ゴルフ初心者の時って、初ラウンドに向けて結構不安なものです。

その不安の1つが、「服装のマナー」だと思います。

服装については、事前に準備しておけば当日は問題なく気分よくプレイ出来ますから、

初ラウンドの前に、正しいゴルフの服装マナーについて理解して、準備をしておきたいものです。

そこで、この記事ではゴルフの服装マナーについてお話していきたいと思います。

※上記画像はイメージです。ゴルフ場に犬を連れて行ってはいけません。


【スポンサード・リンク】




ゴルフ場に入るときの服装のマナー

ゴルフプレイ中の服装についてはしっかりしているのに、

朝、ゴルフ場のクラブハウスに入る際の服装がマナー違反

というゴルファーって結構多いものです。

クラブハウスに入る際の服装にもマナーがあります。

まずは、ゴルフ場に入る際の服装マナーについて抑えておきましょう。

ジャケットを着ておくのが無難

ゴルフ場のクラブハウスに入る際には、ジャケットをはおっておくのが無難です。

名門コースや高級コースでは、ジャケット着用が義務付けられていることもあります。

そうでもないコースではジャケット着用している人が少ないこともありますが、

それでもジャケットをはおっておく方が無難です。

ジャケットを着るのは、ゴルフコースや他のプレーヤーに対する敬意とみなされ、あなたに対する評価は上がるはずです。

きちんとした人だなぁ

と思わせる事ができるわけです。

ジャケットなら、基本的にはなんでもOK。

特に、若い人であればジャケットをきちんと着用してゴルフクラブハウスに入るだけで、

この若者はきちんとしたゴルファーだな

と思わせることができますので、オススメです。

上は襟付きシャツ、下はチノパンかスラックスで

クラブハウスに入る際には、襟付きシャツを着て、ズボンはチノパンかスラックスを履いておけばOKです。

シャツの裾は、きちんとズボンの中にしまって、ベルトもしておきましょう。

基本的には、ゴルフのプレイ中の格好で問題はありません。

ただ、クラブハウス内では帽子を取るようにするのがマナーです。

靴はスニーカーなどではなく革靴がベスト

にも注意が必要です。

サンダル等はNGなのはもちろん、スニーカーも避けるべきです。

カジュアルなものでもよいので、革靴を履いておくのが安全です。

ゴルフ専用のボストンバッグは必要?

ゴルフ専用のボストンバッグというものがあります。

ゴルフ場に何回か行ったことが有る方なら、ほとんどのゴルファーがゴルフ専用のボストンバッグを持ってゴルフ場に入っていくことに気づくはずです。

専用のボストンバッグがあるにこしたことはありませんが、普通のバッグでも大丈夫です。

ただ、リュックサックやあまりにカジュアルなバッグはやめておきましょう。


【スポンサード・リンク】




プレー中の服装マナー

次に、ゴルフプレー中の服装のマナーについて整理していきます。

基本は、襟付きのポロシャツ。

最近では、襟付きではないゴルフウェアも登場したりしていますが、やはり、

襟付きのポロシャツが無難

です。余程のこだわりが無い限り、襟付きのポロシャツを着用しましょう。

その際には、きちんとポロシャツの裾をズボンの中に入れるようにしましょう。

また、プレー中に裾がズボンからはみ出てしまっているのは、結構格好悪いもの。

プレー中も、常にポロシャツの裾がズボンに収まっているように気をつけましょう。

ちなみに、ゴルフウェアとして売られているものではなくても、ユニクロなどで売られているポロシャツで全然問題ありません。

ズボンは、長ズボンのチノパンかスラックス

最近では、半ズボンでのゴルフプレーが多くなってきていますが、

ゴルフ初心者の間は、長ズボンでのプレーが無難です。

半ズボンでプレーする場合には、

靴下はハイソックスを履き、けっしてスネを見せてはならない

という謎ルール(マナー)がゴルフに存在するからです。

特に半ズボンに強烈なこだわりがないかぎり、長ズボンのチノパンやスラックスを履いておきましょう。

その際には、ベルトもきちんとしておきます。

デニム素材のジーンズ、デニム素材に見えるものは厳禁

です。

また、チノパン・スラックスはゴルフウェアとして売られているものではなくても、ユニクロや量販店で売られているチノパン等でOKです。

ゴルフシューズをきちんと履こう

ゴルフ初心者の場合、もしかしたら

とりあえず初ラウンドはスニーカーでいいや

と思っているかもしれません。

しかし、ほとんどのコースで、プレー中はゴルフシューズの着用が義務付けられています。

ゴルフのプレーでは、色々な斜面や傾斜地に行くことが多く、スパイクがついていないスニーカーなどでは危険なためです。

ゴルフシューズは安くて3,000円~4,000円で購入できますから、

初ラウンドまでに準備しておきましょう。

ゴルフシューズはキャディバッグではなくボストンバッグに入れておく

出かける前の準備では、ゴルフシューズはキャディバッグの中ではなくボストンバッグの中に入れておきましょう。

朝、ゴルフ場についたら、キャディバッグはゴルフ場の係の方がカートの方へと運んでいってしまうからです。

ロッカー(更衣室)でゴルフシューズに履き替えるためには、ゴルフシューズはキャディバッグではなくボストンバッグに入れておかないと、カートの付近で靴を履き替えるはめになります。

帽子はかぶっておくのが無難

帽子(キャップ)はかぶっておくのが無難です。

ほとんどのゴルファーは、ラウンド中に帽子をかぶっています。

日差しを避けたり、雨が降ってきた際に視界を確保したり、帽子があった方が便利だからです。

マナーとして定着していると考えたほうが良いと思われます。

首にタオルはNG

夏場の猛暑のラウンドでたまに見かけますが、

首にタオルを巻いたままのプレーはNG

です。

理由は、みっともないから。紳士のスポーツの格好として相応しくないから。

というものです。

 

以上、

ゴルフ初心者が気を付けるべき服装のマナー

でした。

 

他にも、服装に関して

コレってOKなのかな?ダメなのかな?

と判断に迷うケースがあるかもしれません。

その際には、

みっともなくないか?紳士はそれを着るか?

という観点から判断すると、わかりやすいです。

イメージ的には、会社の社長とラウンドする際に、その服装で行くか?

と考えると、すぐに答えが出るはずです。

 

服装のマナーは、ゴルフ初心者に限りません。

ゴルファーとして常々服装には気をつけたいものですね(自戒)。


【スポンサード・リンク】