販売機で販売されていますが、めっちゃ高いです。

500mlのスポーツドリンクが200円とか250円とかします。

夏場は、何本もスポーツドリンクを飲むことになりますから、金額的にバカになりません。

ゴルフ場に行く途中のコンビニで、事前にスポーツドリンクを買っておきましょう。

たまに、「飲食料持ち込みご遠慮ください」といった張り紙のあるゴルフ場もありますから、その場合にはこっそりと持ち込みましょう。

スポーツドリンクの持ち込みで注意された経験は、管理人の場合、一切ありません。


【スポンサード・リンク】




ホッカイロ

冬場のゴルフでは、ホッカイロがあると助かります。

寒くて、手がかじかむことは、ゴルフプレーにモロに影響してしまいます。

ホッカイロで体全体を温めることはできませんが、手を冷やさないようにすることは可能です。

気の利いたゴルフ場ですと、ホッカイロを無料配布していることもありますが、自分でも準備しておくとよいです。

小銭

ゴルフ場のコース内には、茶店があることがほとんどです。

茶店では、基本的にはサインで飲み物や食べ物を購入することができますから、小銭は要らない事が多いです。

しかし、最近のゴルフ場では経費削減のためか、茶店がなく自動販売機しかないこともあります。

その場合には、飲み物を買うためには小銭が必要となります。

ゴルフ場についたら、フロントやマスター室の方に、茶店の有無と小銭が必要かどうかを事前に確認しておくと安心です。

日焼け止めクリーム

夏場のゴルフでは日差しが強いので、確実に日焼けをします。

日焼けをしたくない場合には、日焼け止めクリームを持参し、プレー前や昼食時に塗っておきましょう。

日焼けを気にしない場合でも、日焼けは体力を消耗しますから、プレーやスコアのことを考えると日焼け止めクリームを塗っておくことをおすすめします。

虫除けスプレー

夏場のゴルフ場には、かなり虫がいます。

蚊やブヨに刺されると、集中力が落ちて、プレーに支障をきたします。

虫除けスプレーを持参しておくと、刺されずに済みますので安心です。

女性の場合には、虫刺されで肌が荒れることを予防するため、必ず持参しておくとよいです。

 

以上、ゴルフラウンドに必要な持ち物のリストでした。

こうやって文章にすると長くなって、必要な持ち物が大量にある感じがして

準備が大変!

と思われるかもしれませんが、慣れたら一瞬で準備できます(5分程度)。

ですが、慣れないうちは、チェックリスト等を利用してもれなく準備することをおすすめします。

以下、ゴルフラウンドに必要な持ち物のチェックリストです。よかったら活用してください。

  • ゴルフクラブ(キャディバッグ)※パターを忘れがち!
  • ゴルフボール(15個以上あると安心)
  • ティー(長・短)
  • ボールマーカー
  • グローブ(2枚以上)
  • グリーンフォーク(あれば)
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフウェア
  • ジャケット
  • 帽子(キャップ)
  • 着替え(下着、ゴルフウェア)
  • タオル
  • レインウェア
  • 飲み物(スポーツドリンク)
  • ホッカイロ
  • 小銭
  • 日焼け止めクリーム
  • 虫除けスプレー

では、しっかりと持ち物を準備して、ラウンド楽しんできてください!


【スポンサード・リンク】