アマチュアゴルファーを悩ましまくるスライス

スライス撲滅のために、この記事ではまずスライスの原因について考えていきたいと思います。

まずは、

スライスとはどのような球か??

について整理してみます。


【スポンサード・リンク】




スライスの定義

スライスとは、

右に曲がって、ターゲットラインよりもだいぶ右に着地してしまう球筋のこと

と定義できるかと思います。

特徴は、右に大きく曲がり、目標ライン(ターゲットライン)よりもかなり右に着地し、飛距離も出ないこと。

スライスと異なり、フェードボールはターゲットライン付近にきちんと着地して距離もしっかりと出ます。

フェードとスライスの違いについては、

『スライスとフェードの違いって何だ?』

の記事をご覧いただければ、詳しく分かるかと思いますので、ご参考にしてください。

スライスの原因とは?

スライスの原因としてよく言われるものとして、

  • アウトサイドイン軌道(カット打ち)
  • オープンフェース(インパクトの瞬間のフェースの開き)

があります。

では、アウトサイドイン軌道とオープンフェース、どちらがスライスの原因なのでしょうか。

アウトサイドイン軌道でも、「スライス」にならない?

プロのゴルフ中継を見ていると、左が林で右にドッグレッグしているホールのティーショットなどは、

ティーグラウンドの右側にティーアップして、フェードを打っていく

場面を目にすることがあります。

先日も、石川遼選手がこのようなティーショットを打っていました。

このように、意識的にフェード(右回転の球)を打っていく場合、アウトサイドイン軌道のスイングとなります。

プロの打つこのような右に曲がる球筋は、「スライス」なのでしょうか?

答えは明確、スライスではなくフェードです。

ボールは一旦左に出て、そこから右に曲がり、目標ライン(ターゲットライン)に着弾、結果的に真っ直ぐ飛んでいるからです。

なぜアウトサイドイン軌道なのに真っ直ぐボールを運べるのか?といえば、

インパクトでフェースがターゲットラインを向いている(フェースが開いていない)

からです。

つまり、アウトサイドイン軌道であっても、インパクト時のフェースの向きがターゲットラインに向いていれば、スライスにはならないということですね。

こう考えると、アウトサイドイン軌道はスライスの原因ではなさそうです。


【スポンサード・リンク】




オープンフェースが諸悪の根源

同じアウトサイドイン軌道でも、プロや上級者の球は強い球筋でターゲットラインに着弾し、アマチュアゴルファーの球は、ターゲットラインよりもかなり右に着弾し飛距離も出ません。

この違いは何でしょうか。

ずばり、オープンフェースです。

フェースが開いていなければ、アウトサイドイン軌道でも強い球筋のフェードとなります。

インパクトでフェースが開いているから、大きく右に曲がるスライスになってしまうわけです。

また、アウトサイドイン軌道ではなく、インサイドアウトでもオープンフェースではスライスとなります(プッシュアウト)。

つまり、オープンフェースがスライスの原因、我々アマチュアゴルファーの「諸悪の根源」と言えそうです。

アウトサイドイン軌道は無理に直さなくても良い?

私が学生時代にゴルフ場でキャディのバイトをしつつゴルフをしまくっていた頃、ゴルフ場所属の研修生の方から受けたアドバイスがあります。

それは、

「無理にアウトサイドイン軌道を直さなくてもいいよ。その代わりフェースを返せ。」

というものでした。

その当時の私の球筋は、力の無いスライス。先輩の力強いドローボールに憧れ、インサイドアウト軌道・ハイフィニッシュのスイングを目指して、練習を頑張っていましたがなかなか上手くいかない。

「アウトサイドイン軌道のままでOK」

という研修生のアドバイスは、衝撃的でした。

私にとって「アウトサイドイン軌道=悪」でしたので。

ここまでの文章からお分かりのように、研修生のアドバイスの趣旨は

「アウトサイドイン軌道でもフェースが返っていれば、フェードが打てる。フェードが打てればスコアになる。

というものです。

このアドバイスを受けてから、無理に左に曲がる球を追求するのではなく、右に曲がる球の精度・飛距離を追求するように練習方針を変更しました。

結果、フェード一本で90を切り、80を切り、一時的ですがシングルプレーヤーになることが出来ました。

※フェードと言えばカッコイイですが、端から見たら「スライス」だったのかもしれません(苦笑

 

アウトサイドイン軌道を修正して、インサイドアウト・インサイドイン軌道のスイングに作り直すには、かなりの時間と労力が必要です。

飛距離が出ず、大きく右に曲がるスライスの直接的な原因は、上述しましたように、

アウトサイドイン軌道ではなくオープンフェース

です。

インパクトでのオープンフェースを直す練習を徹底したほうが、短期間でスイング上達、スコア向上が見込めます。

このような意味で、

アウトサイドイン軌道は無理に直さなくてもOK

と申し上げているわけです。

で、インパクトでオープンフェースにならない方法については、

『インパクトでフェースが開くオープンフェースの直し方』

の記事で解説していますので、ご参考ください。

まとめ

  • 飛距離が出ず大きく右に曲がるスライスの直接的な原因は、オープンフェース(インパクトでのフェースの開き)。
  • スライス改善のためには、アウトサイドイン軌道ではなくオープンフェースを直す。
  • アウトサイドイン軌道は無理に直さなくてOK。フェードを目指した方が効率的にスコア向上ができる。

レッスンで有名な芹澤プロは書籍の中で、

「アマチュアゴルファーがシングルプレーヤーになるのに、左に曲がる球は不要

と断言しています。実際、芹澤プロの教え子である藤田プロ、宮本プロの持ち球はフェードボールで、輝かしい実績を残しています(もちろん、プロはドローボールも打てますが・・・)。

ドローボール修得の練習に疲れた場合、「フェード一本で勝負!」と方針転換してもいいかもしれません。


【スポンサード・リンク】