ゴルフを始めたばかりの初心者さんの場合、ゴルフの先輩方やゴルフ教本・ゴルフ雑誌から、ゴルフスイングについての色々なアドバイスを得ることと思います。

でも、色々なアドバイスがありすぎて

ゴルフスイング、何から気をつければいいの!!

という感じで、迷うことも多いですよね。

そこで、この記事では

ゴルフ初心者が最初に身につけるべき、ゴルフスイングの基本

について、5つのポイントをピックアップしてお話していきたいと思います。


【スポンサード・リンク】




ゴルフスイング、5つの基本を抑えましょう

ゴルフスイングの上達について、色々と複雑に考えることは出来ますし、実際に巷には色々なスイング理論があります。

しかし、ゴルフ初心者さんが最初に身につけるべき「ゴルフスイングの基本」というものが存在します。

その「スイングの基本」とは、

  1. きちんとした正しいアドレスを取る。
  2. スクウェアグリップで握る。
  3. オーバースイングにならない。
  4. クラブが常に身体の正面にあるようにする。
  5. クリーンなインパクトを厳しく追求する。

の5つです。

では、この5つのポイントについて順に見ていきましょう。

1. きちんとした正しいアドレスを取る。

ゴルファーの腕前はアドレスを見れば分かる

とはよく言ったもので、実際その通りだと思います。

アドレスから、その人がどんなスイングをするか?がだいたい分かるからです。

「美しいスイングは、美しいアドレスから」

です。

正しいアドレスは、スイング上達のスピードを早めます。

逆に、アドレスがいまいちだと、スイング上達が阻害されてしまいます。

正しいアドレスを取るためのポイントは、

  • スタンス幅を肩幅程度に。
  • 正しく前傾姿勢を取る。
  • 体重は足の親指付け根にかける。
  • 手元の位置はアゴの真下より内側。
  • 手元の角度は極端なハンドアップ・ハンドダウンにならないように。
  • 肩・腰・膝のラインをターゲットラインに揃える。

というものです。これらのポイントを最低限抑えれば、「いまいちなアドレス」にはなり得ません。

正しいアドレスのためのそれぞれのポイントの解説は、

「ゴルフ初心者が抑えるべき、アドレス(構え)の基本6つのポイント」

の記事で詳しく行っていますので、是非ご活用ください。

2. オーバースイングにならないように気を付ける。

オーバースイングとは、分かりやすく一発で説明すれば、

横峯さくらプロのように、トップが大きいスイング

のことです。

もちろん、オーバースイングのプロや上級者は存在します。

しかし、彼らは豊富な練習量があるからこそ、オーバースイングでもナイスショットを連発出来るのであって、

練習量の限られたアマチュアゴルファーにとっては、

オーバースイングはナイスショットの妨げ

になるのが通常です。

オーバースイングは、スイングがブレたり、振り遅れの原因になってしまいます。

ですから、我々アマチュアゴルファーの場合、オーバースイングは避けるべきスイングと言えます。

オーバースイングを避けるためには、

トップでグリップの位置は耳元くらいまで

というポイントを抑えればOK。

逆に、耳元以上に上がったトップは「オーバースイング」だと考えましょう。

また、トップでクラブヘッドが視界に入ってしまう場合もオーバースイングになっています。

トップで、クラブヘッドが視界にはいらない程度の高さに抑えましょう。

コンパクトなスイングは、インパクトの正確性を高めます。

飛距離を求めてオーバースイングになるのではなく、インパクトの正確性を求めてコンパクトなスイングを追求しましょう。

3. スクウェアグリップで握る。

ゴルフクラブの握り方(グリップ)には、

  • スクウェア・グリップ
  • ストロング・グリップ(フック・グリップ)
  • ウィーク・グリップ

の3つがあります。

ゴルフスイングの基本を身につけ、美しいスイングを作り上げるためには、

スクウェアに構える

ことが大切であることは、色々なゴルフ教本・レッスンプロに共通しています。

そして、スクウェアに構えるためには、スクウェアなアドレスともに、スクウェアなグリップも必要になります。

まずは、スクウェア・グリップで握るようにしましょう。

スクウェア・グリップの握り方については、

「ゴルフのグリップの3種類の握り方を動画で分かりやすく解説!」

の記事で取り上げていますので、是非ご覧ください。

4. クラブが常に身体の真正面にあるように意識する。

クラブが常に身体の正面にあるようにキープする

ということは、多くのレッスンプロ・ゴルフ教本に共通するスイングのポイントです。

実際、私も常に意識しているポイントの1つです。

ただ、実際のスイングではクラブが身体の正面から「外れる」タイミングもあります。

それは、トップとフィニッシュです。

しかし、トップやフィニッシュでも、クラブが身体の正面から「大きくはみ出さない」ように意識するようにしましょう。

逆に、インパクトゾーンでは、クラブが身体の真正面にあることを「強烈に」意識しましょう。

クラブを身体の正面に置き続けることを意識することで、

身体とクラブが一体となっているイメージでスイングすることが出来て、

「クラブの振り遅れ」や「クラブヘッドの先行」を防ぎ、結果として正確なインパクトに繋がります。

初心者のうちは、スイングの動作中に意識するポイントは色々と考え過ぎず、シンプルに考えた方が良いです。

その意味でも、スイングの動作中に意識するのは、

常に身体の真正面にクラブをキープする

という1つのポイントにすると、スイング上達が早いと考えます。


【スポンサード・リンク】




5. クリーンなインパクトを厳しく追求する。

アイアンショットで重要となるのは、

  • 正確な飛距離
  • 方向性

の2つです。

そして、この2つの結果を出すためには、

クリーンなインパクト

をする必要があります。

クリーンなインパクトとは、

まずボールにクラブフェースがコンタクトし、その後、芝を削っていく

というインパクトのこと。

少しでも手前から入ってしまえば、コンタクトの順番は、

芝→ボール

となってしまい、「ダフリ」「噛み」の原因となります。

アイアンでダフれば、正確な飛距離は決して出ません。

毎回のショットで「クリーンなインパクト」が出来るように練習していきましょう。

 

クリーンなインパクトを追求していく中で、重要な注意点があります。

それは、

ゴルフ練習場のマットでは、ダフってもクリーンインパクトに感じる

ということ。

ゴルフ練習場のマットは、実際のコースの芝に比べて

クラブヘッドが滑りやすい

という特徴があります。

そのため、ボールの手前からクラブヘッドが入った場合でも、クラブヘッドが「滑って」しまい、クリーンなインパクトに「感じて」しまうのです。

ですから、ゴルフ練習場での練習の際には、

  • 本当にクリーンなインパクトだったか?
  • 少しでもダフっていないか?

というポイントを厳しくチェックする必要があります。

これらをチェックするためには、打感打球音など、インパクトの瞬間の情報をクラブの感覚や耳から集めることが大切です。

ゴルフを始めたばかりの頃には少し難しいかとは思いますが、毎回の練習でこのような感覚を少しずつ身に付けていきましょう。

クリーンなインパクトを厳しく追求する

という姿勢は、アイアンのスイング上達のスピードを著しく早めます。

是非意識したいポイントです。

 

まとめ

ゴルフ初心者が身につけるべきスイングの5つのポイントは、

  1. きちんとした正しいアドレスを取る。
  2. オーバースイングにならないようにする。
  3. スクウェア・グリップで握る。
  4. 常にクラブが身体の正面にあるようにキープする。
  5. クリーンなインパクトを厳しく追求する。

というものでした。

これらのうち、1.と3.は、スイングの動作中に意識するものではないため、意識次第で簡単に達成することが出来ます。

まずは、

スクウェア・グリップで握り、正しいアドレスを取るということを徹底

してみましょう。

それができたら、オーバースイングにならないコンパクトなトップを意識します。

次に、常にクラブを身体の正面にキープするという意識を持てるようにします。

クリーンなインパクトは、ゴルファーであり続ける限り意識すべき、永遠のテーマといえます。

 

スイング作りでは、

色々と難しく複雑に考え過ぎず、1つ1つ基本となるポイントをマスターしていく

という考え方が良いと思います。

焦らず、少しずつでも「美しく結果が出る」スイングを作り上げていきましょう!


【スポンサード・リンク】