初めてのゴルフラウンドや、初心者さんのうちは、

今、自分が打っていいタイミングなのかな??

と迷うケースが多いと思います。

自分の番ではないと思ってジーっと待っていたら

「○○さんの番だよ!」

と言われてしまったり、怒られたり(苦笑

このようなことは、ゴルフを始めたばかりの方であれば誰しもが経験することだと思います。

そこで、この記事では

ゴルフラウンドで打つ順番はどうやって決まるのか?

というテーマについて取り上げたいと思います。


【スポンサード・リンク】




ティーショットの打つ順番の決まり方

ティーグラウンドでのティーショットを打つ順番は、

  • 朝一のティーショットの場合
  • その後のティーショットの場合

で決まり方が異なります。順番に見ていきましょう。

朝一のティーショットの打つ順番の決まり方

朝一のティーショットの打つ順番は、任意です。誰から打っても構いません。

しかし、通常は1番ホール(10番ホール)のティーグラウンドの周辺に設置されている、金属製のくじ棒で打順を決めることになります。

金属製のくじ棒(合計4本)の先端には、それぞれラインが入ってて、棒によって1本・2本・3本・4本のラインが入っています。1本のラインが入ったくじ棒を引いたら、最初に打つことになります。

くじ引きで打つ順番を決める他、

  • 年長者を先に打たせる
  • 飛距離の出ないプレーヤーから先に打たせる(プレー速度を考えて)

というケースもあります。初心者の頃は、先輩方の判断に従いましょう。

ちなみに、打順を決めるくじを用意するのは、その組の「下っ端」のお仕事です。先輩方に用意させないように気をつけましょう。

その後のティーショットの打順の決まり方

2番ホール(11番ホール)以降のティーショットを打つ順番は、

その直前のホールのスコアが良かった順番

で決まります。例えば、2番ホールのティーショットの打つ順番は、1番ホールのスコアが良かった順番となります。

また、直前のスコアが同一の場合は、その前のホールのスコアを比べます。それでも同一なら、その前のホール・・・というように決めていきます。

このように、自分のティーショットの順番を把握するためには、他のプレーヤーのスコアもきちんと把握してスコアカードに記載しておくことが必要となります。

初心者のうちは、「自分のスコアを数えるだけで精一杯!」かもしれませんが、他のプレーヤーのスコアも頑張って記載するようにしましょう。

レディースティーを使う場合は?

あなたの組に女性がいてその女性がレディースティーを使う場合、通常は男性陣がレギュラーティーからティーショットを打ち終わった後に、女性がレディースティーからティーショットを打つことになります。

ただ、円滑なプレーを優先して、前の組が詰まっている場合などは、女性陣に先にティーショットを打ってもらうこともあります(女性は飛距離が短いため、前の組に打ち込まないから)。

臨機応変に対応しましょう。初心者のうちは考えなくてOKです。

 

以上が、ティーショットの打つ順番の決まり方でした。


【スポンサード・リンク】




セカンドショット以降の打つ順番の決まり方

セカンドショット以降の打つ順番は、

ホール(ピン)に遠い順番に打つ

というルールで決まります。

つまり、自分のボールがホールまで一番遠い場合、あなたが打つ順番となります。

ですから、自分の打つタイミングかどうか?を知るためには、他のプレーヤーのボールの位置をキチンと把握しておく必要があります。

自分のプレーやボールだけに集中するのではなくて、同伴プレーヤーのプレーもきちんと見ておきましょう。

 

ただし、グリーン周辺のアプローチでは、「どちらがホールまで遠いか?」はそこまで気にしなくてOKです。

アプローチの際には、他のプレーヤーの残り距離や準備の状況を見て、自分の準備が出来たらアプローチショットを打ちましょう。

 

また、グリーン上でも「ホールに遠い方から打つ」ことになります。グリーンに上がると、「どちらが遠いか?」ぱっと見で分からないケースもあります。その場合には、「どっちが遠いですかね?」と確認して、打つ順番を決めるようにします。

このように、ティーショット以降のホールアウトまでのショット・パッティングでは、

ホールまでの距離が遠い順番に打つ

というルールで、打つ順番が決まります。

打つ順番を間違えたらどうなる?
ここまでの説明で、「ルール」といいましたが、打つ順番を間違えても、特にペナルティはありません。
「すみません、間違えました」でOKです。
また、「準備ができてないから、先に打ってください!」というケースも多々あります。

  • 「スコアの良い順にティーショットを打つ」
  • 「セカンドショット以降は、遠い順に打つ」

という大原則をしっかりと抑えつつ、臨機応変に対応していきましょう。

 

まとめ

以上、ゴルフラウンドで打つ順番はどうやって決まるのか?についての説明でした。

最後に、打つ順番の「ルール」についてまとめてみます。

  • 朝一のティーショットはくじ引きなどで決める。任意。
  • その後のティーショットの順番は、前のホールのスコアの良い順番。
  • セカンドショット以降のショット・パッティングは、ホールに遠い順番で打つ。
  • 打つ順番を間違えてもペナルティは無い。臨機応変に対応する。

ということになります。

初心者さんの場合、

自分の打つタイミングがなんとなくでしか分からない・・・

ということが、結構ストレスになっているはずです。

このページで書いたことを覚えておいて、実際のラウンドでの打つタイミング・順番がどのように決まっていくのか、観察してみましょう。

そうすることで、自分の打つタイミングや準備のタイミングを掴むことが出来て、ゴルフラウンドのストレスが1つ減るはずです。そうすれば、ゴルフラウンドがもっと楽しくなるかもです。


【スポンサード・リンク】