アマチュアゴルファーであれば、毎回のラウンドで1回はお世話になるもの、それが

前進ティー

です。

前進ティーとは、OBのあるホールや池超えのティーショットがあるホールに設置されている特設ティーのことで、

OBの場合は前進4打、池の場合には前進3打として打つことが出来ます。

我々アマチュアゴルファーは、OBも出しますし池ポチャもしますから、このような前進ティーには「お世話になっている」わけですね。

さて、アマチュアゴルファーの強い味方である前進ティーですが、以前ラウンドしている最中にちょっとした議論になりました。

それは、

前進ティーって、ティーアップしてもいいの?しちゃダメなの?

という点。

そこで、この記事では、

前進ティーでゴルフボールをティーアップしても良いのか?ダメなのか?

検討して整理していみたいと思います。


【スポンサード・リンク】




前進ティーは、正式なルールではなくゴルフ場のローカルルールに過ぎない

結構知られていないことですが、前進ティーから4打目(3打目)を打つことは、

ゴルフの正式ルールには定められていません。

あくまでも、各ゴルフ場の定めたローカルルールに過ぎません。
(ちなみに、前進ティーのローカルルールの趣旨は、スロープレー防止です。)

そのため、ティーアップしてもいいのか?ティーアップしてはいけないのか?については、ゴルフのルールブックには記載されていません。

ですから、「前進ティーでティーアップしてもいいの?ダメなの?」という議論が発生するわけですね。ルールに定められていれば、このような議論は生じません。

ルールブックに記載されていない以上、前進ティーでティーアップ出来るかどうかの結論は、「意見」に過ぎないことになります。

なので、これからお話することも、あくまでも「私の意見」としてご覧ください(ただ、合理的な根拠はあります)。

前進ティーではティーアップすべきではない

いきなり、結論ですが、ゴルフルールの趣旨や前進ティーの仮定を考えると、

前進ティーではティーアップすべきではない

という結論になります。

以下、その理由根拠についてお話していきます。

OBの前進ティーはなぜ4打目か?

OBの場合の前進ティーがなぜ4打目なのか?を考えると、前進ティーではティーアップしてはならない理由が浮かび上がってきます。

OBの場合の前進ティーは、

ティーショットがOBで、打ち直しの3打目がナイスショットで、前進ティーのところまで飛んでくれた

という仮定・前提があるから、前進ティーでは4打目からスタートできるわけです。

このような前進ティーの仮定・前提を考えれば、想像上の打ち直しの3打目が「打たれた」時点で、そのボールはインプレーになります。

従って、当然、(想像上の)4打目のボールは「インプレー」の状態にあります。

ボールが「インプレー」の状態とは?

上で、「インプレー」という単語が出てきました。インプレーという用語の定義については、正式なゴルフの規則に規定されていますので、引用してみます↓

インプレーの球(Ball in Play)
球はプレーヤーがティーインググラウンドでストロークを行った時にすぐに「インプレー」の球となり、その球はホールに入れられるまでインプレーの状態を続ける。

分かりやすく言えば、ティーショットを打ってから、グリーンにオンしてマークして拾い上げるまでのボールは、「インプレー」の状態となります。

インプレーの状態にあるボールには、触れることが出来ず、触れた場合には1打罰が課されます。

インプレーのボールは触れてはならない、だから前進ティーではティーアップ出来ない

このように、前進ティーの4打目のボールが「インプレー」であることが理解できれば、

前進ティーではティーアップ出来ない

という理由がお分かり頂けると思います。

想像上の3打目の打ち直しが上手く飛び、前進ティーのあるところ(多くの場合フェアウェイ)まで行ってくれたボールが、前進ティーの4打目のボールです。

このように考えれば、その想像上の4打目のボールは「インプレー」といえます(実際にそこにはボールはまだありませんが)。

「インプレー」の状態にあるボールは、触れる事はできません(触れたら1打罰)。

従って、前進ティーではティーアップするのではなく、ドロップすべきだという結論になります。

 

以上が、OBの前進ティーではティーアップ出来ないという私の「意見」の根拠です。

さて、「前進ティーでティーアップ出来る派」の意見の根拠としては、

前進「ティー」なんだから、ティーアップしてもいいだろ!

というものがあります。

しかし、上記の論理を考えれば、あまり合理的とは言えないことがお分かり頂けると思います。


【スポンサード・リンク】




池の前進ティー(前進3打)の場合は?

があるホールに設置された前進ティー(前進3打)の場合は、もっと話が簡単です。

ボールが池に入った場合の対処法は、簡単に言うと2種類です。

  • ボールが池の境界線を最後にまたいだ地点とホールを結んだ後方ライン上にドロップ
  • ボールが池の境界線を最後にまたいだ地点から、2クラブレングス以内にドロップ(ラテラルウォーターハザードの場合)

の2通りです(厳密にはもっと細かいですが)。

両者の対処法に共通するのは、「ドロップ」するということ。

池の場合の前進3打は、このいずれかの対処法を「行ったと仮定」した上で、3打目を打つと考えられます。

そう考えると、池の前進ティーではティーアップすべきではなく、ドロップすべきことが理解できます。

 

以上、

「前進ティーではティーアップ出来るのか?出来ないのか?」問題

の私なりの「意見」でした。

ちなみに、周りの上級者ゴルファーに試しに聞いてみると、皆さん「ドロップするでしょ」と答えます。

上級者であればあるほど、「あるがままにプレー」というゴルフの基本原則を理解して、とるべき対処法が自然と分かっているからだと思います。

とは言っても、楽しくプレーするのが一番!

ここまで、出来るだけ論理的に理詰めでお話してきたつもりから、ご納得頂けたかもしれません。

ですが、前進ティーでティーアップしている同伴プレーヤーを見て、

「前進ティーではティーアップしちゃダメなんだよ!なぜなら・・・」

とまくし立てるべきではありません。

せっかくのゴルフが、楽しくなくなっちゃいますから。

 

前進ティーは、所詮ローカルルールです。明確なルールの規定があるわけではありません。

結局のところ、

ティーアップするかしないかは、個人の自由

だと思います(ローカルルールに明確に規定されていたり、コンペの規則に書かれていたら話は別)。

ただ、前進ティーでティーアップしない人の方が、ゴルフの上達は早いことは想像できるかと思います。

もし、プレー中ではなくてプレイ後などに

前進ティーってティーアップしてもいいんだっけ?ダメなんだっけ?

というゴルフ談義になったら、これ見よがしにこの記事の論理を振りかざしてみましょう(笑


【スポンサード・リンク】