私のヘッドスピードは45m/s以上で、ドライバーの飛距離は平均240Yくらいなので、飛ばない方ではないのですが、

アイアンの飛距離不足

に長年悩まされていました。

具体的には、7番アイアンが140Yしか飛ばない、みたいな感じです。

平均的な男性ゴルファーであれば、7番アイアンの飛距離は150Y程度だと思いますから、Par3の番手選びではいつも同伴ゴルファーよりも1番手大きいクラブを選択せざるを得ませんでした。

しかし、最近、ドローボールの修得を目指して練習する中で、劇的にアイアンの飛距離が伸びたのです。

7番アイアンで、155~160ヤードの飛距離が出るようになりました。

飛距離が出るようになった理由を探っていたのですが、おそらくその理由は

右手の押し込み

にあることがわかってきました。

そこで、今回の記事ではこの「右手の押し込み」についてお話したいと思います。


【スポンサード・リンク】




右手の押し込みってなんだ??

「右手の押し込み」と言われても、もしかしたらあまりイメージが湧かないかもしれません。

右手の押し込みとは、

インパクト前後で、右手の手のひらをターゲット方向に向け続ける意識

と言えるかと思います。

この「右手の押し込み」は、プロや上級者の方がよく言われるスイング上達のポイントの1つとして結構有名ですが、私自身、なぜかスルーしてきました。

しかし、ゴルフスイングにおいて、インパクトゾーン周辺での右手の押し込みはかなり重要なようです。

なぜ右手の押し込みでアイアンの飛距離が伸びる?

私自身、この右手の押し込みを意識することでアイアンの飛距離が劇的に伸びたわけですが、それはなぜか?考えてみました。

おそらく、

適正なロフト角のままインパクトを迎えられるようになった

からだと考えています。

アイアンの飛距離が出ない原因の1つに、

フェースの開き(オープンフェース)

があります。

真っ直ぐ飛んでいても、フェースが開いている、というかフェースが「上を向いている」インパクトだと飛距離が出ません。

必要以上にスピン量が多くなり、ボールが上がり過ぎてしまうからです。

サイドスピン量の多さも、ボールのエネルギーロスを起こして、推進力が小さくなります。

要は、「インパクトでロフトが寝ている」ことがアイアンの飛距離不足の一因だったわけです。

 

右手の押し込みを意識することで、結果的にアイアンのフェースが目標方向を向き続け、ロフト角が適正なままインパクトを迎えることが出来ている。

こう考えています。

これは、右手の押し込みをすることによってハンドファーストの形でのインパクトが達成出来ているからです。


【スポンサード・リンク】




右手の押し込み、具体的なイメージ

次に、アイアンの飛距離に繋がる(と思われる)右手の押し込みのやり方について、具体的なイメージに関してお話したいと思います。

Googleで「ゴルフ 右手の押し込み」と検索すると色々なウェブサイトやブログが出てきますので、そちらを参考に出来ますが、私の右手の押し込みのイメージは次のようなものです。

  • インパクトの瞬間までコックは解かない意識を持つ(実際には自然に解ける)
  • 右脇を締める
  • 手のひら全体ではなく、手のひらの下の部分を押し込むイメージ
  • ターゲットラインに押し込むのではなく、インサイドアウト軌道をイメージして若干外側に押し込む
  • 押し込んだ後は、手のひらを左方向(反時計回り)に回転させていく

まず、コックを解かない意識を持つことで、「クラブが立った」状態でダウンスイングが出来るので、ダフらずに自然とダウンブローのインパクトに繋がります。

そのためには、右脇を締めたダウンスイングを意識することが必要。

そして、次が最も重要だと思うのですが、右手手のひらの全体を押し込むイメージではなく、手のひらの下の部分(親指の付け根付近)を押し込む意識を持つ。

このイメージをすることで、右手の角度をキープしコックを維持することに繋がります。このことは、インパクトでのオープンフェースの原因となるアーリーリリースの防止に役立ちます。

次に、押しこむ方向ですが、私の場合ターゲットラインではなくターゲットラインの若干外側に押し込むイメージを持っています。

これは、ドローボールを打ちたいからです。フェードボールが打ちたい、ストレートボールが打ちたい、という場合には、ターゲットラインやターゲットラインの内側に押し込むイメージで良いかと考えます。

最後に、インパクト後のイメージについてですが、

右手手のひらを左方向(反時計回り)に回転させていきます。

これによって、自然とアームローテーションが起こり、結果としてフェースが返っていき、捕まったボールになります。ドローボールを打つ場合のみならず、フェードボールを打つ場合にもフェースローテーションは必要ですから、この意識は必要です。

まとめ

  • アイアンの飛距離不足の解消には、インパクトゾーンでの「右手の押し込み」をすることが大変オススメ。
  • アイアンの飛距離不足の原因の一つに、インパクトでロフトが寝ていることがあり、右手の押し込みをすることで、ロフトが立った状態でインパクトができる。
  • 右手の押し込みのイメージは、「コックを解かず、右脇を締めて、右手の手のひら下部をターゲットラインに押し込んでいく。押し込みの最後の方で手のひらを反時計回りに回転させていく」。

右手の押し込みのイメージは、人によって様々だと思いますので、私のイメージは一例です。

しかし、ダウンスイングでクラブを立てて、ハンドファーストのインパクトを実現する、という結果は共通しています。

アイアンの飛距離不足に悩まされている場合は、ぜひ練習場で試してみてください。


【スポンサード・リンク】