我々アマチュアゴルファーの場合、ゴルフ練習場でたくさんすることがスコア向上に繋がりますよね。

ゴルフ練習場で他のゴルファーの練習の様子を見てみると、みなさん色々な方法で練習を行っています。

どんな練習をすればいいか?は難しいテーマなので先送りすることとして(苦笑、

今回は、練習場で練習するにあたって、最低限気をつけておきたいことについてお話したいと思います。

それは、

「真っ直ぐのライン(ターゲットライン)」を明確にする

ということです。


【スポンサード・リンク】




真っ直ぐのライン、意識していますか?

 

練習を始める前に、その打席の「真っ直ぐのライン」を確認することって、とても大事です。

これは、真っ直ぐのラインを明確にせずに練習することのデメリットを考えると分かりやすいです。

その打席の真っ直ぐのラインが曖昧のままだと・・・

  • 打った球が、真っ直ぐ飛んだのか、右に曲がったのか、左に曲がったのかの判定が曖昧になる
  • 出玉(打ち出し方向)が右なのか左なのか、が曖昧になる
  • 着地地点がどれくらい真っ直ぐのラインから離れたか、ミスの幅が測定出来ない

というデメリットがあります。

逆に、真っ直ぐのラインを確認して明確に意識すれば、

  • 真っ直ぐ飛んだ、右に曲がった、左に曲がったの判定がきちんとできる
  • 出玉の方向がきちんと分かる
  • ミスの幅が分かる

ということになります。

真っ直ぐのラインが曖昧だと、

  • 真っ直ぐ打てた!と思っていても、実は曲がっている・・・
  • 曲がった!と思っていても、実は真っ直ぐ・・・

という現象が起きます。これは、スイング上達を妨げます。

このように、どうせ練習するなら、練習を始める前に「真っ直ぐのライン」を確認する一手間を加えた方が、上達のスピードは上がるわけです。

次に、真っ直ぐのラインの確認方法についてお話します。

ボールの後ろに立ち、クラブを垂らす

真っ直ぐのラインを確認する方法は簡単です。

  1. ボールの後ろに立つ
  2. クラブのグリップエンドを持って、クラブを鉛直に垂らす
  3. シャフトと重なる方向が、真っ直ぐのライン

という3ステップを踏めばOKです。

この方法は、練習場に限らず本コースでも当然使えます。

真っ直ぐのラインの目印を具体的に決める

真っ直ぐのラインを上記のステップで確認したら、そのライン(ターゲットライン)の目印を決めます。

これは、結構細かめに決めた方がよいと思います。

例えば、

  • グリーンのピンフラッグの2ヤード左。
  • バンカーの端から1ヤード右。
  • 2番目の鉄柱の3ヤード左。

というように、具体的に目印を決めていきます。

近い目印ほど、細かく設定していったほうが良いです。短いクラブほど、精度を追求できるからです。


【スポンサード・リンク】




各ショットの評価を「真っ直ぐのライン」を基準に行う

真っ直ぐのラインの確認と、目印の決定を行ったら、実際に球を打って練習していくわけですが

その際には

  • 真っ直ぐのラインからどれだけ着地地点が離れたか?
  • 出玉(ボールの打ち出し方向)は真っ直ぐのラインに対してどうか?

という2点を各ショットで確認していくと良いです。

各クラブの自分のミスの幅を把握していくことは、上達とスコアメイクに役立ちます。

例えば、7番アイアンでは少なくともグリーンの幅には抑えたい!と思って練習する場合、真っ直ぐのラインからどれだけ着地地点が離れたか?を毎ショットで確認していくことで、上達していきます。

真っ直ぐのラインが曖昧だと、各ショットのミスの幅を「なんとなく」でしか把握出来ないため、ミスの幅が測定出来ず、フィードバックも得られません。

 

また、各クラブの自分のミスの幅を測定することは、実際のラウンドでのコースマネジメントで有用です。

例えば、

「7番アイアンだと、グリーンの幅に収まらないミスが結構出る」

と分かっていれば、右に池がある場合などは「ピンを狙わずに左に逃げる」という選択もできるようになります。

 

出玉の方向の確認も真っ直ぐのラインがわかっていないと出来ません。

例えば私は今、ドローボール(というかフックボール)の習得のための練習に取り組んでいますが、フックを打つための大前提は、球を右に打ち出すことです。

想定した真っ直ぐのラインからきちんと右に打ち出せているか?

という点を毎ショットで確認していかなければ、フックボールの習得は出来ません。

出玉の方向の確認は、スイング軌道の把握のために必須です。

左に出るのであれば、アウトサイドイン軌道である可能性が高いですし、逆に右に出るのであれば、インサイドアウト軌道になっている可能性が高い、と判断できるからです。

 

まとめ

  • 練習場では、練習を開始する前に「真っ直ぐのライン」を明確に把握する
  • 各ショットのミスの幅を測定して、フィードバックを得る
  • 出玉の方向を確認する

【スポンサード・リンク】