今回の記事では、かなりニッチな話題を取り上げたいと思います。

それは、

スコア向上のためには、どんなティーを使うべきか?

という話題です。ティーとは、ティーショットでボールを乗っけるアレです。

ティーなんて、どれを使っても同じだろ!

という意見もあるかと思いますが、私はそうは考えません。

 

そこで、この記事では

ゴルフ初心者が、ゴルフ上達のために使うティーの種類とは?

についてお話したいと思います。


【スポンサード・リンク】




ゴルフ上達を考えると、「ウッドティ一択」となる理由

小見出しが既に結論になってしまっていますが、ゴルフの上達・スイング上達を考えると

ティーペグはウッドティーを使うべき

と考えます。

ゴルフショップに行くと、ティーペグのコーナーに色々な種類のティーが並んでいます。

例えば、

  • プラスチック製でビヨ~ンとなるモノ(飛ばないタイプ)
  • ブラシタイプのモノ
  • バトミントンの羽のようなタイプ

・・・などなど、各社工夫を凝らして、色々なタイプのティーを販売していますよね。

しかし、ゴルフ上達を考えると、このような余計な機能のついたティーではなく、オーソドックスで一番安価な木製のティーペグを使うべきです。

以下、その理由についてお話していきます。

プロゴルファーは皆、ウッドティーを使っている

プロゴルフの試合中継を見ていると、

ほぼすべてのプロがウッドティーを使っている

ことに気が付くと思います。

ではなぜ、プロはウッドティーを好んで使うのでしょうか?

そこに、ウッドティーのメリットがあります。

ウッドティーのメリット1. ティーの高さの微調整が出来る

ウッドティー以外のティー、例えば、プラスチック製で飛ばないタイプのティーですと、

ティの高さが予め決まっていて、高さの微調整が出来ない

ことがほとんどです。

ドライバーショットのティーショットでは、ティーの高さの微調整が必要となるケースが多いです。

例えば、

  • アゲインストが強く低い球を打ちたいから、ティーを低くする
  • フォローウィンドが強いから、ティーを高くして高い球を打ちたい
  • 曲がり幅を小さくしたいから、ティーを低くする

などという場合です。

ティの高さが微調整できないティーペグを使っている場合、このようなことが一切出来なくなります。

ウッドティーでは、自由自在にティーの高さを微調整出来るため、有利となります。


【スポンサード・リンク】




ウッドティーのメリット2. ティーの飛び方で、スイングの良し悪しが分かる

ティーショットを打った際のティーペグの飛び方で、スイングの良し悪しが分かります。

理想的なティーペグの飛び方は、

  • 真上か、後方に綺麗に飛ぶ
  • 一切飛ばない(そのまま)

と言われています。

プロの試合を見ていると、ドライバーショットを打った後に、ティーが一切飛んでおらず、ティーをかっこ良くサッと抜く場面に遭遇します。

また、松山英樹プロなどは、ティーが綺麗に真上に飛んでいくことが多いようです。

逆に、われわれアマチュアゴルファーのティーショットでは、ティーがめちゃくちゃ前に飛んだり、あらぬ方向に飛んで行くことが多いです。バキッと折れているケースも多いですよね。

あれ?ティーどこに行った?

と言って、探すのに一苦労、という経験は誰しもあるはずです。

このようなティーペグの飛び方は、「スイングが悪いから」と言われています。

逆に、スイングの調子がよいときには、ティーがそのまま刺さっていたり、真上に飛んだためにすぐに探し出せることがお多いです。

このように、

ティーの飛び方は、スイングの良し悪しを反映している

わけです。

ウッドティー以外の「飛ばないティー」を使っている限り、このようなスイングの良し悪しを判断することは出来ません。

「飛ばないティー」を使うことで、スイング上達の機会を逃している

とも言えます。

ウッドティーのメリット3. 一番安い!

ティーは消耗品です。ゴルフグッズのなかでも安い部類ですが、極力費用をかけたくないという場合にも、ウッドティーがベストです。

なぜなら、ウッドティーが一番安いから

です。

価格の安さも、ウッドティーのメリットの1つです。

 

まとめ

以上、ゴルフ上達のためのティーペグの選び方についてでした。

最後に、この記事の内容をまとめてみます。

  • ウッドティーがベスト
  • プロは皆、ウッドティーを使っている
  • ウッドティーはティーの高さの微調整が出来る
  • ウッドティーの飛び方でスイングの良し悪しが分かる

という風になります。

ゴルフ上達のためには、ウッドティーを使う

是非、抑えておきたいポイントです。


【スポンサード・リンク】