どうも、MITです。ゴルフって、楽しいですね。毎日ラウンドしたいです。

さて、今回の記事では、

ゴルフスイングにおける「静」と「動」

という、若干小難しい話をしてみたいと思います。

小難しいですが、あなたのスイング作りのヒントになるかもしれません。


【スポンサード・リンク】




「○○をキープし続ける」、「□□を保つ」って難しくないですか?

ゴルフの教本や、ゴルフ雑誌のレッスン記事では、よく次のようなフレーズが登場しますよね。

  • フェースがボールを見続けるようにキープする
  • 左手首の角度をキープする
  • 前傾角度をキープする
  • 頭の位置を動かさないようにする

・・・などなど。

「○○をキープし続ける」「□□を保つ」「△△を維持する」といった、

「ある状態」を保持する

ことを求めるレッスン内容、アドバイスってかなり多いです。

確かに、こういったアドバイス内容を守れたら、スイングが上達するのでしょう。

しかし、こういったアドバイスって、練習で試してもうまくいかないことが多くないですか?

その理由は、このようなアドバイスがゴルフスイングにおける

「静」

を求めているからだと、私は考えます。

 

スイングにおける「静」と「動」とは?

例え話をしますが、

  • 今から1分間、体全体を止めて2cm以上ブレないようにしてください
    と言われるのと、
  • 今から1分間、体全体を左右に5cm以上揺らしてください
    と言われるの、

どちらが簡単でしょうか。

おそらく、ほとんどの方が後者だと答えると思います。静かに状態を維持するよりも、動かし続ける方が簡単だからです。前者が「静」、後者が「動」といえるかと思います。

 

ゴルフスイングにおける「静」と「動」も同様に考えることができます。

例えば、

「フェースの向きを変えずにキープしたままスイングしてください」

と言うアドバイスがありますが、これがかなり難しい。確かに、アドレスからインパクトまでフェースの向きを変えずにいられたら、ボールは真っ直ぐ飛ぶのですが、実際そう簡単にはいきません。

必ず、フェースの向きは動いて変わってしまうからです。

一方、

「バックスイングではフェースを開き、ダウンスイングからフォロースルーにかけて徐々に閉じていってください」

と言われたら、なんとなく出来そうな感じがしますよね。インパクトでフェースの向きが真っ直ぐになるかどうかはともかくとして。

この場合、「フェースの向きをキープし続ける」が「静」で、「フェースを開いて閉じる」が「動」です。

「動」の方が簡単。

 

次の例です。

アイアン、ドライバーもダウンスイングでコック(右手手首の角度)を維持することは、スイング上達のポイントですが、この場合も

「右手手首の角度を維持してください」(静)

と言われるよりも

「ダウンスイングで右手手首の角度をキツくしていってください」(動)

と言われた方が、結果的にコックは維持できるのではないでしょうか。

「コックを維持」するといっても、実際にはスイングの遠心力によって自然とコックは解けていきますから、「コックを維持」する意識では維持出来ない。コックをキツくするイメージを持つことで、遠心力と相殺してやっと維持できる。

こんなイメージです。


【スポンサード・リンク】




さらにもう1つ例を出します。

プロのスイング動画を見ると、驚くほどに頭の位置が動いていないことに気が付きますよね。スイング作りにおいて、頭の位置を動かさないことは重要なポイントです。

しかし、例えば、左にスウェイして頭が左に動いていってしまうアマチュアゴルファーの場合、

「頭を動かすな」(静)

と言われても、動いてしまいます。そんなアドバイスは、「分かってても出来ない」わけです。

そうではなく、

「ダウンスイングで徐々に頭を右に動かすイメージを持ってください」(動)

と言われたらどうでしょうか。

おそらく、「頭を動かさないように維持する」イメージより、結果として頭は動かないはずです。

 

このように、「静」を要求するアドバイスは、自分なりに「動」を要求するアドバイスに変換して実践していくと、達成できる可能性が上がるのでは?

と私は考えます。

 

まとめ

  • 「○○を維持する」「□□をキープする」という「静」を求めるアドバイスは、実践が難しい。
  • 逆に、「○○してください」「□□のように動かしてください」という「動」を求めるアドバイスは、実践が比較的カンタン。
  • 「静」を求めるアドバイスは、自分なりに「○○を□□のように動かしていく」という「動」のアドバイスに変換して、実践・練習してみる。

もしかしたら、

何言ってんだ?お前www

という感じかもしれません(苦笑

しかし、もしかしたら参考になるゴルファーもいるかと思い、記事にした次第です。

ご参考になれば幸いです。


【スポンサード・リンク】