われわれアマチュアゴルファーを悩ますスライスですが、

プロの試合のゴルフ中継を見ていると、プロも右に曲がる球を打っていることに気が付きます。

ああいう球は「フェード」といいますが、とってもカッコイイですよね。

持ち球がスライスのゴルファーとしては、

「わたしの持ち球はフェードです!!(`・ω・´)」

と断言してカッコつけたいところです。

そのためには、スライスとフェードの違いを理解していなければなりません。

そこで、この記事では

スライスとフェードの違い

について整理していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




フェードの定義には諸説ある

「フェードとはどんな球を言うのか?」という点については、実は諸説あります。

例としては

  • スライスとフェードには明確な違いはない。本人がどう思っているかで決まる
  • フェードは、しっかりと球が捕まったスライスのこと
  • フェードは、真っ直ぐ出て落ち際に右に曲がる球

などがあります。

一番上の定義を採用したら、この記事の意味がなくなるのでとりあえずこれはスルーします。

残りの2つについて見ていきます。

フェードとは、しっかりと球が捕まったスライスのこと

この説は、

フェードとは、しっかりと球が捕まったスライス

という定義です。

「しっかりと球が捕まった」とは、インパクトでフェースが開かず、強いインパクトとなっているということ。

アウトサイドイン軌道でインパクトを迎えますが、インパクトの瞬間にフェースがきちんとターゲットラインに正対しています。つまり、オープンフェースではない。

出球(ボールの打ち出し方向)はターゲットラインよりも左。左に球が飛び出します。

その後、スライス回転がかかっているため、右にボールが曲がっていき、最終的にはターゲットライン(まっすぐのライン)にボールが着地。

インパクトでフェースが開いていないため、飛距離も出て「強い球」となるのが特徴です。

フェードは真っ直ぐ出て落ち際に右に曲がる球

次に、もっと厳密にフェードを捉えた場合の定義について。

フェードは、真っ直ぐボールが飛び出して、落ち際に右に少し曲がる球

というものです。

プロや上級者にはこのようなフェードの認識をしている方が多いようです。

ドローボールも同様に、出球は真っ直ぐで落ち際にボールが左に少し曲がる球、という定義。

確かに、ゴルフ中継でプロの弾道を見ていると、こういう球筋をしていることが多いです。

どっちが正しい??

では、上記2つのフェードの定義のどちらが正しいのでしょうか?

私の結論としては、アマチュアゴルファーにとってのフェードとは

球が捕まったスライス

と捉えた方が良い、こう考えます。

つまり、インパクトでオープンフェースにならず、飛距離も出て、ターゲットラインに着地する球は、フェードと言っていいということです。


【スポンサード・リンク】




フェードを打つにはどうすればいい?

以上のように考えると、スライスからフェードへとレベルアップするためには、

しっかりと球を捕まえる

ということを達成すればいいことになります。

では、しっかりと球を捕まえてフェードを打つためには、どうすればよいのでしょうか。

お分かりだと思いますが、インパクトでオープンフェースにならないこと、これが達成できればOK。

インパクトでフェースが開かないためには、どうすればよいのか。

この点については、

『インパクトでフェースが開くオープンフェースの直し方』

の記事で解説しています。ぜひご覧ください。

まとめ

我々アマチュアゴルファーにとってのフェードとは

インパクトでフェースが開いていない、強い球のスライス

のこと。

アウトサイドイン軌道でも、インパクトでオープンフェースになっていなければ、強い球のフェードとなる。


【スポンサード・リンク】