ゴルフを始めて、もうすぐ初ラウンド!という場合、普通は何回か練習場に行ってゴルフ練習すると思います。

そこでゴルフ初心者さんが疑問に思うこと、それは、

初ラウンドまでに何回練習に行けばいいの?

というポイントです。

そこで、この記事では、

ゴルフ初心者が初ラウンドまでに練習すべき回数

について考えてみたいと思います。


【スポンサード・リンク】




最低4回は練習場で練習するべき

小見出しがすでに結論になってしまっていますが、私は、

初ラウンドまでには最低4回はゴルフ練習場に行って、練習すべき

だと考えます。

この4回という練習回数について、

  • 多い!
  • 少な!

と感じるかどうかは、人それぞれ感覚が違うと思いますが、

4回という数字にはある程度の理由があります。

なぜ、最低4回なのか?

についてお話したいと思います。

全く練習に行かないのは論外

ごくたまに「ぶっつけ本番」で初ラウンドに臨む人がいますが、これは論外です。

このような人は、大抵の場合、ゴルフのルールやマナーについても全く勉強せずに、初ラウンドプレーをするため、

他の同伴プレーヤーに非常に迷惑をかけてしまう結果になります。

その結果、もうゴルフに誘われなくなることも考えられます。

ぶっつけ本番で初ラウンドに臨むというような、無謀な行為はやめましょう。

1回では、練習しないのと同じ

1回だけの練習では、全く練習しないのと同じです。

というのも、1回目の練習の際に

  • どういうミスが多いのか?
  • 自分はどれくらい球が打てるのか?

という感覚が分かって「自分の課題」が見つかり、2回目以降の練習で、その課題を解決する練習をしていくからです。

1回だけの練習では、自分のミスショットや課題を解決するための練習を1度もしないことになります。

結果、1回だけの練習ではスイングは上達せず、「全く練習しないのとほぼ同じ」になります。

ですから、1回だけ練習する、というのはもったいないと思います。

「最低4回」の理由

では、初ラウンドまでの練習回数は、なぜ「最低4回」なのでしょうか?

それは、

  • 1回目の練習で、ゴルフの難しさ・ミスショットのパターンを理解する
  • 2回目、3回目の練習で、ミスショット改善などの課題に取り組む
  • 4回目の練習で、本番(初ラウンド)を意識した練習を行う

という流れが良いと、私は考えるからです。

まず、1回目の練習で、

ゴルフってこんなに難しいの!?全然当たらないんですけど!!

という感覚を得ることが出来ます。

それと同時に、自分のミスショットのパターンをある程度把握出来ます。

そして、2回目の練習で、そのミスショットを減らすための練習をするはずです。

ですが、2回目の練習だけでミスショットが減るほどゴルフは簡単ではありません。

そこで、3回目の練習が必要になります。

つまり、1回目の練習で判明したミスショットのパターンを潰すために、2回目・3回目の練習をするわけです。

さらに、4回目の練習で、初ランド本番を意識した練習を行います。

例えば、ドライバーショットの練習が不足している場合、ドライバーショットの練習をさらに行ったり、アプローチの練習を全く行っていなかった場合、アプローチの練習をしたりします。

 

このような理由から、

初ラウンドまでには、最低4回の練習をするべき

だと私は考えます。

もちろん、4回の練習で初ラウンドで満足の行くスコアが出るほど、ゴルフは甘くはありません。

しかし、「最低限の準備をする」という意味でも、4回くらいは練習した方が良いと考えます。

4回以上練習出来るのであれば、10回、20回と練習した方がよいのはもちろんです。

ただし、初ラウンドの前の練習は、そこまで効果的ではありません。

実際のラウンドプレーの結果を踏まえた練習の方が、自分の課題が明確になっている分だけ、効果的だからです。


【スポンサード・リンク】




初ラウンドまでに、最低限のルールとマナーを抑えておきましょう

ゴルフ練習場に行って練習して、技術面でレベルアップしておくことも重要ですが、

ゴルフのルールやマナーについて、最低限の知識を頭に入れておくこともとても重要です。

最低限のルールやマナーが分かっていないと、

初ラウンドで必ずアタフタしてしまい、プレーに集中できない

からです。結果として、スコアにも繋がりません。

初ラウンドの前には、最低限のゴルフルールとマナーについて、事前に勉強しておきましょう。

初ラウンドの前におさえておくべきルールとマナーは、

「ゴルフ初心者が初ラウンドで最低限覚えておくべき5つのルール」

「ゴルフ初心者必読!初ラウンドで気を付けるべき9つのマナー」

の記事で取り上げています。

是非、ご覧頂いて、技術面・知識面でも万全の態勢で初ラウンドに臨みましょう!


【スポンサード・リンク】