アマチュアゴルファーの多くは、スイングが手打ちになっていると言われています。

実際、上級者やゴルフの先輩方から

「手打ちになってるね~。まずは手打ちを直さないとダメだよ。」

的なことを言われることって、結構多いのでは?と思います。

確かに、手打ちのスイングのデメリットは大きいですから、スコアへの悪影響もかなり大きめです。

 

でも、こういうアドバイスを受けたときに思うのは、

  • 「手打ち」とはそもそもどんなスイングなの?
    定義・意味
  • なんで手打ちになってしまうの?
    原因・理由
  • 手打ちの具体的な直し方教えて欲しいんですけど・・・
    改善・修正方法

ってことだと思いますので、この記事でまとめてみました。

 

お読みになれば、

「手打ちなのは分かったから、具体的にどこがどう悪いのか?どうやって直せばいいのか?教えてくれ。

そこまで教えてくれないなら余計な口を挟むな!」

という疑問・怒りを解消する記事になるかもしれません。


【Sponsored Link】



「手打ち」とはそもそも何!?

「手打ち」と聞いても、正直、漠然としたイメージしか湧きませんよね。

でも、手打ちのイメージが湧かないのは、ある意味仕方有りません。

なぜなら、「手打ちとは何なのか?」という手打ちの定義・意味はハッキリと決まっているわけではなく、

プロ・上級者の間でもその定義については微妙に(だいぶ?)違うのが実際のところだからです。

※ アウトサイドイン軌道(カット軌道)のように、端から見ても客観的に分かりやすいスイングについては、定義はハッキリとしています。言っている人によって意味が違う、ということもありません。

とはいえ、手打ちとは何か?について整理しておかないと話が進みませんので、

まず、問題となる「手打ち」とはどのようなスイングのことなのか?を整理しておきます。

切り返しが手先から始まるスイング =「手打ち」

手打ちに見えるスイングであっても、結果に悪影響を及ぼす「悪い手打ち」と、そこまで結果に影響しない「(良い)手打ち」があると考えます。

例えば、

テイクバックでヒョイッとクラブを上げているので「手打ち」に見えるけど、トップで肩は十分に回っていて、切り返しも下半身から始動している

という場合には、一見すると手打ちに見えても、実際のショットの結果にはほとんど悪影響は無い可能性が高いです。

 

逆に問題になるのは、トップからの切り返しで下半身から始動するのではなく、手先から動かしてしまっているスイングです。

つまり、

テイクバック→トップまでの間に小手先を使っても良いが、トップ→ダウンスイングでは手先は使ってはいけない

ということです。

 

ということで、

切り返しが手先から始まっている(ように見える)スイング

手打ちのスイング

と、ココでは定義しておきます(あくまでも持論)。

※ 厳密な話をしますと、切り返しで手先から動いているように見えてもインパクトゾーンで手先が悪さをしていなければ、そのスイングは手打ちではないと考えられます。 ただ、このようなケースは稀だと思います。

手打ちはなぜ悪い?その弊害・デメリット

切り返しが手先から始まると、

  • スイングプレーンがブレて、芯に当たりにくくなる。
  • ブレが大きければダフりやトップに繋がる。
  • (過度な)アウトサイドイン軌道(カット打ち)になり、スライスやひっかけの一因となる。
  • ヘッドスピードが出ず、飛距離が出にくい。
  • (インサイドアウト軌道だと)フックが出やすくなる。

といった悪影響が出てきます。だから手打ちは悪者にされやすいんですね。

逆に言うと、これだけ弊害の多い手打ちを改善できれば、ミスショットが激減してスコアも改善される可能性があるということです

手打ちスイングの原因は何?

「手打ち」の原因にはいくつか考えられます。例えば、

  • 筋力に比べて、クラブが軽すぎる。
  • グリップを強く握りすぎている。
  • スイング中にクラブが体から外れすぎている。
  • 手先でショットの結果を調整しようとしている。
  • そもそも、「手先で調整できる」という考え自体。
  • 「ボールを打とう」という意識が強すぎる。

などです。他にも、ネットや本で手打ちの原因をリサーチするとたくさんの理由が挙げられているはずです。

ただ、上記の原因(一例)の中に心当たりがある場合には、そこから優先して直していくとショットの結果は良くなると思います

では、順番に見ていきましょう。

軽いクラブではどうしても手打ちになりやすい

まず、クラブ重量が軽すぎると、手打ちとなる危険性が高まります。重いクラブに比べて、軽いクラブの方が手先で扱いやすくなるからです。

昔からよく言われることですが、「自分の体力・筋力で振れる範囲で最も重いクラブを使う」というアドバイスは、「手打ちを防ぐ」という意味合いが強いです。

軽すぎるクラブを「体を使ってボディーターンで振れ」とか言われても、限界があります。

まずは、ご自分の体力・筋力に照らしてクラブ重量が軽すぎないか?確認してみてください。

身近にいるゴルフ上級者に見てもらってもよいですし、ゴルフショップの店員さんに目安を聞いても教えてくれるはずです。

「軽すぎますねー」と言われた場合には、クラブを思い切って変えた方が良いと思います

軽すぎるクラブで手打ちを直そうと思ってもかなり厳しいですし、手打ちが直ったと思ってもまた元に戻ってしまうリスクがあるからです。

グリップを強く握りすぎている

クラブを強く握りすぎると色々な弊害がスイングに出てきますが、手打ちはその中の1つです。

グリッププレッシャーが強いということは、それだけ手元に意識が行ってしまっている証拠です。

詳しくはもう少し後でお話しますが、ゴルフではスイング中に手先(手元)を意識的に動かすことは基本的にありません。

力は入れずに緩くグリップを握り、「体の動き・腕(アーム)の動きにつられて手元やクラブが動く」というのが正しいです

手元やクラブは意識せずとも「勝手に」動いてくれる、そんなイメージです(でんでん太鼓やムチのように)。

そして、手先を使わないための第一歩は、グリップを弱く握るということだと思います。

 

そして、どれくらいの強さで握るか?ですが、知り合いのレッスンプロから聞いた例えがとても分かりやすかったです。

それは、

小鳥を握っていると思って。小鳥を殺したらダメ。

というモノ。

本当にユルユルに握ります。スイング中はインパクトにかけて自然と力が入りますから、スッポ抜ける心配は全く要りません。

クラブが体の正面から外れすぎている

よくレッスン本などで言われることに、

クラブが常に体の正面にあるようにスイングしましょう

という教えがあります。

このアドバイスには実は賛否両論あるのですが、手打ち防止の意味ではかなり有効だと思います。

ボールを真っ直ぐターゲットに運ぶためには、スイング中、クラブが体の正面から外れすぎないことが大切になります。

で、テイクバックの途中やトップの位置で、体とクラブの位置関係(距離)がズレ過ぎると、切り返し以降にそれを戻そうという動作が無意識に入ってしまいます。

ズレた位置関係を戻してクラブを体の正面に持ってこないと球が真っ直ぐ飛ばないことを、無意識に理解しているからです。

そして、この「位置関係を戻す」動作として手先の動きが現れてしまい、手打ちスイングになってしまうのです。

 

例えば、

  • テイクバックで手元を先行させて動かしている。
  • トップが大きすぎる(高すぎる)。
  • トップでクラブが飛球線とクロスしている。

というスイングだと、切り返しに入る前にクラブと体正面の位置関係がズレてしまいますが、それを調整するために手先の動きがダウンスイングで入ってしまい、手打ちになってしまいがちです。

手先の動きでショットの結果を調整しようとしている

また、「手をこう動かせばナイスショットが出る」という風に、インパクト付近での手元の動きを意識すると、手打ちスイングになってしまいます。

手先の動かし方によってショットの良し悪しが変わるのは確かに事実なのですが、その動きは意識的に行うものではなくて、ほぼ無意識・自動的なものです。

きちんとボールを捌ける・フェースの開閉をスムーズに行えるようになるまでは、手元の動きを意識して練習することは必要なのですが、

一旦その手元の動きをマスターしたあとは、スイング中にあえて意識することはしません

「手先の動きでショットの結果をどうにかしよう」と考えてしまうと、手打ちスイングになってミスショットが増えてしまいます。

スライス・フック(ドロー・フェード)、高い球・低い球、距離感などの球筋の調整は、手先ではなく他の部分を意識して行います(スイング軌道・振り幅・腰の切り方・クラブを下ろすタイミングなど)。

インパクトに集中しすぎている

また、「ボールをしっかりと打とう!」と意識しすぎることも手打ちの原因となります。

インパクトに意識を集中しすぎると真っ先に手元が動いてしまう、ということです。

これは、人間にとって一番器用に動かせる部分は「手」なので、意識して何かをコントロールしようと思うときには自然と手先を使おうとするからだと思います。

スイング軌道の過程の1点にボールがある」くらいの意識の方が、結果は良くなります。

手打ちの直し方と練習方法

以上のような手打ちの原因を踏まえて、次に、手打ちスイングの直し方と練習法を見ていきましょう。

手打ちを改善・解消する方法としては、大きく分けて2種類あります。

  • スイングする前から変えられるもの
  • 反復練習しないと変えられないもの

の2つです。

まずは、反復練習なしでもすぐに変えられるポイントからです。

ユルユルグリップ・手先やインパクト以外に意識を向ける

グリッププレッシャーが強すぎると手打ちに繋がりますので、小鳥をやさしく包み込むような強さでグリップします。

握る強さはすぐに変えられますので、練習はほぼ要らないはずです。

 

また、「手先の動きで調整しよう」という意識や、「ボールをしっかり打たなければ」という意識も捨てます

スイング中は腕や手元の細かい動きは全く意識せず、体の他の部分の使い方に完全に意識を向けます。

腕や手元を全く意識せずにスイングするのは、最初のうちは結構怖いと思います。

「ちゃんとボールに当たるだろうか…」「まともに当たらない気がする…」のような恐怖感です。

でも、やってみると分かると思いますが、腕・手元を全く意識しなくてもショットの結果はほとんど変わりません。

手元は、無意識でも「これまで通りの」動きをしてくれるからです。

 

以上のような「グリップの強さ」「スイング中に意識する対象」は、スイング作りの前段階の部分ですから、反復練習なしでも短期間で改善できるはずです。

まずは、ココから変えてみると手打ちが改善されるかもしれません

次からは、反復練習が必要となるスイングの改善点についてです。

両脇を軽く締めて、体の正面からクラブを外さない

手打ちの原因の1つに、

手元(クラブ)が体の正面から外れすぎる

というものがありました。

いったん正面から外れたクラブの位置は、インパクトまでの元に戻さないと真っ直ぐ飛びません。

ズレた位置関係を戻すために手先を使ってしまうため、手打ちスイングになってしまうのでした。

 

これを防ぐためには、スイング中にクラブを体の正面から極力外さないことが大切となります。

そのためには、スイング中は両脇を軽く締めたままキープする意識を持つと良いです。

ギュッと腋を締めると窮屈なスイングになりますから、窮屈になりすぎないように適度に腋を締めます。

そうすることで、手元が体の正面から外れにくくなります。

トップは低く、でも肩はしっかりと回す

トップで手元の位置が高すぎる(大きすぎる)ということは、それだけ体の正面からクラブが外れているということです。

両脇を軽く締めたままテイクバックしていきますと、クラブが腰の高さくらいの位置に来たあたりで、どうしてもクラブは体の正面から外れてしまいます。

体の構造上、これは仕方のないことです。

でも問題は、その外れ方の程度です

大きすぎるトップ・高すぎるトップ・飛球線とクロスしたトップだと、外れ方が大きくなって、
切り替えし以降、手元を動かして調整したくなってしまいます。

 

これを防ぐためには、トップは出来るだけコンパクトにすることが大切です。

トップがコンパクトで手元の位置も低ければ、クラブが体の正面から外れる度合も小さくなりますから、

ダウンスイングで手元を動かさなくても、クラブを少し下ろすだけでまた体の正面に戻ってきてくれます。

トップでの手元の位置の目安としては、よく言われる「手元の位置は耳の高さ」くらいでちょうど良いと思います。

 

ただ、トップの位置を変えると違和感が大きくなりますから、コンパクトなトップに違和感が無くなるまで反復練習が必要となります。

私の場合、トップが大きすぎてかなりのオーバースイングとなっていましたが、テイクバックの意識を変えて練習を繰り返すことで、トップがかなりコンパクトになってきました。

 

また、私のようにトップが大きいスイングの方ですと、「トップはこの高さで止めないとダメ」と思っても、なかなかその高さで止まってくれないことが多いと思います。

私の場合に有効だったのは、「手元がこの高さに来たら止める」という意識ではなく、

  • テイクバックでは手元の動きを極力抑える(クラブは体の正面をキープ)。
  • 肩が十分に回った時点で手元も止める。

という点を意識することでした。

手元の位置を気にするのではなく、「肩が十分に入ったらソコがトップ」と考えることで、自然とコンパクトなトップになりました。

トップがどうしても高くなってしまう、という場合は試してみて下さい。

トップで止めて、切り返しは下半身から始動する

この記事の冒頭で、「悪い手打ち」とは切り返しが手先から始まるスイングのこと、と整理しました。

これを防ぐためには、切り返しで手先を動かさないようにすればOKなのですが、そのために有効なのが

トップで一瞬止める意識を持つ

ということです。

 

松山英樹プロや藤田寛之プロのスイングを見ると、トップで一瞬止まっているように見えますよね。

ああいうイメージでトップで少しの間止めてみます。

その後、切り返しでは手先や上半身ではなく下半身から始動する意識を持ちます。

その際、手元や腕などの末端部分には意識を向けずに力を抜いておくことがポイントです。

こうすることで、切り返しで手先から動くことがなくなるはずです。

トップで止めると、トップが高く(大きく)なりすぎないというメリットもあります。

練習してみるとかなりの違和感があると思いますが、手打ち解消・改善のためにはかなり有効な方法であるはずです。

フィニッシュまで振り切る意識を強く持つ

手打ちスイングの原因には、「手先でインパクトをどうにかしよう」という意識の存在がありました。

この意識がありますと、インパクトで緩んだり、逆にインパクトで力んだりしてしまいます。

すると、曲がるミスが頻発しますし、飛距離も出にくくなってしまいます。

 

これを防ぐためには、

トップから切り返し→ダウンスイング→フィニッシュまで一気に振り切る意識

を強く持つことが有効だと考えます。

ゴルフスイングの中で、テイクバックからトップまではゆっくりとした動きですが、

切り返しからフィニッシュまでは素早い動きで所要時間も一瞬です。

そもそも、この素早い一瞬の動作の中で手先の動かし方を意識してインパクトを調整しようなどと思っても、出来ません。

インパクトでのフェースの向きを気にしたり、球を上げようとしたりしても、手先では調整出来ないわけです。

無理に調整しようとして手先を使ってしまうと、インパクトにかけて緩んだり力んだりして、クラブヘッドが減速してしまいます。

 

クラブヘッドが加速しながらインパクトを迎える」というのが、飛距離が出て球が曲がらない正しいイメージです。

そのためには、グリップをユルユルに持ち、切り返しからフィニッシュまで一気にビュンッと振り切るイメージを強く持つことが大切になります。

よく、「クラブを上げたら下ろすだけ」という格言めいたアドバイスを耳にしますが、アレは多分こういうことなんだと思います。

 

また、ゴルフ初心者の方の多くは、スイングでフィニッシュをきちんと取れていません。

ミスショットの割合が多いので、フィニッシュの形も崩れてしまうからです。

練習場では、ショットの結果に関わらず、フィニッシュをきちんと取って格好良く立つようにします。

そうすることで、トップからフィニッシュまで一気に振り抜くスイングが身につくからです。

例えば、ショットの結果がチョロや大ダフリでも、フィニッシュはめちゃくちゃ格好良く決めます。

端から見たら「え??」という感じかもしれませんが、気にしてはいけません。

トップからビュンッと振って格好良いフィニッシュで終わる」というスイングをくり返していけば、だんだんとショットの結果も格好良いフィニッシュに見合ったものに改善されていくはずです

 

以上、手打ちを解消する練習法と意識の持ち方でした。

・・・と、ここまで手打ちスイングを絶対悪のように扱ってきましたが、実はそうではないケースも多いです。

最後に、この点について触れておきたいと思います。

手打ちがすすめられるケースとは?

アマチュアゴルファーの場合、手打ちにした方がメリットが大きい場合も結構あります。

それは、スライスに悩んでいる場合です。

スライスの原因は、アウトサイドイン軌道とインパクトでオープンフェースですが、

インパクトでフェースが開くのは、「フェースを開いて閉じる」という手元の動かし方をマスターしていないことが原因です。

 

かく言う私も長年スライスに悩まされてきましたが、この手先の動かし方をマスターして以降、スライスは出なくなりましたし飛距離も格段に向上しました。

スライサーに多い考え方はこうです↓

  • クラブと体に一体感を出して、ボディーターンでスイングしなくてはダメだ。
  • フェースの向きは変えちゃだめ。スイング中はずっとキープする。
  • そうすれば真っ直ぐ強い球が出る(とレッスン本に書いてある)。

上で、手打ち防止のためには体の正面にクラブをキープすることが大切と言いましたが、

これは手先・腕の動作でフェースの開閉がきちんと出来ることが前提となっています。

手打ちを防止しようと考えたり、ボディーターンを意識し始めるのは、この「ボールをさばく」手元の動きを無意識に出来るようになってからにした方が、スイングの上達は格段に早いと思います。

私はこの順番を間違えて、かなりの遠回りをしてしまいました(7,8年間?)。

 

スライスに悩まれているのであれば、「手打ちスイングになってるよ」と指摘を受けた場合であっても、まずは

フェースの開閉をきちんと行う手元の動かし方(ボールのさばき方)

をマスターすることを優先してください。

そのための方法・練習法については、こちらでお話しています。

【Sponsored Link】



まとめ

少し長くなりましたが、手打ちの原因と改善方法はこんな感じで大きく間違っていないと思います。

個人的には、手打ちにならないために最も重要なポイント

  • グリップをゆるゆるに握ること
  • 手先や腕などの末端部分の力を抜くこと(脱力)

の2点だと考えています。

手打ちをするためには手先にある程度の力を込めないと出来ませんが、手や腕が脱力状態であれば動かせず、手打ちになりにくいからです。

昔、レッスンプロやゴルフ場の研修生の方々に、

「力みすぎ。力抜いて。」

とよく指摘を受けましたが、最近、その意味と重要性がやっと分かってきた気がします。

まずは、グリッププレッシャーを弱くすること、腕と手の力感を弱めることを優先して取り組んでみて下さい。

【Sponsored Link】