スライスに悩まれている場合、

アウトサイドイン軌道を修正・矯正しなくちゃ!

という課題にぶち当たることと思います。

スコア向上を最優先に考えた場合、アウトサイドイン軌道を無理に矯正してドローボール修得を目指すのではなく、スライスの程度を抑えた「曲がり幅の小さく飛距離の出るスライス(=フェード)」を目指した方が効率が良いのですが、

そうは言っても、

ドローボールやストレートボールが打ちたいの!

という願望は捨てきれないものです。

そこで、今回の記事では

アウトサイドイン軌道の直し方、修正・矯正方法

についてお話していきたいと思います。

※「アウトサイドイン軌道は無理に直さなくてもOK」という点については、『アウトサイドイン軌道は無理に直さなくてもよい?』の記事でお話していますので、よろしければご参照ください。


【スポンサード・リンク】

インサイドからクラブを下ろせばよい。

アウトサイドイン軌道を修正する方法は、言葉で表せば一言で済みます。

「インサイドからクラブを下ろせばOK。」

たったこれだけ。しかし、まさに「言うは易く行うは難し」で、これを実現するのがかなり難しいのです。

ここから、インサイドからクラブを下ろすためのポイントと練習方法について見ていきます。

まずは、テイクバックでインサイドにクラブを引くこと。

インサイドイン軌道、インサイドアウト軌道にするためには、

インサイドからクラブがおりてくれば良いわけですから、理論上、テイクバックはアウトサイド・インサイドのどちらに上げても良いことになります。

実際、PGAツアーで活躍するジム・ヒューリック選手や日本の池田勇太選手などは、テイクバックでかなりアウトサイドに上げていくスイングだと思います。

ヒューリック選手などは、ループ軌道とも言われるスイング軌道で、かなり特徴的なスイングといえます。

このようなスイングでも、インサイドからクラブを下ろしてくる事ができれば全く問題はありません。

しかし、アウトサイドに上げたクラブをインサイドに下ろしてくるというのは、「余計な動作」が必要となることは間違いありません。

練習機会の乏しい我々アマチュアゴルファーには、そんな「余計な動作」をする余裕は無いはずです。

ですから、インサイドからクラブを下ろすための第一条件は「テイクバックでクラブをインサイドに引くこと」だと言えます。

インサイドにクラブを引くためのドリル・練習方法

アウトサイドイン軌道が定着したゴルファーが、テイクバックでクラブをインサイドに引くためには、かなり意識を変える必要があります。

そのため、極端にインサイドに引く練習をドリルとして行うのが有効です。

スイングを改造する際には、「極端に行う(Over do)」ことが必要と言われていて、インサイドに引く練習も同様に考えて、かなり極端にインサイドに引いていきます。

アドレスしたら、クラブヘッドを右足に近づけていくイメージで直線的に体の方に引っ張っていきます。

その際には、手だけで動かしていくイメージでも問題ありません。とにかく極端にインサイドに引いていくことを最優先します。かっこ悪くても気にしません。

「やり過ぎかな??」

と思うくらいインサイドに引くのがポイントです。

これを全てのショットで繰り返していきます。最初は違和感しかありませんが、ドリルを繰り返すことによってインサイドに引くことに違和感が無くなってくるはずです。

インサイドからクラブを下ろすために、トップで視線を手元に移し、ワンテンポ置く。

インサイドに引くことが出来るようになったら、次は「インサイドから下ろす」ためのドリル・練習方法に移ります(同時並行でもOKです)。

ポイントは3つあります。

  • 肩口からクラブを下ろすイメージを持つこと。
  • トップで視線を手元に移すこと。
  • トップでワンテンポ置くこと。

の3つです。

肩口からクラブを下ろすってどういうこと?

インサイドからクラブを下ろすためには、肩口からクラブをおろしていくイメージを持つと良いです。

他にも「右肘を右脇に引き付けていく」といった表現をすることもありますが、とにかくクラブがインサイドから下りてくる結果が得られれば、イメージは何でもOKです。

具体的には、トップの位置から右肩よりも外側からクラブが下りてきてはNG。それではアウトサイドイン軌道になってまいます。右肩の内側からクラブが下りてくるようにします。

トップで視線を手元に移すことで切り返しに意識を集中させる

「右肩の内側からクラブが下りてくるようにしてください」と言われても、なかなか難しいと思います。

インサイドに引いたクラブをそのままインサイドから引き下ろせばよいのですが、そのためには意識を強烈に手元・シャフトに集中させる必要があります。

ポイントは、「意識をクラブを下ろす方向に集中させる」という点です。

そして、意識を集中させて、肩口からクラブを下ろすことを徹底するために有効なドリルが、

トップで視線を手元に移す

というものです。

トップで視線を手元に移すことで、意識がトップ(手元)に行きます。

手元に意識を強烈に向けることで、「クラブを肩口から下ろしていく」という命令が身体に届きやすくなるはずです。


【スポンサード・リンク】

トップでワンテンポ置くことで、手打ちを防ぐ

アウトサイドからクラブが下りてきてしまう原因の1つに、「手でクラブを振り下ろす」といういわゆる「手打ち」があります。

そして、この「手打ち」となる大きな原因は、切り返しが手元始動で始まってしまうこと。

これを防ぐためには、2つのポイントがあります。

  • トップでワンテンポ置く。
  • シャフトを「綱」だと思い、引っ張るイメージを持つ

というものです。

トップで一瞬止まる(ワンテンポ置く)ことで、手元の動きが先行することを防ぐことが出来ます。イメージとしては、藤田寛之プロのような感じでトップでワンテンポ置きます(あくまでもイメージ)。

さらに、手元で小細工しないようにシャフトを綱引きの「綱」だと想定して、その「綱」を引いていくイメージを持つと良いです。

綱を引くときに、手元をブンブンと動かすことはしないはずです。綱を引くときには手元は動かさず、一定方向に力が入れられるようにするはずです。

このような「綱」を引くイメージを持つことで、手元が無駄に動いて手打ちになることを防ぐことが出来ます。

そして、結果的にアウトサイドからクラブが下りてくることを防ぐ効果が期待出来ます。

 

まとめ

  • アウトサイドイン軌道を修正するためには、インサイドからクラブを下ろせるようになること。
  • インサイドからクラブを下ろすために、まずは極端にインサイドに引くドリルを繰り返す。
  • 切り返しでは肩口からクラブ(シャフト)が下りてくるようにする。
  • そのためには、手打ちとならないようにトップでワンテンポ置き、綱を引くイメージでダウンスイングする。
  • トップで視線を手元に移すドリルも、意識を集中させるのに有効。

以上、アウトサイドイン軌道を修正するためにクラブをインサイドから下ろすにはどうしたらよいか?について見てきました。

この記事でご紹介したドリル・練習方法を実践すれば、インサイドからクラブが下りてくるようになるはずです。

しかし、アウトサイドイン軌道だったスライサーの方が、インサイドからクラブを下ろせるようになると、ほぼ確実にプッシュスライス(右に出て右に曲がるスライス)が出まくります。

プッシュスライスが連発して気落ちし、「ダメだ・・・」と気落ちしてはいけません。

このプッシュプライスは、インサイドからクラブが下りている証拠ですから、気にしなくてもOKです。

出球が左に出ず、右に出るように安定してきたら、アウトサイドイン軌道は修正されたといえます。

あとは、プッシュスライスの原因であるオープンフェースを直すべく、正しいフェースローテーションを身につけていけば、ストレートボール・ドローボールに近づいていきます。


【スポンサード・リンク】