ゴルフの大原則として

プレーファスト(Play Fast)

というものがあります。日本語でいえば、「素早くプレーする」というものです。

つまり、スロープレーはゴルフでは厳禁、というわけです。

実際、プロのゴルフ競技でも、スロープレーを原因に警告を受けたりペナルティを受けたりしているシーンがたまにあります。

我々アマチュアゴルファーのゴルフでも、お互いに気持よくラウンドをするには

スロープレーはご法度

という意識を持つことが大事です。

ゴルフ初心者の場合、まだ上手にボールをコントロール出来ないために、プレーの時間がかかる傾向にあります。

しかし、ゴルフ初心者のスロープレーは「仕方ない」と諦めるのではなくて、すこしでも素早くプレーする工夫と努力をする方がよいです。

その方が、ゴルフ上達が早まるからです。

そこで、この記事では、

ゴルフのスロープレーを防止するための5つの対策

について見ていきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




ゴルフ初心者のスロープレーを防止する対策

ゴルフ初心者が素早くプレーして、スロープレーにならないための対策としては、

  • 他のプレーヤーのプレー中に事前に準備しておく
  • 素振りは2回まで
  • ボールの行方を最後まで見ておく
  • 小走りが基本
  • クラブを数本持っていく

の5つが重要です。

この5つについて、1つ1つ詳細に見ていくことにします。

他のプレーヤーのプレー中に事前に準備しておく

ゴルフは、ピン(ホール)からボールが遠い順から順番に打っていきますから、

自分の打つ順番になるまでは、時間があります。

プレーが遅い人は、その時間を上手く活用できていないことが多いです。

他のプレーヤーのプレーを最初から最後まで見たり、ボーっとしていたりしてしまっています。

そうではなく、他のプレーヤーのプレー中の時間は、

自分の次のショットのための準備に使う

ようにしましょう。

次のショットのための準備とは、

  • 残り距離はどれくらいか把握する。風や傾斜の把握も。
  • 何番で打つか決める。
  • 事前に素振りをしてイメージをしておく(他のプレーヤーの邪魔にならないように)

ということです。

グリーン上であれば、次のパッティングの以下のような準備をしておきます。

  • パッティングの距離を把握する。
  • パッティングのライン(どちらに曲がるのか)や傾斜(上り・下り)を把握する。
  • パターの素振りを繰り返して、距離感のイメージを出しておく。

というような準備です。

このように、他のプレーヤーのプレー中には、自分の次のショット・パッティングのための準備をしておくようにします。

自分の打つ番になって、

「残り距離は・・・」とか「何番で打とうかな?」とかを考えたり、素振りを5回も6回も繰り返したり

してはいけません。スロープレーになってしまいます。このようなことは、「準備」として他のプレーヤーのプレー中に行っておくようにします。

ただし、他のプレーヤーのプレーもきちんと見ておくようにしましょう。

その方が楽しくラウンドできますし、自分のショット・パッティングの参考にもなって、ゴルフ上達が早まります。

まとめると、他のプレーヤーのプレー中には、

  • 他のプレーヤーのプレーを見ながら
  • 自分の次のショットの準備をする

ということになります。大変なように思われるかもしれませんが、慣れれば自然と出来るようになります。

素振りは2回まで

自分の打つ番が回ってきてから、4回、5回と素振りを繰り返す人がいます。

このようなプレーヤーは、他のプレーヤーに

遅いなぁ。早く打ってよ・・・。

と思われているコト必至です。

ゴルフ初心者は、ただでさえ上級者・中級者の先輩方に比べて、プレーの時間がかかってしまうものです。

自分の打つ番になってから行う素振りは、多くて2回

というように覚えておきましょう。

 

素振りは、他のプレーヤーのプレー中に「準備」として入念に行っておけば、

自分の打つ番になってから「ああでもない、こうでもない」と素振りを繰り返すことは無くなります。

素振りは2回まで。

これは確実に覚えておきましょう。コレを守るだけでも、他のプレーヤーからの印象は劇的に良くなります。

ボールの行方を最後まで見て、目印を見つけておく

ゴルフ初心者の間は、ほとんどのショットが上手くいかないものです。それが当たり前ですから、一々落胆してはいけません。

ですが、ミスショットでボールが曲がって林などに入ってしまうと、

あー!!

と天を仰ぎ、ボールの行方を全然見ていない、というプレーヤーが多いです。

その結果、ボールが具体的にどの辺にいったのか?分からず、ボールを探すのにとても時間がかかってしまいます。

ボールの行方を見失うことは、スロープレーの大きな原因の1つとなります。

ミスショットをしても、ボールの行方を見失わないようにしましょう。

ボールの行方を見失わないためには、次のことが重要になります。

  • ボールが止まるか視界から消えるまで、ボールを目を離さない
  • ボールが止まった位置、見えなくなった位置の目印の木などを覚えておく

ボールの行方が最後まで追えない場合にも、ボールから目を離してはいけません。最後までボールの行方を見るようにします。

そして、ボールが止まった位置、ボールが見えなくなった位置の近くにある木や構造物などを「目印」として覚えておきます。

実際にボールを探す際には、その目印のところを重点的に探すようにすれば、闇雲に探す場合に比べて格段に早くボールを探すことが出来ます。

これは、ゴルフ初心者に限らず、結構大切なポイントですから、覚えておきましょう。


【スポンサード・リンク】




小走りが基本

よっぽどの上級者であったり、ご年配の場合でないかぎり、

ゴルフコース内の移動は、小走りが基本

です。

プロのゴルフ中継を見ていると、悠然と歩いて移動しているところを見てしまいますから、

ゴルフは歩くものだ

と思いがちです。

もちろん、ほとんどボールを曲げない上級者の場合には、そのような悠然と歩くスタイルでもスロープレーにはなりません。

しかし、アマチュアゴルファー(アベレージゴルファー)の場合には、

ゴルフコース内の移動は基本的に小走りで行うことが、スロープレー防止のためには必要

です。

ただし、例外があります。

グリーン上では、絶対に走ってはいけません。

走ることでグリーン面が傷ついてしまうからです。

この点には注意しましょう。

クラブを数本持って移動する

アマチュアゴルファーのラウンドでは、ゴルフカートを使ってプレーすることがほとんどだと思います。

カートに積んだキャディバッグの中から、次のショットで使う番手を選んで抜き、ボールのところまで持っていく

という流れでプレーしていきますよね。

この際に、例えば

「あのボールの位置だと、7番アイアンだな」

といって、7番アイアンしか持っていかないということは避けましょう。

実際にボールのところに行ったあと、思ったよりも距離があったり、風が出てきたり、傾斜が強かったりして、7番アイアンでは問題があるケースも考えられるからです。

7番アイアン1本しか持っていない場合、クラブを変えるためにカートにもう一度戻る必要があります。

結果、スロープレーになります。

 

また、そのショットが上手くいくとは限りません。

例えば、セカンドショットでグリーンを狙う場合、グリーンに乗れば良いですが、多くの場合グリーンからこぼれてアプローチが必要になります。

さらに、初心者の場合には大きなミスショットをして50Yしか飛ばなかった・・・ということも考えられます。

このような可能性も考えて、クラブは数本持っていくようにします。

セカンドショットの場合には、セカンドショットで使うであろう番手の周辺2本、とアプローチのためのウェッジを持っていくようにすれば、問題ありません。

 

また、ボールが林に入って見失った場合に、ボールを探しに行きますが、

その際にも数本のアイアンを持っていくようにします。

具体的には、低く打つようのアイアン(5番アイアン等)、高く打つためのアイアン・ウェッジ(ピッチング等)を持っていけばOKです。

 

以上、スロープレーを防止するための5つのポイントでした。

最低限、ここでご紹介したポイントを抑えておけば、スロープレーになる可能性は小さいと思います。

ゴルフが上手い人のプレーは早いことが多いですが、

実は、

プレーが早いから上手い、上達出来た

とも考えることも出来ます。

ですから、

プレーファストは、ゴルフ上達に繋がる

とも言えます。

是非、プレーファストを意識して、ゴルフ上達に繋げていきましょう!


【スポンサード・リンク】