ゴルフを始めて数回ラウンドすると、色々な経験を積めると同時に、色々な疑問が浮かぶものです。

例えば、

ゴルフコースの池の周りの杭、赤色と黄色があるっぽいけど、あれどう違うの?

などです。

そこで、今回の記事では

ウォーターハザード赤色の杭と黄色の杭の違い

について見ていきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




黄色杭は普通のウォーターハザード、赤杭はラテラル・ウォーターハザード

いきなり、小見出しで結論を書いてしまいましたが、

  • 黄色の杭の池は「普通のウォーターハザード」
  • 赤色の杭の池は「ラテラル・ウォーターハザード」

という違いがあります。

黄色の杭のウォーターハザードに入った場合の対処法

黄色の杭のウォーターハザード(普通の池)に入った場合、次のいずれかの対処法を取ります。

  1. 最後のショットを打った場所から、1打罰を加えて打ち直す。
  2. ボールが最後に池の境界線を横切った地点とホールとを結んだラインの後方線上にドロップ(1打罰)

の2つの選択肢です。

通常は、2.の選択肢を取ることが多いです。また、アマチュアゴルファーの場合は、ローカルルールで前進ティーがあることがほとんどですから、前進ティー(前進3打)から打つことも出来ます。

赤色の杭のラテラル・ウォーターハザードに入った場合の対処法

赤色の杭の池、つまりラテラル・ウォーターハザードにボールが入った場合、

普通の池(黄色の杭の池)に入った場合にとれる上記2つの対処法に加えて、次の対処法も取ることができます。

ボールが最後に池の境界線を横切った地点から、2クラブレングス以内でホールに近づかない場所にドロップ(1打罰)。

という対処法です。

 

つまり、プレー上は、

  • 黄色杭の池は、2クラブレングス以内のドロップは出来ない
  • 赤色杭の池は、2クラブレングス以内のドロップが出来る

という違いがある、という風に整理することが出来ます。

ウォーターハザードに入った場合の対処法については、

「池ポチャのペナルティルール・正しい対処法・数え方を抑えよう」

の記事でイラスト入りで詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

 

このままサラッとこの記事を終えるのもナンですので、

ウォーターハザードに関する細かいルールについても触れておくことにします。


【スポンサード・リンク】




ウォーターハザードに入っても、打てる場合はそのまま無罰で打てる

池の境界内(杭を結んだラインの中)に入っても、ラフにあったり、池の水深が浅かったりして

ウォーターハザード内でもボールが打てる

状況に遭遇することがたまにあります。

その場合には、無罰でそのボールをそのまま打つことが出来ます。

ただし、ハザード内でアドレスする際には、クラブヘッドを地面に付けてはいけません。

また、ウォーターハザード内のボールに、葉っぱなどのルースインペディメントがついている場合、それを取り除くことは出来ません。

バンカー内と同じルールです。

これらのルールに違反すると、2打罰となります。

ちなみに、ウォーターハザード内からボールを打つ際に、赤杭・黄杭が邪魔な場合は、その杭を抜くことができます(参照元はこちら。)余談ですが、OB杭は抜くことは出来ません。

 

以上、「池の周りの赤杭と黄色杭の違い」でした。

思った以上に奥が深いルールになっていますから、一気に覚えようとせず、

基本的な対処法だけ覚えておき、その都度細かいルールは勉強していけばOKです。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】