アマチュアゴルファーの大半はスライスが持ち球と言われています。

そして、そのスライスの原因はインパクト時のオープンフェースアウトサイドイン軌道である、とゴルフ教本やゴルフ雑誌には書かれています。

そして、

スライスを撲滅するには、アウトサイドイン軌道を修正しよう!

と指導されることが多いかと思います。

しかし、アウトサイドイン軌道って本当に悪者なのでしょうか?

今回の記事では、この点についてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




アウトサイドイン軌道はスライスの直接的な原因ではない!

我々アマチュアゴルファーは、なぜスライスに「悩む」のでしょうか。

それは、

  • 右への曲がり幅が大きくて、スコアにならない。
  • 飛距離ロスが大きく、飛ばない。

この2つの理由ですよね。スライスでは、ターゲットにボールを上手く運べないし、飛ばない。だから悩む。

ここで、右に曲がる球でも「きちんと飛距離が出て、ターゲットラインに着弾する」としたらどうでしょうか。

きっと、不満は無いはずです。このような球をフェードといいますよね。

※スライスとフェードの違いについては

『スライスとフェードの違いって何だ?』

の記事で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

そして、スライスもフェードもスイング軌道がアウトサイドイン軌道であることは共通しています。

スライスが出るスイングとフェードが出るスイングの違いは、

  • アウトサイドイン軌道の度合い
  • インパクトでフェースが開いているか否か

の2点です。

これらのうち、球筋への影響がより大きいのは「インパクト時のオープンフェース」です。

つまり、スライスの直接的な原因はアウトサイドイン軌道ではなく、インパクト時のオープンフェースと言えるわけです。

この点については、

『スライスの原因はアウトサイドイン軌道か?オープンフェースか?』

の記事で詳しくお話していますので、ご参考にしてください。

優先して直すべきは、インパクト時のオープンフェース!

持ち球であるスライスが、「飛距離もソコソコ出て曲がり幅の少ない」フェードになれば、不満はなくなりスコアも向上するわけですから、

「右に曲がる球筋」を「左に曲がる球筋」に無理に直す必要はない

のでは?と私は考えます。

ですから、スイングや球筋のカッコよさではなく「スコア向上」を優先することを考えたら、

アウトサイドイン軌道を修正・矯正するのではなく、オープンフェースを徹底的に改善してくのが「吉」

だと思うのです。

実際、私も90を切った後にスコアが伸び悩んだ時期に、インサイドアウト軌道でのドローボールを目指すのではなく

スライス → フェード

へのレベルアップを図る練習に取り組みました。

その結果、右に曲がる球筋一本で70台を出すことが出来ましたし、一時的にシングルプレーヤーになることもできました。


【スポンサード・リンク】




フェードを打つためには、フェースを返していく!

上級者やプロがフェードを打ったり、「ライン出し」の球を打つ場合、

「フェースローテーションを抑えて打つ」

という表現をされることが多いです。

私達アマチュアゴルファーは、このような表現に惑わされ、

  • フェードを打つには、フェースローテーションを抑えなくちゃいけないんだ!
  • フェードは、フェースを返さずに打つんだな。

と思ってしまいます。実際、私も長年このように思っていました。

しかし、上級者やプロのフェードを打つスイングを見てみると、

めっちゃフェースが返っている

ことに気づきます。

打っている本人達は「フェースを返さない意識」を持ってスイングしていると思われますが、あくまでもそれは「意識」であって、フェードを打つショットでも実際にはフェースローテーションはきちんと行われているわけです。

私達アマチュアゴルファーは、フェースローテーション・フェースの開閉をする中でボールを捉えることがきちんと出来ていないため、オープンフェースになってしまいます。

フェードでも、フェースを開閉し、フェースローテーションの最中にボールとのインパクトを迎える。

フェースローテーション(フェースの開閉)の有無。

これが、スライスとフェードを分ける大きなポイントです。

 

もちろん、極端なアウトサイドイン軌道は、サイドスピン量が過多になり、曲がり幅が大きく飛距離も極端に出なくなりますので、オススメしません。

極端なアウトサイドイン軌道はその「度合い」を修正していく必要があります。

しかし、アウトサイドイン軌道を無理にインサイドアウト軌道に直してドローボールを修得していく、という抜本的なスイング改造は、スコア向上を考えたときにあまり有効とは思えません。

それよりも、

インパクトでのオープンフェースを直すために、フェースローテーション(フェースの開閉)をきちんと行えるようにする

ことが大切です。

まとめ

  • スコア向上を優先的に考える場合には、スライスをドローボールに変えるのではなく、スライスをフェードに変えていくのが吉。
  • フェードボールとスライスの違いは、インパクトでオープンフェースとなっているかどうか。
  • インパクトでオープンフェースとならないためには、フェースを返していく意識を持ち、フェースローテーションの中でインパクトを迎えるようにする。
  • 過度なアウトサイドイン軌道は弊害が大きいのでNGだが、アウトサイドイン軌道自体は問題なし。

「アウトサイドイン軌道=悪」という常識・通説が主流となっていますが、私はそうは思いません。

スコア向上を重視した場合には、アウトサイドイン軌道を無理に直すのではなく、フェースローテーションを上手く行って持ち球をスライスからフェードに近づけていく練習をしていった方が良いと考えます。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】