飛距離が出ず大きく右に曲がるスライス。

毎回のショットがスライスだと、なんだか嫌になってしまいます。

そこで、今回の記事では、スライスの直接的な原因である

オープンフェース(フェースの開き)

の直し方についてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




フェースの向きをキープして・・・はNG。

一昔前に流行ったレッスン内容として、

  • スイング中、フェースの向きを変えずにキープする
  • フェースを返す意識を持たずにボディーターンを意識する

というものがあります。

私がゴルフを始めた10年前あたりが、おそらくこの理論の全盛期だったのだと思います。

私もこの理論にもとづき、ゴルフスイングを作っていきました。

フェースを返さず、クラブを常に身体の正面にキープして、ボディーターンで打っていく

これが出来れば、正確性・再現性の高いスイングとなる。

こう信じ、練習しまくっていました。

結果は、見事のスライスゴルファーの出来上がり。

 

「フェースの向きをキープする」

「フェースを返す意識を持たない」

は、アマチュアゴルファーにとって大敵。私はこう考えます。

ボディーターンを意識するのは、「球をさばける」ようになってから

では、「フェースの向きをキープする」「フェースを返す意識ではなくボディーターンで打っていく意識を持つ」というアドバイスはなのでしょうか?

もちろん、レッスンプロが言うのですから「嘘」ではありません。

しかし、このようなアドバイスが有効なのは、限られたゴルファーに対してのみです。

その「限られたゴルファー」とは、プロや長年ゴルフをやっている上級者です。

彼らは、何万球・何十万球とゴルフボールを打つ中で、

自然とフェースを返す

ことができています。フェースを返すのが当たり前。自然とフェースローテーションが達成されているわけです。「球を捌(さば)く」と言われることもあります。

このようなゴルファーの場合、フェースを返す意識を持つよりも、ボディーターンを意識した方がショットの正確性が増し、結果もよくなります。

過剰なフェースローテーションを抑えることで、ショットの精度が良くなる、ということです。

このように、「フェースを返さずボディーターンで打つ」意識を持つと結果が良くなるのは、

フェースを返すスイングが出来上がっていて、球をきちんと「捌ける」ゴルファーのみ。

ということです。

 

野球を例にとって、例え話をしてみます。

フェース面を返さずにボディーターンで打っていきましょう!

と初心者に教えるのは、野球で言えば

センター方向へのピッチャー返し(トスバッティング)もままらない野球初心者に、

「右打ちを徹底しろ!!」

と言うようなものです。野球経験者であれば分かるかと思いますが、「無茶な話」ですよね。

ゴルフ初心者に「フェースを返さずボディーターンで打て!」というのも、同様に「無茶な話」なのです。


【スポンサード・リンク】




我々が「フェースの向きをキープ」するとどうなるか?

「フェースの向きをキープする」「フェースがボールを見続けるようにする」

こういったアドバイスを、我々アマチュアゴルファーが実践するとどうなるのか。

次に、この点について見ていきます。

まず、プロや上級者のスイングについてですが、彼らはバックスイングで徐々にフェースを開いていき、ダウンスイングでフェースを再び閉じていきます。

これが、理想的なスイングです。

一方、「フェースの向きをキープ」したままだと、バックスイングでフェースは開いていきませんので、いわゆる「シャットフェース(フェースが閉じた状態)」のトップとなります。

そこからフェースの向きをキープしてインパクトまで降ろしてこれればよいのですが、我々アマチュアゴルファーの場合、そう簡単にはいきません。

シャットフェースのトップの感覚は、「フェースが閉じている(被っている)」のですから、脳は

フェースを開かなくちゃ!

と思ってしまいます。

結果、インパクトでフェースは開く。オープンフェースの出来上がりです。

さらに、経験的に「スライスが出やすい」と分かっていると、意識的にインパクトで無理にフェースを返そうとすることもあります。

シャットフェースのトップからフェースを返していくのですから、フェースが被ったインパクトとなり、左に出て左に曲がる「ヒッカケ」が出るわけです。

スライサーなら誰しも経験があると思いますが、

スライスでもOKな場面に限ってスライスせず、左に曲がっていく・・・

という現象が起こります(左に池やOBがあるケースなど)。

 

以上のように、

フェース面の向きをキープしてスイングする、フェースを返さずボディーターンで打つイメージ

というのは、オープンフェースのインパクトの大きな原因になっているわけです。

バックスイングでフェースを開き、ダウンスイングで閉じていく

では、オープンフェースのインパクトとならないためには、どうすればよいのでしょうか。

答えは、

バックスイングでフェースを開き、ダウンスイングで閉じていく

これだけです。

これまでフェースの向きを変えずにバックスイングしていた場合、フェースを開いていくバックスイングはものすごく怖いと思います。

さらに、このスイングの練習を開始したばかりの時点では、ダウンスイングで上手くフェースが返らず、オープンフェースのインパクトのままだと思います。というか、オープンフェースがもっと酷くなります。

しかし、「フェースを開いて閉じていく」スイングの練習を重ねるうちに、徐々に

フェースを返す感覚

が掴めてきます。

この感覚を掴むと、飛距離が出ず大きく右に曲がるスライスの球筋ではなく、捕まったスライス(フェード)となってきます。

プッシュアウトのスライスが出ていた場合には、理想的なドローボールに近づいているはずです。

問題は、

フェースを返す感覚を掴むにはどうしたらよいのか?

ですが、人それぞれ感覚が違うのでなんとも・・・

と言っては、このブログの意味がなくなりますので、別の記事で紹介していきます。

 

まとめ

  • スライスの原因はオープンフェース
  • オープンフェースの大きな原因の1つは、「フェースの向きをキープする意識」と「ボディーターンで打つ意識」
  • ボディーターンを意識するのは、フェースが返せる(球を捌ける)ようになってから
  • バックスイングでフェースを開き、ダウンスイングで閉じていく練習をする

オープンフェースのインパクトが直ると、球筋が劇的に変わります(飛距離、正確性ともに)。

バックスイングでフェースを開いていくのは最初は怖いかもしれませんが、練習場でいっぱい練習すれば慣れます。ぜひ、試してみてください。


【スポンサード・リンク】