ゴルフは他のスポーツに比べて、色々とマナーが厳しいもの。

ゴルフ練習場でも、気持ちよく利用するためのマナーがいくつかあります。

ゴルフを始めたばかりの初心者さんの場合、

ゴルフ練習場のマナーって何!?

という感じかもしれません。ゴルフ練習場は1人で行く場合が多いので、誰も教えてくれないからです。

そこで、この記事では、

ゴルフ練習場で守るべきマナー

について見ていきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




ゴルフ練習場でのマナーにはどんなものがある?

ゴルフ練習場で守るべきマナーとしては、

  • 大声で会話しない
  • 携帯電話のマナーを守る
  • クラブの取り扱いに注意する
  • ボールを打つタイミングを気を付ける

というモノがあります。

では、それぞれ具体的に見ていきましょう。

大声での会話はNG

一人で練習する場合には関係ありませんが、ゴルフ仲間で複数人でゴルフ練習場を利用する場合には気をつけたいマナーです。

大声での会話は、他のゴルフ練習場利用者の迷惑になってしまいます。

会話は、小さめの声で行いましょう。

というか、ゴルフ練習場では各自練習に集中すべきで、会話はそこまでしないほうが良いと思います。

ゴルフ談義や、関係のない会話は、打席周辺ではなくてフロント前のスペースなどで、思う存分やればいいです。

会話ではなく、練習に集中する

この点を意識すれば、大声での会話になることも無いと思います。

携帯電話での会話はNG。マナーに設定する。

ゴルフのラウンド中もそうですが、ゴルフ練習場でも

携帯電話での通話はNG

です。打席周辺で携帯電話を使って会話することは避けましょう。

どうしてお携帯で通話する必要がある場合には、打席周辺から離れて、

フロント前のスペースなどに移動した上で通話するようにします。

また、携帯電話の着信音が鳴らないように、マナーモードに設定しておくことも必須です。

クラブを叩きつけたり、振り回したりしない

たまに見かけるのが、ゴルフの調子が悪くてイライラしたのか

ドン!!

とクラブをマットに叩きつけたりする利用者です。

本人はスッキリするのかもしれませんが、周囲に不快感を与えてしまいます。

クラブを叩きつけたりするようなことは、断じてしてはいけません。

これは、ゴルフ練習場に限らずラウンド中も同様です。

また、ドライバーなどの長いクラブの練習をする際には、その取扱いに注意して、他の利用者に当たらないように気をつけましょう。

普通に使っている分には大丈夫ですが。

ボールを打つタイミングに気をつけよう

ゴルフ練習場では、利用者は皆、自分のタイミングでスイングをしてボールを打っています。

しかし、隣接する打席の利用者と同じタイミングでボールを打つようなことは避けましょう。

お互いの集中力が削がれるからです。

出来るだけ、ボールを打つタイミングがズレるように、気をつけます。

また、アプローチ練習をする際に、近くの利用者もアプローチ練習をしてグリーンを狙っている場合、

同じグリーンに狙いをつけてアプローチ練習をすることも避けたほうが良いです。

お互いの集中力が落ちてしまうからです。

ゴルフ練習場での服装マナーは?
ゴルフ場のラウンドでは服装マナーは厳しいですが、ゴルフ練習場での服装は基本的に自由です。
ジーパンにTシャツでもOK。
ただし、サンダル履きのまま練習することは、安全面で禁止されているゴルフ練習場が多いです。
ゴルフ練習場の服装マナーについては、「ゴルフ打ちっ放し練習場に行くときの服装は何が最適?」の記事で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

【スポンサード・リンク】




【番外編】年配者がドライバーを打っているときは、ドライバーは控える

これは、一般的なゴルフ練習場のマナーではなく、私個人が気を付けているポイントです。

例えば、隣の打席の中高年の利用者がドライバーの練習をしているとします。

年配者の方のドライバーは、当然ですが若者よりも飛びません。150ヤードとかの場合もあります。

ここで、隣の打席の若者が

バッシーン!!

と250ヤードのドライバーショットをガンガン打ち出したら、どうでしょうか。

私が、その中高年プレーヤーだったら、ガッカリしたり、ムカついたりすると思います。

このような考えから、私の場合、

隣の中高年の利用者がドライバーを打っているときは、自分はドライバーの練習をしない

という心遣いをしています。

マナーと言えるかは分かりませんが、お互い気持ちよく練習するための気配り・心遣いとしては、「アリ」なのでは?と思います。

まとめ

以上、ゴルフ練習場の利用にあたってのマナーでした。

もう一度整理すると、

  • 大声での会話はNG。
  • 携帯電話の通話はNG。マナーモードに必ず設定。
  • クラブを叩きつけたりしない。
  • ボールを打つタイミングはズラす。
  • 服装は基本的に自由。
  • 他の利用者への配慮をして、気持よく利用する

ということになります。

ゴルファーにとって、近くのゴルフ練習場とは長い付き合いになるものです。

無用なトラブルを避けるためにも、ゴルフ練習場利用のマナーも確実に守っていきましょう。

それが、ゴルフ場上達に間接的に確実に繋がっていきます。


【スポンサード・リンク】