雨の日でも、そこまで土砂降りでないかぎりは中止とならないのがゴルフです。

快晴・無風の日の気持ち良いラウンドとは異なり、雨の日のゴルフは鬱陶しいもの。

しかし、雨の日のゴルフでも、注意すべきポイントをいくつか抑えれば、ストレスをそこまで感じることなく、スコアもまとめていくことが出来ます。

この記事では、

雨の日のゴルフで気をつけるべき大切なポイントを5つ

ピックアップして、解説していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】

雨の日ゴルフの注意点を抑えてスコアをまとめましょう

では、雨の日のゴルフでストレスを出来る限り感じず、スコアもまとめていくためのポイントについて、早速具体的に見ていきます。

ゴルフ用のレインウェアをきちんと着る!

「当たり前だろ・・・」

という感じだと思いますが、ゴルフ初心者さんの場合、結構盲点だったりしますので念のため。

雨の日には、ゴルフ専用のレインウェアをきちんと着るようにします。

一般のレインコートはNG。まともにスイングは出来ません。

初心者さんの場合、「レインウェア持ってこなかった!!」という事態もありえますので、

レインウェアは早めに購入して、キャディバッグの中に常に入れておくようにしておくと良いです。

いつ雨が降ってもよいようにしておくわけです。

特に、山に近いゴルフ場では、天気予報で雨の予報がなくても雨が急に降ってくることが結構あります。

キャディバッグには、レインウェアを常に入れておく。意外と重要なポイントです。

グローブは、「全天候型」のものを2枚以上用意しましょう

プロや上級者は、天然皮革(羊革)のグローブを愛用することが多いですが、

この天然皮革のグローブは、雨の日にはすぐにびしょ濡れになって、滑りやすくなることが欠点です。

そのため、プロは試合中に何枚もグローブを持って、頻繁に変えることで対処していることが多いと思います。

しかし、私達アマチュアゴルファーの場合、何枚もグローブを用意することは金銭的にも厳しいです。

そこで活用したいのが、「全天候型」のゴルフグローブです。

全天候型の人工皮革のグローブは、滑りにくいことが特徴です。天然皮革のグローブと比べると、段違いに滑りにくいです。

雨の日には、全天候型の人工皮革のグローブを2,3枚用意しておけば、「滑ってしまってまともにスイングできない!」ということは無くなるはずです。

スコアにもろに影響してくるポイントですから、出費は惜しまず、用意しておきましょう。

グリップはショットの前に拭く!
全天候型のグローブを使うと、比較的しっかりとクラブを握ることが出来ます。
しかし、それでも晴れの日のゴルフに比べると、グリッププレッシャーは落ちてしまいます。
その原因は、クラブのグリップが濡れてしまっていること。キャディさん付きのゴルフの場合には、ショットの直前にキャディさんに頼んでグリップを乾いたタオルで拭いてもらいましょう。セルフプレーの場合には、小さめの乾いたタオルをレインウェアのズボンのポケットにしまっておき、自分のショットの直前にササッとグリップを拭くようにします。

この一手間を加えることで、ショットの成功確率はかなり改善すると思います。

晴れの日に比べて、全ショットで飛距離は落ちる!

雨の日のゴルフでは、雨が降っていない日に比べて、全てのショットで飛距離が落ちます。

その理由は、

  • グリッププレッシャーが弱まり、スイングスピードが落ちる。
  • レインウェアを着ていることにより、スイングスピードが落ちる。
  • (飛んでいる)ボールが雨の抵抗を受ける。
  • 地面が濡れているため、ボールの着弾後のランが出にくい。
  • ラフからのショットでは、ラフが雨に濡れて抵抗が増している。

というものです。

ですから、雨の日のゴルフで、いつもどおりの距離感と番手選びでショットをすると、ショートすることが多いです。

番手選びやコースマネジメントは、「距離が出にくい」ということを念頭に置いて行うことが求められます。

最悪なのは、「飛距離が出ないなぁ・・・」と首を傾げて、いつもよりも力んでフルスイングしようとすることです。力みはミスショットに繋がります。

雨の日のゴルフでは、力んでも飛距離は出ませんので、「飛距離は出ない」ということを受け入れ、その状況に応じたスイングとコースマネジメントをしていくことが大切です。


【スポンサード・リンク】

グリーンはいつもよりも重くなります

雨の日には、晴れの日に比べてグリーンのスピードは遅くなります。

朝一からずっと雨が降っている場合には、練習グリーンでその日のグリーンの速さをチェックできますので、そこまで問題となりませんが、

ラウンドの途中で雨が降ってきた場合には、

これまでのグリーンよりも遅くなる!

ということをきちんと頭に入れ、それに応じたパッティングをしないとかなりショートすることになります。

他のプレーヤーのパッティングを参考にして、パッティングの距離感を調整していくことが必要です。

雨の日のバンカーショットは要注意!
雨の日のバンカーショットは、雨の降っていない状態でのバンカーショットとは状況が異なります。
水分を含んだ砂となり、いわゆる「砂が締まった」状態になっているからです。雨の日のバンカーでは、いつものような感覚でエクスプロージョンショットをしようとしても、上手くいかないことが多いです。
砂が締まっているため、クラブヘッドが上手く砂に潜っていかないからです。雨の日のバンカーでは、いつもよりも左手の抑えこみを強くして砂に弾かれないようにするか、フェースを開かずにリーディングエッジから砂に入れていくことでクラブヘッドを確実に砂に潜らせていく、などの対処が必要となります。

あくまでも、楽しくラウンドしましょう

雨の日ゴルフの最後のポイントは、「ラウンドを楽しむ!」ということです。

雨の日のゴルフは、晴れの日のゴルフに比べて、ストレスも多くスコアになりにくいものです。

それはそれで仕方ない!と受け入れて、「ゴルフを楽しむ」ことを忘れないことが大切だと私は考えます。

せっかく、休みの日に時間を作って、安くない金額を支払い、体力を使ってゴルフをしているわけですから、雨の日のゴルフでも「楽しまなければ損」です。

そして、「楽しみながらプレーする」ことは、メンタル面でもプレーに好影響をもたらし、スコアに繋がるのでは?と考えます。

まとめ

雨の日ゴルフでは・・・

  • ゴルフ専用のレインウェアをきちんと着る
  • 全天候型のゴルフグローブを2,3枚用意する
  • 飛距離はいつもよりも出ないことを前提に、コースを攻略する
  • グリーンのスピードはいつもよりも重くなる
  • 雨の日のゴルフでも「楽しまなければ損」

という注意点を抑えてプレーしましょう。

レインウェア・全天候型グローブ・乾いたタオル・着替えなどなど、事前の準備を怠らなければ、雨の日でもそこまでストレスに感じることなくラウンド出来るはずです。

飛距離が落ちること、ランは出にくいこと、グリーンは止まりやすいこと、ラフからのアプローチは抵抗が大きくなること、バンカーショットのエクスプロージョンショットは成功確率が下がること、などなど、コースマネジメントも雨の日ゴルフでは色々と考えることが増えます。

逆に、このような「考えること」を楽しむくらいの気持ちで臨むと、雨の日ゴルフも鬱陶しくなくなるのかもしれません。

事前準備をしっかりとして、雨の日に応じたコース攻略をして、しかもスコアは良かった。

こんな経験を積むことが出来れば、雨の日ゴルフも嫌いじゃなくなるはずです。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】